8/20 夏休みであるような
 本日、昼過ぎまでは成績つけの仕事をしていた。日差しは強く暑い。一度外に水をまいた。
 15時半から家族で出かけた。遊びではなく、お隣のお通夜の受け付けなどをするためである。終わって帰路についたのが19時頃か? 帰りがけにダイソーに寄って、レポート・答案類を貯蔵する、A4で500枚くらい入る箱を4つ買って帰った。このレポート・答案類を大学に持ち帰るのは宅配便になるだろう。
 家についてから部屋で横になり、少し寝入った。明日は告別式であるので、朝から出て行かないといけない。
# by Larghetto7 | 2005-08-20 23:33 | 日記風 | Comments(0)
8/19 FOMA の携帯を買う
 実に長い間、私はPHSを使っていた。なぜPHSかというと、もともとは「パソコン通信」はPHSが適していたからである。ところがNTTは少し前にPHSからの撤退を宣言し、ユーザには FOMA への乗り換えキャンペーンを始めた。
 私に選択肢は2つあった。1つはおとなしく FOMA に乗り換えることである。2つ目は別の会社のPHSに切り替えることである。
 前者を選んだ。「大勢に合わせるのが安全」だったからである。
 ちょうど1年ほど前、札幌で某学会があった。そのとき、持っていたPHSのバッテリーが切れかかっていた。ACアダプタは持ってこなかった。そこで札幌の街でドコモショップを探し、充電させてもらおうと思ったけれど、ドコモショップでは充電はさせてもらえなかった。PHSの機械がなかった。電気店(ないしコンビニ)では携帯の充電用の製品を売っているけれど、PHS用は見つからなかった。大勢にあわせないと酷い目にあう、少なくとも高くつく、というのが教訓だった。
 今回、同じ FOMA にするのしても、モトローラ製の M1000 という機種にしようと思った。この機種は、PDA と携帯の合体型である。ちょうど、私が使っている Sony の Clie も新製品が出ない状態で、どうしたものかと考えているところだった。M1000 なら Clie と携帯を兼ねることが出来る、と思った。
 しかし本日、ドコモショップに行ってみると、M1000 では i モードが使えない、所謂携帯メールも出来ない、という。
 私は今まで i mode は使っていない。だからそれでもよいのだけれど、ここでも「大勢に合わせる」という判断が働いた。i モードはみんなが使っている。ということはこいつを使うという選択肢を持っていた方が無難だろう、ということである。
 かくして極めて大勢迎合的に、普通の FOMA の携帯を買うこととなった。
# by Larghetto7 | 2005-08-19 21:58 | 日記風 | Comments(0)
8/18 苦行
 答案に点数をつけたとして、点数をつけて終わりという訳ではない。点数をデータベースに入力し、集計する必要がある。データベースに入力するにはまず、答案を学籍番号順に並べ替えないといけない。答案が50枚くらいだと楽であるけれど、並べ替えの手間は答案数の二乗で増える。400枚の答案が2セットあるので、並べ替えるだけでも手間である。学籍番号も桁数が増えて複雑になった。
 答案を並べ替える作業のために答案を床に広げて整理する。しかし私の部屋でやると猫が邪魔しに来る。居間に行くと近々4歳になろうという息子のYが邪魔をする。
 何とか並べ替えて、点数データを1つ1つ入力する。
 やっと終わって素点を集計してみた。入門の授業である。400人いると上位グループは文句のつけようがない点数になっている。上位10名のうちに教養学部生は4名入っている。が、上位2名はすごい点数である。トップは教育学部生、2番目は工学部生である。
 といっても、これから入力した点数の確認をしないといけない。やはり明日までには成績は出せない。既に提出期限を大幅に遅れているけれど、できないものは仕方ないでしょう。
# by Larghetto7 | 2005-08-19 00:02 | 日記風 | Comments(2)
8/17 ほぼ満月
 本日、ずっと家にいて採点を続ける。なかなか進まないので時間当りにどれだけ進むかを計算すると、まだまだ時間がかかって当然と分かる。笑えない。
 ずっと単調に同じことをしていると眠くなる。時折、そのまま横になり、短時間寝入る。またおきて続ける。
 夕方、近くのイトーヨーカ堂に買い物に出た。
 夜、外を見ると月は満月に近い。
# by Larghetto7 | 2005-08-17 20:50 | 日記風 | Comments(2)
8/16 送り盆
 8月16日はお盆の送りにあたり、また郷里に行く。送りといっても提灯を持つ訳でもなく、お墓参りと同じである。卒塔婆を供えるところが違う。
 その前の晩、隣家のおばあさんが亡くなったという連絡があった。今年、我が家は近所の「班長」になっている。16日に近所の人と一緒にそのお宅を訪れる。通夜と葬儀で班内から人を出す必要があり、私とカミさん、それに上の娘で出ることにした。
 昼頃、仙台沖?を震源地とする大きな地震があった。ゆっくりと大きく揺れた。カミさんの実家(福島)の母さんになかなか電話がつながらない。
 昼過ぎ、お盆のために郷里に向かった。駅のホームで電話するとカミさんの母さんにつながった。
 墓参りを終えてから駅前のビルの地下食堂で焼きそばを食べた。焼きそばを食べながら授業関係の書類の整理をした。同じフロアの食品売り場で猫食糧を買ってから帰路についた。
 家に戻ってから思い出したように、死んだ猫のために線香を炊いた。
# by Larghetto7 | 2005-08-17 00:31 | 日記風 | Comments(0)
8/15 会津墓参
 今日は会津に母方の墓参りに行く。朝9時前に家を出て9時5分頃発の電車に乗り、大宮へ。大宮で新幹線指定席などを買う。帰りは指定が取れなかった。10時近く発の Maxやまびこに乗る。1階席なので外の景色は何も見えない。電車の中で採点を続ける。
 郡山には11時少し前に着く。郡山から特急アクセスあいづ1号なる電車に乗り換える。指定券を取る必要はなかったかも知れない。JR会津若松駅に電車は12時ちょうどに到着。
 いつものように、駅前のサティでお墓に持って行く水(2リットルのペットボトル2つ)と線香を買う。花屋で花を買う。タクシーで東山方面の寺まで移動。
 墓はお寺の裏山を上ったところにある。その墓所の少し下に近藤勇の墓(その正体は分からない)があり、昨年は大河ドラマのせいで観光客が多かったとか。
 13時半頃には墓参りも終わる。寺を降りる頃から小雨が降ってきた。
 いつもであれば寺を降りた辺りにある、お秀茶屋という田楽屋に行って田楽を食べるところであるけれど、行ってみると混んでいて入れそうにない。タクシーを拾ってJR駅まで戻る。
 駅で帰りの新幹線指定券を買おうとしたが、やはりないという。
 14時半頃発の電車に乗ってしまう。やはり電車の中で採点を続ける。1時間ちょっとで郡山に戻る。
 郡山で買い物と食事をする。新幹線の自由席に乗る。幸い、座れた。
 大宮駅で降り、宇都宮線の下りに乗り換え、家に急いだ。
# by Larghetto7 | 2005-08-15 19:28 | 日記風 | Comments(7)
8/14 盆2日目
 (すでに15日なったけれど)14日は、母が来た。私の家に仏壇があり、お盆の線香を上げにきたいというので迎えに行った。ついでに電子レンジが欲しいというので近くの石丸電気で、オーブン機能がなくスイッチが簡単な電子レンジを買った。電子レンジも安くなったものだと思う。その足で電子レンジを置く台をニトリに買いに行った。ついでに我が家の、古くなったソファの買い替えの手配もした。
 電子レンジを置く台はパーツが多く、組み立てに苦労した。ネジが多いが、その分堅牢にできている。
 カミさんと一緒に母を送り届けた後、行った先の近くのスーパーで食材などを買って来て、戻ってから少しして夕食をとった。
 成績つけが遅々として進まない。何やら苦行のような、無間地獄のような。
 明日はどうしたものかと、時刻表ではなくインターネットのハイパーダイヤで鉄道のスケジュールを検索した。15日は東日本は気圧が不安定らしく、突発的な雨があるかもしれないという。
# by Larghetto7 | 2005-08-15 02:19 | 日記風 | Comments(0)
8/13 お盆初日
 本日、盆の初日であり、郷里に墓参りに出かけた。駅を降りると木立でしきりに蝉が鳴いていた。蝉は場所によって声が異なるように思う。この蝉の声には懐かしさを覚えた。
 私は墓参りはする方であるけれど、このところあまりしていなかったな、と思う。
 暑かった。午後になると曇り、雨でも降りそうな天気になる。
 猫のコロちゃんは昨日辺りから普通に食べられるようになったと見える。私の部屋に棲む猫の中では、この猫だけが去勢していない。そのせいかどうか、コロちゃんは一番若く、身体も小さいのに、喧嘩になると強いようである。安定したら早く去勢の手術をしないといけない、と思う。
# by Larghetto7 | 2005-08-13 17:28 | 日記風 | Comments(2)
8/12 お盆前
 昨夜は雨が降った。今日、外に出るといくぶん湿った感じがある。このところ確かに蒸し暑いのであるけれど、地面はずっと乾いていた。適度に雨が降ってくれた方がありがたい。
 成績つけは遅々として進まず。
 明日から盆となる。ウチが檀家のお寺は茨城県にあるが、母方の墓が会津にある。昨年は確か、8月13日に、朝おきたときの気分で会津まで墓参りに行った。今年度は会津の方はどうしたものかと思う。
 そういえば昨年はひどく暑い日が続いた。しかし今頃になると気温も下がってきたように思う。

 部屋から退避させていた2代目のPCを部屋に持ち帰り、接続し直した。部屋には1台あるので、この機械はなくてよいのだけれど(普段は)、娘の部屋を何時までも占拠する訳にも行かず、部屋に持ち帰って接続し直した。なぜかインターネットにつながらない。PCは無線を受信しているのに、交信できない状態になっている。無線LANの受信機のドライバを何度か再インストールしたけれどダメだった。
 最終的には解決した。Norton GoBack でHDDを7月21日まで戻してもダメだったけれど、7月20日に戻したらインターネットにつながった。ただ同時に他の点も動かしているので、真の原因は分からない。おかげでいろんなことに手がつかなかった。
 夕方頃から激しい雨になった。実は部屋に置いていた本を、ベランダに出したままにしてあった。ベランダの屋根の内側だったし、シートはかけていたけれど、なにせ雨が強い。調べると下に置いた本が濡れている。急いで部屋の中に退避させ始めた。といっても本を整理して並べる訳だから、なかなか進まなかった。やれやれ。雨のおかげで作業が進んだ。
# by Larghetto7 | 2005-08-12 12:21 | 日記風 | Comments(0)
8/11 椅子
 自宅の私の部屋の椅子に猫が座る。そこでその椅子は猫に座らせるとして、別の椅子を買いにいった。市内の量販店に行ったけれど都合のよい椅子がなかった。床を板間、よく言うとフローリングにしたので、できれば床と面で接する椅子にしたい。この店はやめて島忠に行ってみた。それらしい椅子があったけれど、4万円に近かった。カミさんはそれを買いなよというが、椅子だけにそれだけ払うんなら別のもの買うよ、というのが私の本音で、ここは貧乏人の本性が出て折りたたみの簡単な椅子を買って帰った。意味なかったかも知れない。
 部屋がなかなか片付かない。
 レポートがメールで送られてくる。これまでレポートをメールで受け取るのに苦労はなかったけれど、今年は何さ、要するに人数が多いので、来るメールの数も多い。そろいも揃ってほとんどの添付ファイルが「社会心理学演習.doc」といったファイル名で、中身を確認しながら整理するのにえらい時間がかかる。頭に来て「ちぇっ、使えねぇ奴らだぜ」という想念が頭を持ち上げる。
 事務手続きの件で学務からいちゃもんがつく。どうも規則というのは面倒だ。問題は、規則が前提とする秩序が実態と乖離していることである。
 レポートに目を通すが、まあ何というか、よく言えば今後に期待すべき点が多い。
 基礎演習のレポートを面白がって眺める。人によって個性はあるけれど、大体が地方国立大学教育学部出身の高校の先生に教わりそうなことをそのまま書いている人が多いと感じる。ミンシュシュギィ~、ヘイワァー、ってやつ。卒業間際にどのように変わっているか、見たいような気もする。
 うーん、今日は久しぶりにアグレッシヴだぜ。
# by Larghetto7 | 2005-08-11 23:48 | 日記風 | Comments(0)
8/10 レポートに埋まる
 期末のレポートが多数、メールで送られてきた。失敗したのは、添付ファイル名の指定をしなかったことである(サイトには掲示してあるけれど)。多くの提出者が「社会心理学演習レポート.doc」といったファイル名で送ってくる。その上、レポートをメールで受け付ける授業が3つある。だから、どのファイルがどの授業の、誰のファイルか分からない。結果、メールを受け取るたびにファイル名を変えてセイヴし直さないといけなくなった。

 本日、昨日の雨の影響か、やや涼しかったように思う。しかし土はまだ乾いていて、カミさんによると、草は簡単に抜けてしまうという。
 猫のコロちゃんを病院に連れていって点滴をしてもらったけれどよくならず、また、おびただしく吐く。明日また連れて行って相談しないといけない。
# by Larghetto7 | 2005-08-10 23:47 | 日記風 | Comments(0)
8/9 所用
 本日、若干の所用があって大学に出かける。結果として眠かった。
 このところぐったりと寝ている。仕事をしようとするといろんなメールが来て中断される。メールというのも考え物で、リアルタイムで受け取ることになるからうっとおしく思う。
 夏休みに入ったせいか、学部HPへのアクセス数も減っている。今のアクセスパタンから推測すると、編入学関係でアクセスする人が多いように思える。
# by Larghetto7 | 2005-08-09 23:44 | 日記風 | Comments(8)
8/8 カンニング答案
 8月1日の入門の期末試験では、見回りの者から「カンニングの疑いがある」との報告があった。その答案(5人分)には印を付けておいた。答案を採点していて、問題の答案に行き当たった。さてどんな答案か?
 採点してすぐに思った。
 ―― (カンニングしたのに)でっ、できてねぇ

 結局、出来ていない者同士でカンニングしたようである。

 学則上、カンニングは処分の対象になる。しかし処分にまで持ち込むには手続きが面倒なのである。ただ、処分はしないまでも、教員の判断で答案を0点にはできる。
 今回の場合、特に何もしないでよいか、と思った。
# by Larghetto7 | 2005-08-08 23:03 | 日記風 | Comments(0)
8/7 緊迫の24時間
 今年、これほど緊迫したことはない。

 6日(土)は大学で卒業生のY君(85年卒?)と会うために11時半近くに家を出た。13時に教養学部棟1階ロビーでY君と会い、レッドロブスターに出かけて17時近くまで話した。レッドロブスターからはタクシーを呼んで南与野駅まで一緒に行く。駅のホームでY君と別れ、私は大宮行きの電車の乗った。
 大宮駅で乗り換え、帰宅したのは18時頃だろうと思う。
 ちょうど、カミさんが野良子猫のコロちゃんを動物病院から連れ帰った。白血球の数が正常になったという。しかし、家猫のチーコが朝出てまだ帰っていないという。
 チーコがまだ帰っていない! チーコはよく外出はするけれど、長時間の外出はない。今朝からということは、今朝チーコが外出したのは4時ころであるから、14時間戻っていないことになる。そんなに長く外出していることはなかった。
 外に出てチーコがいつも帰る方向を眺めていた。時折近所を歩き回った。しかしチーコは見つからず、時計は20時を過ぎ、21時を過ぎ、…0時を過ぎても戻らなかった。私は4時頃までおきていた。
 一寝入りしておきてもチーコは戻らなかった。私はまず警察にチーコを遺失物として届けに行った。猫が交通事故にあった事件もあるけれど、係官は写真を見て「この猫ではない」という。情報が入れば知らせてくれるように頼んだ。次に保健所に電話したけれど、今日は休みだった。その後、私はまた近所を見て回り、カミさんと娘はチーコの写真を持って近所を回った。
 18時頃、チーコが戻ってきた。怪我はないようだった。
 私にとってのチーコ騒動は24時間、チーコの外出は38時間に及んだ。
# by Larghetto7 | 2005-08-07 19:19 | 日記風 | Comments(2)
8/5 部屋のリフォームができる
 本日、朝早くから壁紙を張り替える業者の人が来て、私の部屋の壁紙を貼る作業をしていた。夕方になって終わったけれど、襖は持ち帰りで数日しないと戻ってこない。
 ともかくこの状態で、まず猫ホテル(病院)に入れていた猫2匹をこの部屋に連れ戻した。猫たちは接着剤の臭いが残り、荷物がなくなったこの部屋に戸惑いを覚えたようで、しばらく興奮していたけれど、数時間で慣れてきたように見える。次いでPCの1台をこの部屋に再設置した。部屋に荷物を戻すにはまだ時間がかかるように思う。
 本日、各種のメール応答で時間が潰れる。多少の電話応答あり。
# by Larghetto7 | 2005-08-06 00:10 | 日記風 | Comments(0)
8/4 部屋のリフォーム
 自宅の私の部屋、よく言えば書斎、悪く言えば猫部屋のリフォームが今朝から始まった。業者の人が来たので眠いのにカミさんにおこされた。多少の荷物を室外に運び出した。
 明日の夕方には終わる。
 この部屋は今まで畳だったけれど、板の間にする。畳のままだとしても猫のオシッコなどで畳は傷んでいるので、畳を取り替えないといけなかった。
 今日は日が照って暑い。盛夏になったようである。
 多少の用を電話で済ませけれど、今日は大学で委員会があるので、11時過ぎに大学に出かけた。
 13時から件の委員会。あまり時間はかからなかった。終わってから学部HPの作業をし、某先生と某委員会の作業について協議し、本部のナントカ課によってから帰路についた。
 帰ってから腹が減ったのでカップヌードルを食べた。居間でゴロゴロしていたらそのまま寝入ってしまった。
# by Larghetto7 | 2005-08-04 12:53 | 日記風 | Comments(0)
8/3 部屋を整理する
 昨夜、答案の採点をしていたら眠りそこねて朝になった。朝になってから眠った。11時頃におきた。時差ぼけのせいなのか、そんなこと関係ないのか、分からない。
 私の部屋、つまり書斎、あるいは猫部屋を明日リフォームする。まず猫を移動させた。ついで部屋の中にある2台のPCを、コードを外して移動しにかかった。
 答案の採点はなかなか進むない。毎年、8月の上旬は答案の採点で過ぎてしまう。
 学部HPへの追加記載のために何箇所かに確認の連絡をしている。しかしなかなか返事が来ない。こんなアホなこと、一所懸命やるのは私ぐらいだ、というのも惨めな現実である。
# by Larghetto7 | 2005-08-03 17:47 | 日記風 | Comments(2)
8/2 蒸し暑い
 昨夜、人にお任せだった学部HPの状況を把握しながら、気がつくと3時半頃になっていた。それから寝て起きたのが10時頃だった。
 猫についていろんなことが起こった。後で私のホームページにでも書いておこうと思う。
 目の前に答案がうず高く積まれている。早く採点しないといけないのであるけれど、なかなか作業にかかれない。
 本日、曇りであまり日は照らない。温度の点ではさほど暑い訳ではない。が、やけに蒸す。
# by Larghetto7 | 2005-08-02 19:51 | 日記風 | Comments(0)
8/1 入門の試験をする
 昨日戻って、さあ、今日は社会心理学入門の期末試験をしないといけない、という日である。昨夜、なかなか気分が乗らず、夜中になってやっと試験問題を作った。今朝はそれなりに早く起きるつもりだったけれど、さすがに疲れたのか、起きたのが10時頃だった。ほどなく大学に向かい、12時頃には大学に着いた。
 問題は、試験の余り時間を使って、4年生の卒論のための調査をする予定であること。大学に行くと何人かの4年生がいて、調査票に関する事情を聴いた。結局、当初の質問紙をほんの少し短くしたものを使うことになった。いや、時間がなくて判断する暇がない、というのが正しい。
 7・8の時間に、その4年生たちの助けを借り、2試験室で期末試験をし、調査も行った。結構ハードな日程だった。
 実は私用があってすぐに帰りたい。が、いろいろたまった用があり、それらを済ませて17時近くに帰路についた。
 帰宅は18時過ぎ。今日は野良子猫のコロちゃんの件で動物病院に話を聞きに行かないといけなかった。
# by Larghetto7 | 2005-08-01 19:46 | 日記風 | Comments(5)
再び 7/31 帰宅する
 飛行機が成田に着陸したのは9時40分頃。なんだかんだと出るのに時間がかかり、10時38分発のスカイライナーに乗って上野に向かった。帰宅したのは13時ちょっと過ぎだった。
 野良子猫のコロちゃんはまた何度か吐いたらしく、カミさんが動物病院に連れて行った。家猫のチーコは朝出かけたまま帰ってきていなかった。心配したけれど、しばらくして戻ってきて、長く風呂場で昼寝していた。私はシャワーを浴びたかったが、チーコに遠慮してシャワーを延期した。
 日本が暑い訳ではないけれど、やはり湿度が高い。モヤっとした不快さを感じる。17時頃にやっとシャワーを浴びた。
 これで明日が休みであればよいのだけれど、そうはいかない。今日中にやるべきことも多い。

 行ったらすぐに戻ってきた、というのが実感である。
# by Larghetto7 | 2005-07-31 17:34 | 日記風 | Comments(0)
7/31 成田に向かう機内で
 ミュンヘンから飛行機が経って3時間近くになる。ルフトハンザ機は機内でインターネットができるので、クレジットカード番号を使って試しに接続してみた。登録がやや面倒だったけれど、インターネットに接続できた。大したものである。
 日本時間で31日の1時20分頃になっている。
 30日は例によって朝早くおきた。やはり寝転がったまま寝入ってしまった。今年に入ってから慢性的な睡眠不足があるので、眠れない、ということはない。
 荷造りをしてから、チェックアウトするまで、旧市街に出かけた。目指したのはミュンヘン博物館、Stats Museum というところである。他の大きな博物館に比べると建物は見劣りするけれども、案外と見るものがあった。入場料は4ユーロ、ただし写真は撮れない。
 要するにミュンヘンに因んだ文物を見せる。マーラーが第8交響曲を指揮している写真とか、リヒャルト・シュトラウスのサロメを上演した写真など。そういえば、ヒトラーが最初に立ち上がったのもミュンヘンだった。出るときにポスターを1枚買った。研究室のドアに貼ろうと思う。今まで貼ってあったのは、フランクフルトの民族博物館?で買ったポスターである。
 11時半頃にホテルを目指した。20分くらいでホテルに着いた。荷造りする。念のためにメールチェックをすると、何か来ていた。急いで返事を出してすぐにホテルを出た。
 すぐにタクシーに乗る。今日から?学校が休みになるとかで、空港までの道路は混んでいた。
 ルフトハンザのカウンターにチェックインしてから、前に入った、空港2階にある Mangostin という変な東洋麺カフェで、タイ風(ほんとかどうか知らない)の何とかいう麺を食べた。ビーフンのようなソバだった。
 今回、現金が余った。ドイツにいれば余らなかったかも知れないけれど、ポーランドにいたためか、お金をあまり使わなかった。概して物価が安いのである。貧乏なドイツ人はポーランドのリゾートに行くという話は、よく分かるような気がする。
 で、余ったユーロで、しばらく会っていない姉のためにお土産を買った。
 あと8時間ほどで成田に着く。しかし着いても休めない、すぐに仕事があるところが辛い。
# by Larghetto7 | 2005-07-31 01:34 | 日記風 | Comments(0)
7/30 朝 SD conference@Krakowについて
 横になったら眠り込んでいた。目が覚めたら、ミュンヘンの時間で朝の6時だった。街は活動を始めている。
 ここでやらないといけない大学の仕事(4年生の卒論のこと、8月1日の入門の試験のこと)があるけれど、どうも手につかない。ちょうど私が大学にいると、今回の conference の報告のための研究がなかなか手につかなかったのと同じである。一定の環境にあると「その仕事をする」頭にならないのである、という自己弁護。

 今回の SD conference@Krakow での中心テーマは期せずして? punishment だった。北大のグループもそうだし、ヨーロッパ(オランダ)、イスラエル、スウェーデンのグループも、punishment シフトをしていたように感じる。そういえば私の報告も punishment だったけれど、こいつは偶然。なぜこうなるか? たぶんこのテーマで人が注目してくれそうなときに、みんな揃ってやる、ということなんだろう。合理的であるとととに、ちょっとポリティックスっぽいところがありますよね。

 ポーランドだと、A.Nowak(進化の方でない人)など、シミュレーション系の人がいるので、その辺がどう出るかと思っていた。ところがこの辺の報告はなく、A.Nowak も来なかった。この点は残念なところです。ここでやっても仕方ない、ということかも知れない。唯一、A.Nowak のお弟子さんのような人がポスターを出していたけれど、このポスターだけではよく分からない。交渉過程のメンタルなメカニズムを Neural Net で表せる、その共有化された思考(Neural Netのモデル)ができるんですよ、という結論なのだけれど、どのようにしてできるのかは、質問しても分からなかった。Negotiation Jourtnal とかの雑誌に論文があるのだという。

 そういえば杉浦さんのネタに近い話を、オランダの若い人がポスターでやっていましたな。Ssを Social Value Orientation(このトピックは相変わらず多かった)で Prosocial と Proself に分けたとして、確か、協力への説得が効くのは Prosocial のSsで、その場合、CCのセルとDDのセルの両方に言及するときに(だけ)効果がある、という結果でした。この人、帰りのタクシーで一緒になりましたが、practical application は今は考えていないようです。

 こちらに来て良かったのは、慢性的な睡眠不足がある程度解消したことです。この何ヶ月か、平均睡眠時間は3、4時間/日だったと思います、雑用で!!

 ついでに、下の写真はバイエルン博物館で見た、沢山あったマリア像の1つ。正確な時期は忘れましたが、確かルネサンス期です。西洋の彫像は、ギリシャ・ローマ時代には精妙を極めているのに、中世になるとほんと、不細工なんですね(それはそれで良い所はあるんですが)。そこが面白いところで、例えば12世紀というと日本では運慶、快慶辺りがいて(たぶんその頃だったと思うのですが)、水準の高い仏教美術を出現させていた。それとは、西洋中世の彫像は比べるべくもない。しかしルネッサンス期に入るとほんと、急にギリシャ・ローマに戻る感じがあります。マリア像にしても、12、3世紀のものは(ルーブルで見ても同じですが)、非常に素朴な彫像で、マリアも Great mother ってな感じです。この写真の時期まで来ると、着物の表現、顔の表情、姿勢など、格段にルネッサンス的ですよね。単に'Maria'と書いてあったから、あのマリアだろうと思いますけど。d0028773_14162863.jpg
# by Larghetto7 | 2005-07-30 14:15 | 日記風 | Comments(8)
7/29 ミュンヘンの夕立
 という訳で、明日、帰路につく。丸一日こちらにいられるのは今日だけである。本日は出張ゆえ仕事がある訳であるけれど、そこはそれ、フレックスタイムの我々であるから、当然ながらフレキシブルに乗り切る。そうだ、時間が余ったなぁ、ということで、旧市街の中心地(聖母教会があるあたり)を通り抜けて、王宮の先のバイエルン博物館に出かけた。
 日が照って暑かった。飲用水などを2リットルくらい飲んだろうと思う。
 博物館ではこの地方の古い美術品を展示している。見ていると、12世紀辺りから始まって、ルネサンス期、およびフッガー家が出てきた辺りまでが中心だと思えた。当然ながら宗教的な題材の作品が多い。絵画よりは彫像に目をひかれる。
 といいながら、下の写真はその絵画の1つである。サロメである。
 サロメというのは、我々はオスカー・ワイルドの戯曲、そしてリヒャルト・シュトラウスが作曲したオペラとして記憶している。オスカー・ワイルドのサロメは、若い予言者のヨカナーンに恋をし、その首をはねさせて接吻する、という物語である。生首に接吻する場面は、オペラではサロメのモノローグという最後の場面で、この部分の音楽は私は、あらゆる音楽の中で最も好きな箇所の1つである。この場合のサロメは、魔性の女(といっても15歳なのだけれども)というイメージになる。
 ところがこの絵画は違う。なんともまあ、可憐な少女に描いているではないか。生首のヨカナーンにしても、少女が恋するような顔ではない。
 生首を持つ女という題材は、何とかいう有名な画家が描いた、オルフェウスの生首を持つ誰とか、というものがあった。そっちの方がイメージ的にサロメに近い。
 たぶんこの絵を描いたときのサロメ像は、聖書の記述に近く、悪女役の母親にそそのかされて義父のヘロデ王にヨカナーンの首を所望したサロメ、という解釈なのだろう。魔性の女サロメというのは、割と新しく出来上がった観念だったようである。
 今日は私は、早々にホテルに戻った。明日の準備があるし、残った雑用もある。
 ホテルの部屋にいながらしばらくした19時半頃、いつもはまだ明るい空が暗くなり、夕立になった。雷が鳴って稲妻が光る。日本の夏の暑い日と同じだなぁ、と思った。外に出ているやつらはざまあ見ろ、と思う。d0028773_3264257.jpg
# by Larghetto7 | 2005-07-30 03:26 | 日記風 | Comments(0)
ほんとに 7/28 ミュンヘンに移動する
 本日、またも6時頃に目を覚ました。この conference では8時20分から18時頃までずっとセッションがあり、すべてに出ているので、正直疲れる。今日、タクシーで一緒になったオランダの若い人が「疲れたから10日くらい休んでいる」といっていた。あいにく私は休めない。学生様方、少しはお考えください、と申し上げたい。
 6時頃目を覚ましたというのは、たぶん0時頃にベッドに寝転んでそのまま寝入ったのである。ずっとこんな調子で、ここに来てからちゃんとベッドに入って寝たことがない。
 今日は最終日で、8時20分から12時頃までセッション、その後に記念写真とかがあり、13時半頃までランチ。三々五々、皆さんは帰る。
 私は航空便が17時10分発で、それまでダウンタウンに行くという選択肢もあった。が、帰りの便がスウェーデンの Tommy と一緒で(ミュンヘンからも一緒だった)、15時にタクシーを呼んでいるというので、一緒に行くことにした。ロビー付近で時間をつぶす。
 ミュンヘンに着いて1人になった。タクシーでホテルまで行くと55ユーロくらい前回かかったので、なんとなくバスで行こうかと考えた。が、バスが出そうにない。電車があるので試してみた。チケットの買い方が分からない。一番安いのを買って後で清算すればよいと割り切る。電車に座っていると前に、体格の良い警官(たぶんオフ)が座った。
 目指す中央駅(ドイツ語で何とか hofen というやしい)は the next station と私が質問した人はいっていたけれど、各駅で10駅くらい止まる。さすがに中央駅では英語で 'central station' というアナウンスが入った。
 降りるときにチケットの清算をするつもりだったけれど、降りるのはノーチェックで、払わずに出られた。いいのかなぁ。6ユーロくらい得したことになる。
 中央駅付近のホテルにチェックイン。この前と同じホテルで、1日20ユーロを覚悟してインターネットに接続した。
 帰るまでに、私は8月1日の試験問題を作らないといけない。学生用の調査票の手直しもある。いやはや、こんなことしている人、 professor とは呼ばないよね、と苦笑する。
 という訳で、写真は撮っていない。下の写真は昨夜(暗くなるのは夜9時過ぎ)行った、ユダヤ人街と旧工業地帯との境目あたりの街角の風景である。後ろの建物が社会主義リアリズムである。
d0028773_4373257.jpg

# by Larghetto7 | 2005-07-29 04:38 | 日記風 | Comments(0)
7/28 昨日、ユダヤ人居住区に行く
 今となっては昨日、18時半頃に Guided tour で古いユダヤ人居住区に皆さんと出かけた。最初、アーミッシュのようなところかと思ったけれど、何のことはない、旧市街の外れにあるユダヤ人居住区だった。一行の中にはイスラエル系、ユダヤ系の人は多い。面積で見ると狭い。シナゴーグがいくつもあり、1つには入ったけれど、博物館の類には入らなかった。
 一通り見た後に一行で Ariel という Jewish Restaurant に入る。日本人のいない席に座る。気がつくと2日前のレストランのメンバーと近く、スウェーデンの Tommy と一緒。この人は彼自身がしゃべらないし、こちらもしゃべる必要がないところがよい。ビールを飲んで Jewish の料理を食べる。まあ、どこでも変なものが出るとはいえるけれど、不思議と美味しい。
 写真はこの Jewish restraunt にいた猫のうちの1匹である。d0028773_726281.jpg
# by Larghetto7 | 2005-07-28 07:26 | 日記風 | Comments(0)
7/27 昨日、salt mine に行く
 今となっては昨日であるけれど、夕方近くから近くの salt mine (岩塩採掘坑)に学会の excursion で出かけた。塩の採掘坑が金鉱のように張り巡らされている。今は観光地になっている正直、面白くなかった。近くにはアウシュビッツもあるのだけれど、イスラエルから来ている人も多いので、アウシュビッツは差しさわりがあったのだろう。
 写真は採掘坑の一室で、岩塩の彫刻が残っている。正面のマリア像やシャンデリアは塩でできている。
 むしろ印象に残ったのは行き帰りに眺めた野外の風景である。なだらかな丘陵があり、その光景が美しい。空が広い。d0028773_1351487.jpg
# by Larghetto7 | 2005-07-27 13:51 | 日記風 | Comments(6)
7/26 昨夜は市内観光
 日本では午後2時半頃の今は、クラコフでは朝である。昨日は私自身の報告を終えたので、気分が大いに楽になった。学会のセッションが終わったのが17時頃で、18時頃からクラコフの中心街、つまり歴史的な建造物がある辺りの Guided Tour があり、バスに乗って一緒に出かけた。クラコフというのは昔ポーランドの首都があった都市である。市内に城があるというのは、私が行ったことのあるヨーロッパの街では、ここを除けばエジンバラくらいだったと思う(要するにあまり行ったことがないということだけれど)。広場自体はガイドの説明のように、広かった。
 20時頃から自然とグループに分かれてレストランを探し回り、いろいろ回った末に私が入った一行は、城の中のような(つまり穴倉のような)部屋に分かれたレストランに入った。銘々に別のものを注文したので来るのに時間がかかった。ホテルの部屋に戻ったのが23時半頃、そのまま寝て、26日は朝の6時頃に目を覚ました。d0028773_1446424.jpg
# by Larghetto7 | 2005-07-26 14:46 | 日記風 | Comments(2)
7/24 夜が明けて
 昨夜はホテルの部屋で報告のまとめをするつもりであったけれど、そのまま寝入ってしまったようだ。朝早く、というか明け方に目を覚ました。雨が降っており、寒いくらいに感じた。家に置いてきた猫の夢を見た。PCをいじっていると空が明るくなってきた。朝方には雨がやんだ。
 8時頃にホテルのレストランで朝食をとる。同じ会議に出るアメリカ人やらイスラエルから来た人と会い、挨拶して一緒に食事をするけれど、そもそもこういう場合を処理するような英語力や行動様式が私には備わっていないので、食事が終わると早々に引き返した。この種のホテル缶詰というのは、私には有難くない。
 こういう場面で仲良くするというのは意味のあることで、特に欧米人にとってはこのときに得た知己を資本にしてビジネスにつながるのである。欧米は日本以上にコネ社会といえる。日本もそのうち同じようになるだろう。ただ、私はそのような環境ではうまく生きていけないな、と思う。
 自分の報告の準備がまだできていない。再びとりかかる。日中は日が照って気温もあがった。
# by Larghetto7 | 2005-07-24 22:01 | 日記風 | Comments(0)
7/23 ポーランドのクラコフに着く
 日本より7時間遅い。日本では24日になっているがこちらは23日である。
 ミュンヘン空港発15時10分の便で目的地のポーランド、クラコフ(と日本語ではいうそうだが、英語表記で Krakow)に着いた。空港に便が着いたのが16時40分頃。学会組織の手配が良かったのでそのまま案内でタクシーに乗り、ホテルに着いたのが17時頃だった。
 都市のダウンタウンのホテルだと想像していたら、郊外?型のホテルだった。
 着いて少し近くを歩いた。印象としては、やはり西ヨーロッパに比べると貧しい。いろんな所が荒れているのは、最近まで社会主義国だったなごりのようにも見える。
 部屋に戻って内部を見たら、インターネットの差込口らしいのを見つけた。つないでみるとつながった。ラッキー。
# by Larghetto7 | 2005-07-24 01:57 | 日記風 | Comments(0)
7/22 ミュンヘンに着く
 日本時間では7月23日だけれども、こちらではまだ22日である。22日には6時におきて7時頃に家を出た。成田空港に着いたのが9時40分台。予約していた海外携帯をピックアップしてすぐにルフトハンザのカウンターにチェックイン。ヨーロッパは一昨年ぶりであるけれど、前回もなぜかルフトハンザだったなと思う。出発ロビー付近で時間をつぶした。何も食べていなかったのでおにぎりを買って食べた。
 エアバスが飛び立ったのは12時半頃。機内で時間を7時間遅らせる。
 11時間半ほど飛行する。飛行機がミュンヘン空港に着いたのが17時半頃。空港からホテルのバスがあるかと思ってバスターミナルに行ったけれど、そのホテルはバスサーヴィスがないようだ。面倒なのでタクシーに乗ってホテルに向かう。ミュンヘン空港は市内までやや遠い。
 ホテルにチェックインして何か食いに行こうと思う。こういう場合の私の常として、ちゃんとしたところには1人では入る気がしない。トルコ人の安いレストランに入ってお米を使った何とかいう皿を食べる。ホテルの近くにはミュンヘンの中央駅があり、その中の店で買い物をしてホテルに戻る。
 部屋ではイーサーネットが使えたけれど、1日20ユーロと、高い。けれど、またも面倒なのでそのまま使う。
 明日の飛行機でポーランドに向かう。眠いけれど、仕事ができていないのでやらないといけない。
 ミュンヘンは感じの良い街である。
# by Larghetto7 | 2005-07-23 04:34 | 日記風 | Comments(0)