2018/01/14 日曜 センター試験
 既に退職したのでどっちでもよいのであるが,そろそろセンター試験が終わる時刻であると思う.昨年までの経験だと,センター試験が終わり,答案の点検が済むと監督者の教員は帰ってよい.しかし事務方および管理側の教員はまだ仕事があり,しばらく試験場にいなければならない.試験場の配置を元に戻すのも厄介な仕事である.まだしばらくは帰れないだろう.

 昨日,つまりセンター試験の1日目は,全国的にこの冬で最も寒い朝だった.センター試験の頃が最も寒い日だよね,と私はずっと記憶していた.実際.昨日の朝は外では厚く氷が張った.庭の水道が凍って水が出なかったのはこの冬で初めてである.センター試験の日は,まさに寒さの特異日である.ただ,昨日も日が昇るにしたがって暖かくなったから,結果的には試験日和だったかも知れない.

 このブログは,例年,センター試験の前日くらいから若干,アクセスが増える.たぶん,センター試験という文字列の入った日記風の記載があり,ググるとひっかかるのだろう.ただ,「監督で大変でした」といったことしか書かないので,アクセスする人には失望を与えているだろう.

 私も入試管理委員やらアドミッションセンター員をして初めて知ったことであるが,世間の人が考えるよりもはるかに周到な準備をして,センター試験は実施される.よくこんなことができるなぁと思ったし,それをちゃんとこなす事務方(と若干の教員)は,実はかなりすごいことをやっている.これまであちこちから話を聞く範囲で考えると,埼玉大学はかなり厳格に,まじめに仕事をしているように思う.ほめられてよさそうに思うが,失敗があると非難されるにせよ,上手くやってもほめてもらえないのが入試の常である.

by larghetto7 | 2018-01-14 17:55 | 日記風 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード