<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2014/06/29 日曜
 さても、このところ引き続き、私は「スーパーグローバル症候群」を引き摺っている。何のことはない、家で早く、ばたっと寝てしまい、夜中におきる、というパタンである。
 金曜はほとんど寝ていない状態で朝一の1年次必修科目を行い、少しの準備の後に団体さんで文科省に行っていた。当然疲れますが、大学に戻って事務長、三役で協議。その後、やっと帰ったのが夜で、夕飯を食べたらそのまま、板の間で寝入ってしまった。土曜は早朝というより夜中におきた。その日、午後に大宮学習センターで授業があったので、昼頃に出かけて、授業を2コマ行った。帰りに大宮西口のそごうに行って、無印良品店とLoftを眺めたが、金欠の現実には勝てず、何も買わずに帰ってきた。
 それからいろいろメールを書かないといけない。で、夕食を食べてメール書きをしようと思ったら、またそのまま板の間で寝てしまった。日曜、つまり今日はやはり夜中で、板の間で目を覚ました。
 という訳でこの週末、布団では寝ていない。

 まあ、それはともかく、(と、ここで買い物に出る。)
by Larghetto7 | 2014-06-29 23:45 | 日記風
2014/06/22 日曜
 さても、しばらくここに何も書いていないので、さぞアクセスが減ったかと思って久しぶりに入ったのであるが、なぜか、結構アクセスがありますね。このサイトにアクセスする人は、私を知っている人と知らない人に分かれるです。知らないのに入ってくるのは2つ理由があって、1つは猫関係。このブログにウチの猫の病気のことを書くものだから、猫病気のキーワードで検索するとこのブログに行きつくことがあるのでしょう。もう1つは、万年筆関係でしょうかね。万年筆とか、万年筆用のインクのことをよく書いていたので、同様に、その製品を検索するとこのブログに行き当たることがあるんだと思います。
 さて、しかし大半は私を知っている人であり、それがどういう構成になっているかという点は、まあ、何も言わない方がよいでありましょう、ほっほっほ。
 まあ何と言いますか、ここに書きたいけれども書けないことが、すごく多いんですよね。ですからまあ、もう一つ、匿名のサイトを作って、なんてこともあるかも知れませんね。

 さても、やはり今でもナントカ後遺症が残っていますな。疲れて家に帰るものだから、少しして板の間で寝入ってしまう。夜中に目を覚まして、そのままおきている、なんてことがやはり多いのですよ。布団で寝ている時間より、板の間の上で寝ている時間の方が長いです。だからどうも、疲れが抜けないという悪循環がありますな。
 なぜそうなるか。まそりゃ、忙しいから、としかいいようがないですが。

 という訳で、言いたいことはあるんですが、それを書いている時間がない。だから書かないのですが、どこかに私の分身が書くサイトがあって、そこでぜーんぶ書いている、なんてことはないと思いますよ。
 昨日から本日にかけ、やらないといけない仕事がいろいろあったんですが、結局、授業準備でpptを作っていたら過ぎてしまいましたね。その後で、ポメラニアンのPちゃんを散歩に連れて行き、それから2階の猫トイレの掃除をして、夜になって買い物ですわ。そう書くと呑気そうに見えるでしょうが、これがまた、結構、辛いものがあります。何れ、もうちょいと書いておきたいところですが、ほんま、あほらしいことが多いです。

by larghetto7 | 2014-06-22 23:45 | 日記風
2014/06/01 日曜
 とうとう6月になってしまったぜ、ふっ(男塾風に)。

 という訳で、一段落するというのはこういうことか、昨日は久しぶりに9時過ぎまで寝ていた。今日は、起きたら12時を過ぎていた。基本は睡眠である。この2週間ほど半病人のような状態であったが、やっと回復してきたような気がする。
 ポメラニアンのPちゃんを散歩に連れて行こうと思ったが、夏のような日差しでなかなかその気にはなれなかった。やっと散歩に連れ出したのは17時頃になってからである。

 やっと普通の教員生活に戻った感じがして、その気分で昨日やったのが、授業の小テストへのコメント書きであった。そうこうしながらよく考えると、期限が迫った仕事はたくさんあることに気づく。
 コメントはRecifeのCrystal にHerbin の Orange Indien というインクを入れたものを使う。赤インクは安っぽい気がするのでオレンジのインクを使う。書きながら、万年筆で紙に書く快感が手に伝わってくる。このところ iPad の手書きソフトを使うのであるが、紙に書くときのペン先の摩擦の感触がないのが、どうにも物足りない。
by larghetto7 | 2014-06-01 23:45 | 日記風