<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2014/07/27 日曜
今日のフィクション    →  西荒川大学名誉教授擾乱

こういうのがありました  →  デジタル岩合

 授業が終わりかけている。本来なら成績処理の局面に入らないといけない。しかしなかなかその局面には至れない。
 毎回小テスト(Quiz)をやっている授業がある。面倒なのは、小テストをコメント付きで返却すると、記録を取っていかないといけないことである。スキャナでpdf化する。しかしこの作業が手間である。
 本日の午前中に小テストの答案を見ながらコメント書きをしていた。この部屋にはエアコンがないのに、今日はひどく暑い。文字通り汗が落ちてゆき、テスト用紙を濡らしてしまう。上に着ているTシャツがビショビショになっていた。まあ、これが夏ですなぁ、と考えた。
 大学ではこの時期、節電といってうるさい。しかし、単純に、エアコンを止めればよいではないですか。普通にエアコンが入っているという状況は最近のことである。学生の答案が汗でにじんでいるというのは、夏の風物詩だったではないですか。

by larghetto7 | 2014-07-27 13:11 | 日記風
2014/07/21 月曜  郷里で墓参
d0028773_21172355.jpg

 今朝、カミさんと息子は日光に一泊で旅行に出かけた。なぜ日光なのか、であるが、息子があそこはパワースポットだ、というのである(らしい)。
 私の方は郷里に墓参に出かけた。郷里と言っても、今の住所からは、電車で1時間ちょっとの場所である。父親の命日が近づいていて、毎年、この時期に墓参をすることにしている。外国に出た時を除いて、35年以上、この時期の墓参を続けている。
 小山で水戸線に乗り換えるのであるが、待ち時間が30分以上あったので、構内のBeck's という店に入ってアイスコーヒーを飲んだ。というより、タバコを吸えるところを探したと言った方が正確である。小山駅構内は整備されてかなり変わった。Beck's も、以前に入った時よりも広くなっている。
 気が付いたのは、席に電源が付いていることである。あ、これはいいですね。
 12:30より前にJR駅を降りた。いつものように駅前の巽坂を登ってお寺に行き、墓に行って花を添えて線香をあげた。ウチの墓のすぐ近くに、板谷波山の墓所があることに気が付いた。最近整備したらしい。
 そういえば、例年8月に行く会津のお墓のすぐ下には、伝・近藤勇の墓がある。
 本日墓参し、墓に損傷があることに気が付いた。3.11の震災は辛うじて持ったのであるが、この時期になって問題が表面化した、というべきだろう。お寺に行ってご住職(曹洞宗で、住職は住職以外の名称であるが)にお会いし、相談した。業者への見積もりをお願いした。
 帰りの電車に時間があったので、いつものように、というべきか、その近くの羽黒神社に行ってお賽銭をあげてきた。
 上に載せたのはJR駅前の通りである。私が子供の頃、この通り(稲荷町通り)は道路がもっと狭かったが、人や車の通りは多かった。今は、道路を広くしたのに人や車の通りは少なく、閑散としている。金をかけて道路を広くする必要はなかったと思うが、要するに、この辺に商店を持っているお宅にお金(立ち退き料)を回した、ということである。この辺の商店はほとんど、別の場所に商店を移したが、土地だけ持っていた。買い上げになるのを待っていた訳である。それで買い上げたのは、どうだったの?ということであろう。
by larghetto7 | 2014-07-21 23:45 | 日記風
2014/07/20 日曜
2008年のK理事のドラフト


 休日というけれど溜まった作業をこなさないといけない。私は現状で、学部長をした上に5コマの授業を持っている(実は非常勤もしている)。という訳で四苦八苦しながら授業のやりくりをしているのが現状である。
 なぜそんなに授業を担当しているのか、とよく聞かれる。理由は単純で、当初の心づもりでは5月頃に学部長を辞任する目算であったからである。
 想定した劇的辞任がなくなったのは、外的な展開が予想と異なったためである。とはいっても、このなりゆきも想定の範囲内であるから、仕方ないでしょうな。
 結果として、私は大変疲れることになったのであります。
by larghetto7 | 2014-07-20 23:45 | 日記風
2014/07/13 日曜
 和歌山県の白浜に南方熊楠の記念館がある。その近くに、なんと京都大学の水族館がある。以前、ついでであるのでその両方に行ったのであるが、両方ともなかなか感動させるものがあった。この水族館、商業色が少なく、書いてあるパネルの文章が昔の帝国大学教授風ではありませんか。ええ、いまどきそんなぁ、と思いましたが、なかなか味わえぬ感覚でありました。
 と書いたのは、たまたまニュースで、その水族館がリニューアルされたというからである。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140628/wlf14062814330023-n1.htm

水族館というのは、どこに行ってもそれなりの感動があります。陸上の動物園だと、ライオンやら象やら、どこに行ってもお決まりの人気者がいる。そういえば、その白浜近くのナントカパークというところでは、確かパンダが目玉でありましたな。しかし生物の多様性はむしろ、水族館の中に見られるのですわ。しかも水族館というのは、その付近に生息する生き物を展示するので、行く先々で違ったものを見せるのが常であります。


by larghetto7 | 2014-07-13 23:45 | 日記風
2014/07/06 日曜
 ふっ、7月になってしまったぜ。
 とはいうものの、6月でも7月でも変わらない。ナントカ症候群はまだ継続中である。金曜の夜も居間でそのまま寝てしまい、夜中に目を覚ました。結局、半ば徹夜で土曜を過ごしたが、土曜の夜も同様で、夕飯を食べた後に、気づかぬ間に板の間で寝てしまい、やはり夜中におきた。そのまま朝まで起きていたが、さすがに眠くなって、今度はちゃんと布団に入って寝たら、起きたのは12時近くだった。

 いやーぁ、あまり進歩がありませんね。進歩と書こうとして神父と書いてしまって消しましたが、進歩的神父なんていっても意味ないですよね。謎のロシア人ネブラスキーというのと同じですね。
 それでも、少落ち着いてものごとを整理する時間が出来たのは確かである。土曜日曜と、「行政的に」今何をする必要かをメモしながら整理し、なすべき点について関係者にメールを送ったのであるが、その送信メールが昨日から今日にかけ、計16本に上った。そのうち、まがりなりにも返事が来たのが3本である。私はメールを出すことで話を整理したいけれど、返事がないので宙ぶらりんで、いつになっても整理がつかない。
 そういいつつも、ここまでの経緯を振り返るといろいろ考えることがある。今、ウチの大学の上層部はある種の危機感があり、それがどうかはおくとして、ともかくあれこれをやることになっている。その判断時点での判断はそれで最適にやったということであろうが、それつないで線にしたときに、この線の引き方は合理的だったのか? ここでこうするなら、あそれはこうだったんじゃないの? ここがああなら、あそこでああはしないよね。そんなことが溜まっているんではないですか?

by larghetto7 | 2014-07-06 23:45 | 日記風