<   2018年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2018/08/31 金曜 学問の自由
学問の自由

by larghetto7 | 2018-08-31 21:46 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/30 木曜 昨日,社会心理学会で報告
d0028773_16235337.jpg
 一昨日の夕方に大阪に行き,昨日,久しぶりに社会心理学会で報告してきた.
 前日に新大阪のホテルに泊まった.夜,ホテルを探して出歩くのは苦労と思い,値段やや高めであるが,新大阪駅に隣接するホテルをネットで予約していた.学会大会会場の追手門学院大学の最寄り駅はJR茨木である.茨木のホテルを検索したところ,ちょうど28日が予約が取れない.なので,新大阪で予約した.
 昨29日は6時半ころに起きた.ホテルの朝食代が込みであり,値段だけのことはあるちゃんとした朝食だった.JR茨木駅を降りてバス停を探すのに苦労した.私の報告が入った会場は北大系の人たちが多かった.それ以外の場合より幸いだった.
 追手門学院大学のキャンパスはなかなか立派であったと思う.

 午後になって宝塚に向かった.故安田三郎先生の奥様はかなりご高齢であるが,西宮寄りの宝塚のマンションにお住まいであり,2年ぶりくらいで線香上げ方々,ご挨拶に出向くことにしていた.来阪のもう一つの目的だった.
 夕方に大阪を出て,帰宅したのは22時10分頃だった.





by larghetto7 | 2018-08-30 16:24 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/25 土曜 国立大学の主務省が文科省でよいのか?
国立大学の主務省が文科省でよいのか?

by larghetto7 | 2018-08-25 12:37 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/20 月曜 大学が「学校」ではダメではないか?
大学が「学校」ではダメではないか?

by larghetto7 | 2018-08-20 23:16 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/17 金曜 学位プログラム
学位プログラム

by larghetto7 | 2018-08-17 22:57 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/15 水曜 会津の御薬園
d0028773_23200562.jpg
d0028773_23204215.jpg
d0028773_23224560.jpg
 お盆には毎年,最初の日(8/13)が盆の迎え,最後の日(8/16)が盆の送りで,茨城の郷里に墓参りに行く.がその間の1日を使って,通常は8/14であるが,会津若松に母方の墓参りに行く.母方であるから墓参はしないでよい,あるいはすべきでない,という考えもあろう.が,10年ほど前に亡くなった母が祖父母の墓参りに私に行ってほしがっていた.だから私は毎年,年に1日だけ,会津に行って墓参りをしている.まあ,会津であるから,私の郷里に行くよりは楽しみもある.
 会津の墓は東山にあるお寺の裏山の上の方にある.山道を,4Kgほどの水と花などを背負って登る.今年は暑いので体力が持たないのでは,と心配した.が,何とかなった.坂は水分を含んでいたが,落ち葉が多かったので滑らなかった.まあ,この墓参りはあと何年か,私の代で終わり,と思っている.
 若干草刈りをしてから(鎌も持って行った)線香と花を供え,水をあげた.その墓所にはお墓が沢山ある.
 お寺から降りたところにお秀茶屋という田楽屋がある.毎年,墓参の後にそのお秀茶屋に入って田楽を2皿食べる.今年も同様にした.
 お秀茶屋を出てから,帰りまでに若干の時間がある.今年は御薬園に寄ることにした.御薬園に行くのはたぶん4,5回目であろうと思う.
 御薬園はこのブログでも以前に記載したことがある.2001年のことである.2001年の時点で入場料は310円だった.今回行くと320円だった.20年近くで,申し訳なさそうに10円だけ上げているのが会津らしい.
 御薬園は庭園であるが,元来は薬草園だったので,若干,植物園の風情がある.私は割と,植物園で時間を過ごすのは好きである.ここは小さい庭園であり,勝手は分かっているつもりであったが,与謝野晶子の歌碑のある場所を勘違いして覚えていたことに気が付いた.帰りに,試飲して美味しかったので,薬草茶の一袋1620円を買った.
 この御薬園も,ちゃんと苔で装ってあり,なかなか管理が良くできている.

by larghetto7 | 2018-08-15 23:30 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/15 水曜 教育組織と研究組織の分離
教育組織と研究組織の分離

by larghetto7 | 2018-08-15 17:49 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/13 月曜 大学院部局化
大学院部局化

by larghetto7 | 2018-08-13 18:35 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/11 土曜 大学の「作り」がおかしい
大学の「作り」がおかしい

by larghetto7 | 2018-08-11 18:57 | 日記風 | Comments(0)
2018/08/08 火曜 シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』
 BBCのシェイクスピアのシリーズのDVDで『ジュリアス・シーザー』を観た.『ヴェニスの商人』と一緒に県立図書館から借りてきた作品である.
 さして期待せずに流して観ようと思ったけれど,思った以上に充実した中身があり,途中から引き込まれた.
 この作品は古代ローマの歴史上有名な展開を扱う.だから「史劇」でもよさそうに思うが,シェイクスピア戯曲では,史劇はイングランドを舞台にし,ノルマン人の征服以降の,プランタジネット,ランカスター,ヨーク,およびチューダーの王朝の期間の物語に,なぜか限定されている.つまり「国史劇」なのである.
 だから「史劇」ではなく「悲劇」の属する.登場人物のうち,シーザー,ブルータスやキャシアスなどのシーザー暗殺側,ブルータスの妻などが死んでしまい,また元老院議員も多く粛清される.
 題名は『ジュリアス・シーザー』であるけれど,中身を見るとシーザーは出番も少なく,殺される以外はさしたる役割を演じない.主役はブルータスである.私の観たところ,第1にブルータス,第2にアントニー,第3にキャシアスが重要な登場人物と思う.
 この作品を面白くしている要素は,第1に,成功したコミック作品がそうであるように,人物描写が丁寧であること,第2に,超越的な運命が登場人物を翻弄するように描いていることのように思う.

 まず主役のブルータスが理知的で私心がなく,劇では高貴(noble)と常に言及される.それでいて後半は武人として有能に軍隊を指揮している.古代ギリシャがそうであったように,ローマでも市民は同時に戦士であったのだろう.だからどことなくサムライのようなところがある.ローマ人としての誇り,ローマ人としての覚悟,といったサムライのような精神が随所に出て来るところが面白い.また,最初は単にシーザーが嫌いなだけでブルータスを巻き込もうとしていた陰謀家のようなキャシアスも,最後の戦いを前にブルータスと激しく口論し,そのうえで和解して友情を確かめる.
 面白いのはアントニーである.アントニーはシーザーの第1の取り巻きであったが,シーザーが暗殺されるや,シーザーの遺体が横たわるその場に来てブルータスらに恭順の意を伝え,味方になると約束する.このとき,アントニーは情勢を眺めている.オクタビアヌスの使いにも,情勢を見て待機するように指示する.民衆にブルータスがシーザーの非を伝えて納得させた後,アントニーはブルータスらの許可を得てシーザー追悼の演説をするが,その時は圧巻の演説でブルータスらを悪者にしてしまう.この演説の箇所は昔,高校の現代国語の教科書に載っていたような気がする.
 そのアントニーも最後のフィリパイの戦いでブルータスの遺骸を前にして,ブルータスの高貴さに賛辞を惜しまない.あらゆる登場人物に奥の深さがあることを描く.
 シーザーを暗殺したブルータスらにアントニーが最初恭順の意を伝えるところは平治の乱の清盛を連想させる.平治の乱では藤原信頼や源義朝らがクーデターを起こして信西入道らを殺し一時政権を奪取する.このとき,清盛はまず信頼らに恭順の意を示し,機会を伺ってひっくり返すのである.

 この作品では運命に翻弄され登場人物が破滅へと引き込まれてゆく,という描き方になっていると思う.シーザーが暗殺される3月15日には気を付けるよう,何度か占い師が忠言する.また3月15日の直前には数多くの怪奇現象の目撃がある.シーザーの妻も悪い夢を見る.そうした忠告を聞かずにシーザーは3月15日に議事堂に出向き,自らが倒したポンペオの像の前で刺殺されるのである.
 ブルータスの側にも多くの不吉な前兆が現れると描かれる.フィリパイの戦いの前夜にはブルータスにシーザーの霊が現れる.こうした描き方は,例えば『リチャード三世』でリチャードが最後の戦いに臨む際にも登場する.
 抗いがたい力がどこかで働き破滅する,というのが,悲劇の1つの描き方であろうし,この作品の場合はその点が作品に重みを与える効果を持つように見える.

 余談であるが,このDVD作品ではブルータスの従者ルーシャス(ルシアス)の美少年ぶりが際立っている.演じているのは少女ではないかと思い俳優を確認してみた.少女ではなかった.Jonathan Scott-Taylor という俳優で,このDVD作品の撮影とほぼ同時期に,オーメン2でダミアン少年を演じたらしい.この俳優は26歳くらいで俳優を辞めたという.

by larghetto7 | 2018-08-08 19:32 | 日記風 | Comments(0)