2016/05/05 木曜
 せっかくの連休ではあったが、連休前からの大雑用、小雑用が足にまとわりついて、結局はそれに忙殺されてしまった。ままならぬものである。連休も終わりになって、来週の4学期仕様(第1ターム)授業の中間試験の問題作成で苦労している。実はこの授業、この2年間で平均点がかなり下がった。だから今回は思い切り問題を易しくする必要があるかも知れない。
 4学期仕様の授業を初めてやってみた訳であるが、感じるところはいくつかある。火曜と木曜に同じ授業が入っているので、火曜のすぐ後に次の授業になる。良い面もある。2回の授業をセットで考えることになるので、授業間の連続性を準備段階で盛り込むことができる。
 ただ、私のその授業は毎回Quiz(小テスト)をするのであるが、受講者80名ほどで毎回小テストをしていると、火曜の小テストの結果を1日置いて次の日には把握していないといけない。やけに忙しい。よほど受講者数が少ない場合を除いて、キメの細かい対応は無理である。
 今回の中間試験は、当初の予定はもっと遅く実施するつもりでいた。が、ここもやってみての修正を余儀なくされた。期末試験の結果をすぐにださないといけないが、期末と中間試験が接近してしまうと、処理が仕切れない。だから中間試験を当初の予定より前にせざるを得ない、と判断することになった。
 この4学期制であるが、ウチの大学の4学期制は、よくある例のごとく、ナンチャッテの4学期制である。従来の前期後期を真ん中から2つに割っただけのものである。これではちゃんとした実施は無理であるのは明らかで、そのために、私はアメリカ仕様の、ちゃんとした4学期制を導入すべきであるという意見を、ずっと言っている。
 しかし、そうではない反応の同僚が多い、という現実がある。実は、東大や早稲田のように昨年度は4学期制を大きくぶち上げた大学でも、今年は4学期制についてはあまり触れない。話を聞いてみると、どこの大学の話とは言わないが、内心は放棄する方向であるらしい。むろん止められない事情はあるだろうから(金をもらっているはずだし)、やっていることにはするが、実態は4学期制でない授業が主流を占める、ということであるようだ。
 このように、表向き4学期制でやっているといいつつ、実態はそこからかけ離れ、元に戻す機会をうかがう、ということが、日本全国で起こっている。アホな事態である。
 その主流派の観点に立てば、「ちゃんとした4学期制など、言ってくれるな」ということになる。
 確かに、何れの大学もちゃんとした検討を経ずに導入した4学期制であるから、ちゃんとできないのは理の当然、折を見てウヤムヤにする方向が、正しいのかも知れないですね。
# by larghetto7 | 2016-05-05 23:45 | 日記風
2016/05/02 月曜
今日のフィクション  →  西ナンジャラスタン文理融合大学風雲録

# by larghetto7 | 2016-05-02 23:45 | 日記風
2016/04/29 金曜
今日のフィクション  → また、リベラルアーツ大学?


 昔、学生の頃、世はまだCDなどなく、LP盤の時代だった。FMの雑誌を買うと売り出されたLPの曲目の解説が載っていて、それを読んで知識、というか情報としていたような気がする。ただ、今から思うと、日本で販売ルートがあるレーベルの録音が多かった訳で、海外に行くと日本では聞いたことがないような演奏家を目にすることが多い。要するに、情報のルートが限られていたんだろう。
 昨年の夏からApple Musicに加入して、Appleが版権を持っている範囲の音源につないでいつも聴いている、という生活になった。ここでも、今まで知らなかった曲目や演奏家を知ることになった。
 Apple Music も、偏っているところはあるだろう。例えば、日本の歌謡曲であれば、松田聖子や中森明菜はやたらfeedされるのに、山口百恵や竹内まりや、石川さゆりといった歌手は聴けない。この点は絶対的な欠点である。
 ピアニストのギレリスは時折出て来る。そこで検索して、以前よく聴いていたブラームスのピアノ協奏曲の2番を探した。出てきたのであるが、ピアノはギレリスであっても、オーケストラが異なる。私が何度も聴いていたのは、オイゲン・ヨッフム指揮の、確かベルリンフィンの演奏であった。これも版権の問題か、と思っていた。
 が、つい先日、まさにその演奏がFor You にfeedされてきたのである。さっそく聴いてみた。非常に輝かしい演奏で、特に第2楽章のAllegro appassionatoの明快さは、以前にしびれた通りである。
 でもまあ、家にCDがあるのであるから、それを聴けばいいんですけれどね。何というか、こういうクラウド生活になると、物理的にCDを取り出すのが面倒になってしまう訳ですね。
# by larghetto7 | 2016-04-29 19:47 | 日記風
2016/04/21 木曜
今日のフィクション  →  リベラルアーツ大学?

# by larghetto7 | 2016-04-21 23:45 | 日記風
2016/04/06 水曜
今日の意見  →  新学部設置

# by larghetto7 | 2016-04-06 23:45 | 日記風
2016/04/02 土曜
今日の意見  →  今さらの学部新設はありか?

# by larghetto7 | 2016-04-02 23:45 | 日記風
2016/03/26 土曜
今日のフィクション  →  成果を上げられない経営者ほど組織を変える

# by larghetto7 | 2016-03-26 23:45 | 日記風
2016/03/24 木曜
今日の意見 →  学士課程

# by larghetto7 | 2016-03-24 23:45 | 日記風
2016/03/13 日曜
今日のフィクション  →  学長リスク

# by larghetto7 | 2016-03-14 00:24 | 日記風
2016/01/30 土曜
d0028773_23221245.jpg

明日が母の命日であるので、本日、郷里に墓参りに出かけた。埼玉と違って茨城は空が広い。
# by larghetto7 | 2016-01-30 23:22 | 日記風
2016/01/24 日曜
今日の一言  →  賀詞交歓会

# by larghetto7 | 2016-01-24 23:45 | 日記風
2016.1.7 木曜
 私が匿名で出している、 conbrio という秘密のブログがあるんですが、昨年(2015)1年間でのアクセス件数が多かった上位4記事が次です。なぜ5でないか、まあ、5位に見せるとまずいものがあるからですよ(笑)。

これからのウチの学長 7月
なんちゃってクォーター制 10月
大学間格差の制度化(スーパーグローバルの衝撃) 2月
資料掲載を拒否された全学運営会議資料の文面 10月
# by larghetto7 | 2016-01-07 23:45 | 日記風
2016/01/01 金曜
文科省との「対話」

4学期制など

# by larghetto7 | 2016-01-01 12:17 | 日記風
2016/01/01 金曜 元日
d0028773_114375.jpg


 昨夜は23:40頃にカミさんと、近所の千勝神社に初詣に行ったのであります。初詣というのは標準語でしょうな。私の郷里では元朝参りと言っていました。初詣というと、日を改めて、明治神宮のようなところに行くことを連想しますけれどね。

d0028773_118404.jpg

# by larghetto7 | 2016-01-01 11:09 | 日記風
2015.12.02 水曜
国立大学授業料93万円

# by larghetto7 | 2015-12-02 23:45 | 日記風
2015.11.29 日曜
今日のフィクション  →  亀次郎教授会講話

# by larghetto7 | 2015-11-29 23:45 | 日記風
2015.11.07 土曜
財政制度分科会資料(2015.10.26)

# by larghetto7 | 2015-11-07 23:45 | 日記風
2015/10/24 土曜
資料掲載を拒否された全学運営会議資料の文面

# by larghetto7 | 2015-10-24 23:45 | 日記風
2015/10/18 日曜
なんちゃってクォーター制

# by larghetto7 | 2015-10-18 23:45 | 日記風
2015.10.15 木曜
facebookに出したものをこちらに掲載します。普通は逆なんですが。

国際教養大訪問
# by larghetto7 | 2015-10-15 16:12 | 日記風
2015/10/09 金曜
d0028773_21585929.jpg

 昨夜は懇親会の後、部屋に戻って資料を確認していた。本日の会議は9時に始まり、午前中で終わった。今日の協議はえらく急ぎ足となった。
 資料を宅配便で大学に送ろうと思ったが、事務長がやってくれるというので、申し訳ないがお任せした。駅で帰りのチケットを購入し、それから松本城に向かった。
 三重大、茨大の学部長様と一緒に天守閣に上がった。階段が急できついと聞いていたが、城とはそんなものである。階段が急と言っても、パリのノートルダムの近くにある、ステンドグラスで有名な教会ほどではない。あるいは、須賀川市の江持にある羽黒神社の石段ほどではない(えらくローカルであるが)。駅前の蕎麦屋でご一緒に蕎麦を食べてから別れた。
 帰りもあずさだった。空いていた。東京に近づくにつれて混んできた。今回は諏訪湖をちゃんと見ることができた。一度降りて、ゆっくり周辺を歩きたい気がした。長野新幹線とは違った風景が続いた。
# by larghetto7 | 2015-10-09 23:45 | 日記風
2015/10/08 木曜
d0028773_22215178.jpg

d0028773_22222982.jpg

 昨夜、あずさに乗って松本に着いた。17大学人文学部長会議が松本であるのである。会場のホテルは駅の近くにあるが、ホテルにチェックインする前に駅近くでラーメンを食べた。
 今朝は朝早く起きて8時頃に朝食。9時頃から会議が始まった。最初に信州大の新しい学長さんから挨拶があった。ウチの学長に比べるとずいぶんと気さくそうな方で、気さくそうに話されてから早々にお帰りになった。9:20頃から会合が始まった。
 17時に本日のセッションは終了。18時から懇親会であったが、こんなこと(いわゆる大学改革)をいつまで続けるのか、いつ終わるのか、という感想に随分と触れることになった。
# by larghetto7 | 2015-10-08 23:45 | 日記風
2015/09/23 水曜
 ずっと放っておいたこのブログに久しぶりに入った。有難いけれど、まだアクセスする方がおられるのが不思議な気がする。
 今年度も半分まで来た。この10年くらい、中断はあったものの、私は所属組織で下級の管理職をしていた。やってみて割に合わないことを実感する。それも今年度で終わる。最後の1年である今年、その半分まで来たことになる。
 私は小さい学部の学部長に2度(任期でいえば3度)なったことになる。実は最初も2度目も、混乱を収拾する形で学部長を引き受けた。それだけ仕事屋だったのだろう。2度目であるこの2年間は移行期間と位置づけているのであるが、その課題も未完である。特定の誰かに仕事を集中させるのではなく、一定の範囲の人たちが働くようにしないと、私のような人間がいないと動かなくなる。
 私が学部長になったとき、この学部は退行局面だった。そのまま沈む訳にもいかないので、大学院GPやグローバル人材育成の予算獲得を手配し、そこだけはうまく行ったように思う。しかし学部は無論であるが、現状では組織全体が退行局面に入っていると実感する。眺めることができるだけである。
 ものをいう心の自由さが私の中で生まれてきたように思う。気がついたことはこのサイトなり、conbrioに書くかも知れない。しかし退職したらそれらは閉じることになるだろう。
 
# by larghetto7 | 2015-09-23 11:01 | 日記風
2015/07/04 土曜
今日の意見  →  これからのウチの学長

 待てよ、今日はアメリカの独立記念日ではないか?

 さても、7/2の木曜の夕方、サマープログラムのお別れパーティーをした。その4週間前が歓迎パーティーだったから、早いものである。
 ウチの大学でサマープログラムをやったら、というアイディアは、ある協定校との協定更新の戦略を協議する席上で思いついたことである。その後、教養学部の2、3人が所々で口にした。それがいつしか、正式に決まっていないのに、既定方針のようになっていった。それでも、正式にやると決まったのは2月頃のことと思う。だから時間が足らなかった。にもかかわらず関係者が大変頑張ってくださった。
 いろんな面で準備が整わなかったことは否めない。応募者も最初、ほとんどいなかった。が、締切間際になって応募者が現れてきた。かくして何とか実施にこぎつけたのである。
 7/2の Farewell party では、みんな楽しそうだった。その様子を眺めながら、これは成功だったんだな、と実感した。無理してやってよかった。
 この間、ずっと頭を占めていた、このサマープログラムが終わってしまい、心に穴が開いたような気分に襲われる。今、サマプロロスでね、と人に言う。
# by larghetto7 | 2015-07-04 23:45 | 日記風
2015/06/21 日曜
今日のフィクション  →  業務崩壊


 少し前、モーツァルトとブラームスのクラリネット五重奏曲のCD(ベルリン・ゾリステン)をPCのiTunes経由でiPadに入れた。しばらくそれを聴いていた。が、管楽器の陶酔感、ということでいうと、あのCDが良い、と思いついた。金沢で活躍する演奏家(だと思うが)の録音を収めたCDである(WPCS-11505)。CDを見ると、クラリネットがWenzel Fuchs、それにThe Sunrise Quartet である。
 再びWin PCのiTunesを経由してiPadに収めようとしたが、この間にソフトのヴァージョンアップもあり、なかなかうまく行かない。はっきりいってこのソフトは、使い勝手が悪い。Win PC だからなのか、結局、Macを買えよ、という話かな、と思わざるを得なかった。
 ともかく、試行錯誤の末、なんとかなった。
 この演奏のどこに陶酔感があるかというと、演奏時間が長い、つまりテンポが遅いのである。つまり管楽器の響きを魅せるように計算されているのであろう。
# by larghetto7 | 2015-06-21 23:45 | 日記風
2015.05.31 日曜
今日のフィクション  →  黄昏


 Alison Balsom という美人のトランぺッターがいる。最近、この人の演奏する Paris というアルバムを iTunes で衝動買いした。その後、よく聴いている。
 Alison Balsom という演奏家はイギリス人で、フランスで教育を受けたらしい。私が買ったのは演奏家が美人だったという形而下的な理由であるが、聴いているとある種の陶酔感がある。管楽器には陶酔感があるよね、とカミさんにも話した。
 もともとトランペットというのは、バロック時代の大仰な演出に出番が多かったと思う。ハイドンなど、少数の例外を除いて、木管楽器のように主役となることは少ない。木管の方がコントロールされた音になるからだろう、と勝手に想像する。この人はトランペットを、木管楽器のように吹いて見せるのが売りなんだろう、という気がする。
 陶酔感がある管楽の音、というと、私が好きなのが、モーツァルトとブラームスのクラリネット五重奏曲である。以前、いくつかの録音を買ったのであるが、先日、思い出したようにこの両曲を収めたCDをかけてみた。どうしてもBalsomのトランペットの音と比較してしまう。比較の上で、トランペットという異質な楽器ではあるが、Balsomのトランペットはかなり精妙なコントロールを利かせているのではないか、という気がしてきた。
 iTunes でダウンロードしたBalsom のアルバムの中に、ラヴェルのピアノ協奏曲(両手の方)の第2楽章が入っている。この第2楽章はクラシックの中でも最も美しい曲であろうと思う。たぶんその中のピアノの片手のパートを、トランペットで吹いているだろう、と思う。原曲では、確か(間違いかも知れないが)、ピアノとフルートが掛け合いのようになるのであるが、そのピアノの主要な部分をトランペットでやる訳だから、曲の印象は、原曲とはかなり異なる。しかしちゃんと、別の美しい曲になっているのは、大したものなのだろう。
# by larghetto7 | 2015-05-31 08:50 | 日記風
2015/05/17 日曜
今日のフィクション  →  5月の会議


 この前の金曜は12時頃からアドミッションの会合。13時から人事委員会。14時から研究科部会、学部教授会、研究科博士後期の部会と続いた。その合間になぜか、部局長、元部局長の方と顔を合わせた。それから学生サポート部会をやって、教職員組合の懇親会にちょっと出席。急いで学部棟に戻って次の日の授業プリントを作って印刷。帰りが20時半頃であったか。
 という訳で、金曜は帰宅して少ししたら居間の板の間でそのまま寝入って、昨日の朝を迎えた。昨日の午後は、引き受けていた放送大学の面接授業があって、13時頃に出かけて夜に戻った。
 昨夜も実は、寝転がってiPadをいじっていたらそのまま居間で寝入ってしまった。
 という訳で、疲れが抜けませんね。
# by larghetto7 | 2015-05-17 23:45 | 日記風
2015/05/10 日曜
今日のフィクション  →  都内某私大


 少し前、何かの機会に、受験生が間違えて都立大駅で降りるが、あそこに都立大(首都大学東京)はもうないんだよね、という話題が出た。駅名だけに都立大が残ったのである。まあ、ウチの大学も、バス停の名前としてだけ残った、とかね、と冗談で言ったら、結構受けた。
 それ以後、同じ顔触れで話す時には同じ冗談を口にすることが定着した。モニュメントは残ったぜ、とか。
 いやそれは、ウチの大学が潰れるということではなく、より大きく強い組織の中に再編されるということだよ、といって言い訳する。
# by larghetto7 | 2015-05-10 23:45 | 日記風
2015/05/07 木曜
本日のつぶやき  →  駄目な経営者ほど手数が多い

 昨日、ネットで国立大学のことを調べていた。文科省のサイトの過去の審議会資料が国立大学を分類していた。第1の分類軸が「旧帝・旧官・新制・…」である。はっきり言ってくれるが、そこが役所の観点なのだろう。第2の分類軸が「総合・複合・単科」である。
 うちの某大学はまず「新制」である。新制とは聞こえがよいが、悪くは駅弁と呼ぶ。まあそれはよい。第2の分類軸で言うと「複合」になって、総合大学からははじかれている。
 そうか。この分類で言うと、ウチは総合大学にはならないのね、とあらためて思い知った。
 どなたかのコメントで、「ウチは5学部を1キャンパスにまとめた総合大学です」とはいえるけれども、「5学部を1キャンパスにまとめた複合大学です」とは言い難いよね、と話した。

(^o^)/ 複合大学の〇〇大学です。
(・_・?)  複雑なご事情がおありなんですね。
# by larghetto7 | 2015-05-07 23:45 | 日記風
2015/05/05 火曜
本日の風向き  →  会議の資料

 長かった連休もあっという間に終わってしまった。いろいろやっておくはずであったが、結局、ほとんどできていないな、と思うのはいつものことであります。

 この連休、暑い日が多かった。4月になって庭のハナミズキが一斉に白い花を咲かせたのに気が付いたけれど、連休中に、ほとんど一夜にして花は散ってしまった。と思うと、今は緑の葉を随分と付けてきた。気が付くと近所でもツツジが咲いているではありませんか。季節の動きを気に留めるだけの余裕が、このところなかったんでしょうな、と気づかされる連休でありました。
# by larghetto7 | 2015-05-05 23:45 | 日記風