<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2015/01/21 
 例の人社系の新研究科の件であるが、ともかく話はそれなりに進んではいる。しかしこの虚しさは何であろうか。はしゃいでいるのは学長だけ、両教授会の構成員は考えもしたくない。そんなうすら寒い光景が眼前に広がっている。誰がこんなことを望んだのか。貴重な労力を無駄に浪費した日々はいったい、何であったのか? そんな思いが脳裏を駆け巡る。
by larghetto7 | 2015-01-21 23:45 | 日記風
2015/01/19 月曜  本日代休
 昨日、一昨日とセンター試験があった。私は建前上、浦和西高会場の試験場の本部長だったので、朝5時起きで夜までお勤めしていた。といっても今年は事務方の手配も良く、アドミッションセンター員の先生もしっかりしていて、私の仕事はほとんどなかった。
 それでも夜型の私であるので、早起きでほとんど寝ていないで2日いたものだから、本日は疲れるであろう、と事前に予測し、代休を本日に充てておいた。
 朝、9時頃までよく寝ていた。起きたら陽がよくあたって暖かかった。
by larghetto7 | 2015-01-19 12:53 | 日記風
2014/01/14 水曜
d0028773_111484.jpg

 先日、ネット通販でパイロットの色雫というシリーズのインクの3色セット、というのを注文して手に入れた。色雫シリーズとして24種類の色のインクが売り出されている。そのうち3色好きなのを選んで3色セットとして買えるのである。1色のインク分量は少ないのであるが、インクは買って使ってみないと色合いが分からない。インクフロー(万年筆)によっても違うし、紙によっても違う。だからこの3色セットのように、お試しで買ってみることができると便利である。
 私は「深海」、「冬柿」、「紅葉」の3色を選んで注文した。

 私はこれまで、青系のインクを除くと、Orange Indien(オレンジ)とRouge Opera(赤)という、Herbin のインクを使っていた。冬柿はオレンジ、紅葉はRouge Opera の代替として考えたのである。試してみると両方ともかなり鮮やかな発色であり(インクフローのある万年筆を使っているせいもあるけれど)、結構いいですね、と思う。
 問題は「深海」である。このインクを以前から試してみたいと思っていた。他の色は私はこだわりはないけれど、どうしても青系は気になる。いろいろ買って、なかなか気に入らない。ヨーロッパ系のインクは青系のインクの色に赤みが多く、そこが気に入らないのである。
 Blue のインクとしては、私は色雫の「朝顔」を好んで使っている。朝顔も赤みはあるのであるが、このくっきりした青は他では代替できないように思う。
 問題は、インクの中心となるべき Blue Black である。Blue Black の赤みはどうしても気になる。赤みの少ないインクが欲しい。色雫シリーズでこれまで、Blue Blackに当たるのは「月夜」というインクだけだった。しかし「月夜」は緑が強く、結果として色が薄い。書いた跡の発色が気に入らない。最近買った Waterman のBlue Black(Mysterious Blueといっている)は「月夜」に近い色合いと思う。
 で、問題の「深海」である。使ってみたが、良さげである。
 入手しやすい Blue Black の中で私が一番良いと思うのは、Pelikan のBlue Blackである。Pelikan の Blue Black に比べると、深海は青に近く、やや色は薄い。深海の色合いに近いのは、私が知る中では Herbin の Bleu Nuit(Night Blue)かも知れない。ややマイルドなBlue Black である。しかし Bleu Nuit よりは赤みが少ない。
 比べてみると Pelikan の Blue Black の方が文字がくっきり残る。どちらがよいかは、難しいところではある。

 と、インクが気になる私ではあるが、実際には iPad で手書きすることが多いので、インクで実際に書くことはあまりないんですよ(トホホ)。
by larghetto7 | 2015-01-14 23:45 | 日記風
2015/01/11 日曜
2006年当時の私の意見  →  埼玉大学的将来
 
 上記は2006年当時の、このブログに書いた私の意見である(2006/08/15)。今読んでみて、どうですか?

 さても、今日は午前中、陽が当たって暖かかった。今のうちにポメラニアンのPちゃんを散歩に連れて行こうと思って、11時を少し過ぎたあたりに出かけた。Pちゃんは連れ出すと喜ぶのであるが、まっすぐは歩かない。同じ場所でウロウロ、グルグルして先に進まない。場所を移動したいときは抱えて行かなければならない。近くの農協直営所の駐車場でウロウロしたあと、田んぼのあるあたりまで連れ出した。途中、大きな犬の散歩とすれ違い、犬同士の挨拶もした。12時頃に家に戻った。
 ジャズのCDをかけてみたいとふと思って探したけれど、見当たらない。パリのジャズとかいうCDをかけたが、つまらなかった。ベニー・グッドマンはある程度良かった。が、他にあったのではないかと思えるが、見つからない。
 夜になってカミさんに、ビリー・ホリデーとかのCDがあったはずではないか、と言ってみた。私が屋根裏の物置に持って行ったんだろう、という。決死の覚悟で屋根裏に上って見てみると、確かにCDが結構積んであった。そこを探すとビリー・ホリデーの1枚はあったが、他はやはり見当たらない。結局、山口百恵の3枚、ビリー・ホリデーの1枚、ヘレン・メリルの1枚だけを持って戻って来た。
by larghetto7 | 2015-01-11 23:45 | 日記風
2015/01/08  木曜
今日の一首

     冬枯れて
     研究大学ごっこの 夢のあと  (ヒュー)
     それにつけても 金の欲しさよ (ヒュー ヒュー)
by larghetto7 | 2015-01-08 23:45 | 日記風
2015/01/07 水曜
今日の意見  →  2018年問題

by larghetto7 | 2015-01-07 23:45 | 日記風
2015/01/06 火曜
今日の意見  →  苦難の入り口

by larghetto7 | 2015-01-06 23:45 | 日記風
2015/01/03 土曜  毛長死去
 ちょうど17時、猫の毛長(けなが)が死去した。11月の中頃から病気が分かり、ずっと動物通院に通院を続けていた。大晦日の日まで毎日、点滴に通った。大晦日辺りで強制給餌も受け付けなくなっていた。それからは通院もやめてそっとしておくことにした。少しだけ強制給餌をしてみたが、拒絶して受け付けない。無理にあげても吐いてしまう。水を飲ませるくらいだった。年を越したときから、私は毛長の脇で寝袋を敷いて寝ていた。本日の午後、ほとんど動かなくなった。死ぬまでずっと毛長の手を握っていた。
 毛長は野良なのに長毛種だった。野良だったときに怪我をし、脚を切断したので、後ろ脚が1本しかない。しかし終始、性格の良い、行儀が良い猫だった。2階の部屋で、後足1本で高いところまで飛び上がっていた。
by larghetto7 | 2015-01-03 23:45 | 日記風
2015/01/01 木曜  元日
d0028773_0591286.jpg

by larghetto7 | 2015-01-01 23:45 | 日記風