<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2013/11/30 土曜
会合の一コマ

 昨日、教授会の合間に学長・理事の訪問があり、ある件についての説明と質疑があった。議論は今後、部内でやることになるだろう。これまで、部内で提供される情報は曖昧であること甚だしかった。把握可能な説明を受けたことは1つの進歩だろう。ただ同時に、あまりに大きな課題もハッキリしてきた。
 明確になったことの1つは、2つの旧組織が別々にやる、ということではなく、完成には時間があるものの、統一した組織として設計すべきである、という点である。

 昨日、成城の奥田さんより、研修で抜ける分の非常勤の依頼があった。お久しぶりであった。奥田さんからは社会心理学を教えてもらった立場なので、「いいですよ」と返事した。詳細はメールで出したということであったが、届いていない。

 このところ、昼間は晴れて夜が寒い、という日が続いている気がする。昨夜も同じパタンではあったが、それほど寒くはないと感じた。しかし上の娘が風邪をひいており、昨夜は私もいくぶん風邪気味と感じた。うっかりして風邪薬を昨夜飲むことを忘れた。
by larghetto7 | 2013-11-30 23:45 | 日記風
2013/11/29 金曜
医学部

by larghetto7 | 2013-11-29 23:45 | 日記風
2013/11/28 木曜
 先日、大学で導入しているWebClassが学外からも使えるようになったかどうかを、学務係を介して問い合わせた。使えるようになったと先週末に返事があった。その後を追うように、正式な連絡が回覧された。
 という訳で、この前の週末から、WebClassをいじり始めている。
 私は、グローバル事業関連で朝日ネットのmanabaというシステムを使っていた。manabaの売りは、使う機能を絞り込んでシンプルにし、利用率を上げることであると聞いていた。逆説的だが、WebClassをいじってはじめて、manabaの売りを実感する。
 WebClassは便利な機能が多いが、はっきりいって使わない。機能が多い分、メニュー体系が複雑であり、やりたいことをする方法を見つけるのが難しい。これでは利用率は上がらない。ソフトと同様に、この種のシステムは、どのように使うかが直感的にすぐに把握できるようにしておかないと、誰も使わずに終わってしまう。導入を決めたときに、誰が、何を考えて、何と比較して判断したか、の問題だろう。
 使い方によってはWebClassが正解だったかもしれない。重要なのは、どのような使い方をすることをイメージしたか、である。
 WebClass自体の問題だけではない。WebClassを使うには、WebClassのマニュアルとともに、大学としてどのような設定にしたかの情報が必要である。しかし設定についてはその都度問い合わせないといけない状態である。
 なすべき手順を省略すべきではなかった。
by larghetto7 | 2013-11-28 23:45 | 日記風
2013/11/24 日曜
教育の質的転換


 昨日、カミさんの誕生日ということで、例によってケーキを買ってきて、夜、家族で食べた。ポメラニアンのPちゃんにも、最近家猫になったツナちゃんにも、クリームをなめさせた。よくなめた。

 今朝、宅配便で Sailor の万年筆、Professional Gear のシルバーのスケルトンが届いた。もともと高い価格帯の製品ではない。が、先日ネットで、通常より安かったのでつられて注文したのである。早速、Pilot のインクの朝顔を入れてみた。
 ペン先は太字である。実はペン先は悩ましい。私が良いのは、ヨーロッパ系のペンのM(中字)である。しかし日本の万年筆はしばしば、Mがヨーロッパ系のFに相当する。私はPlatinumの3776が好きなのであるが(握った感じと重心がちょうど良い)、Mで買うと細過ぎて、結局、3776のB(太字)しか使わないことになる。ただし、Pilot の万年筆だと、Mでヨーロッパ系のMに相当しているかも知れない。
 日本は漢字を使うから、アルファベットだけの西洋と比べると、ペン先は細い必要があるのだろう。しかし私の場合、細いとペン先がコントロールしにくいのである。
 入手したSailor万年筆については、感じは良い。一見するとPilot のプラレと似ているのがやや悔しい。
 手書きが好きな私ではあるが、現状で私の手書きの多くはiPadで行っている。果たしてどれほど使うか、という問題がある。とはいえ、紙にペンで書く快い感触は、iPadにはないのである。
by larghetto7 | 2013-11-24 23:45 | 日記風
2013/11/22 金曜
 少し前、海上自衛官の三宅由佳莉という歌手がCDデヴューし、人気が高い、という記事を目にした。へぇ~と思って、YouTubeでアップされた動画を見たところ、確かにかわいい。
 で、昨日、Apple Store で探したところ、「祈り」というアルバムが出ていたので、思わず購入してしまった。2000円。ふっ、無駄な出費だったぜ(でも買うといいです)。
 アルバムの中身は、ほぼ、YouTubeに出ていた曲目であった。
 三宅由佳莉という方は、歌手としての力量がどうなのかは、私には分からない。基本がクラシックのソプラノである。だから、そういう人ならこんなものなのか、うまいのか、その点は評価できない。
 ただ、ソプラノですから、マイクなしの歌など、歌謡曲の歌手に比べて声量があるし、なかなか出せないソプラノの音域を歌ってしまう訳なので、あっ凄いなと感じてしまいます。坂元冬美で有名になった「まだ君に恋してる」がYouTubeに出ていましたが、高音域を平気で出しちゃいますね。
 メインの「祈り」という歌は、例えば Stand Alone (坂の上の雲の)などに比べると、さびが一か所あるだけだし、歌詞の語彙もいまいちの感じですが、でも良いです。
 なんというか、清楚でかわいくて、しかも制服で歌っているでしょ。こういうのって、特にガンダム世代には、たまんないでしょうね。
 それと、彼女が一員である海上自衛隊のウィンド・アンサンブルが一緒に登場するのですが、このアンサンブルも水準の高い音楽集団なのが分かります。
by larghetto7 | 2013-11-22 23:45 | 日記風
2013/11/21 木曜
地方国大ブラック対応事情

by larghetto7 | 2013-11-21 04:12 | 日記風
2013/11/20 水曜
 最近、2種類の質問をよく受ける。「なぜ高木はグローバル事業から抜けたのか?」と「なぜ高木はグローバル・ガバナンス専修から抜けた(現代社会専修に戻った)のか?」である。この2つは別個でなく、私の中ではつながっていますけれどね。FAQのつもりで書いておきましょう。

Q.なぜグローバル事業から抜けたのか?
A. 簡単に言うと、申請書を私が書いたときとは違ったものになってしまった、ということですわ。そこから先は差し障りがありますからね。また、私は学部で「室長」でしたが、実態があった訳ではなく、重要な情報も知らされていなかった。雑用を担っていただけ、というのが認識です。それなら他の人でやってよ、です。
 上からの慰留も一切ありませんでしたし、私が抜けるのはうれしかったんでしょう。

Q.なぜグローバル・ガバナンス専修から抜けた(現代社会専修に戻った)のか?
 これは、まあ、有難くも、現代社会専修からお誘いを受けた、ということです。それ以上は差し障りがありますよね。実際問題は、まあ、あそこは天皇制ですから、私の居場所はなかったですね。現代社会にいれば、テーマ的に、卒論指導などもしやすいですし。
 なお、退職するまでは、私はGG専修で卒論指導する可能性は残ることになります。開講する授業も基本的には継続です。その意味で、学生の方々にはご迷惑はおかけしません。
by larghetto7 | 2013-11-20 23:45 | 日記風
2013/11/19 火曜
 ま、なんですな。
 悪名は主謀者である私がひとりで引き受けることですから、教養学部の先生方には自由にご判断いただきたいですな。
by larghetto7 | 2013-11-19 23:45 | 日記風
2013/11/18 月曜
 まあ、なんですなぁ。ウチの学部的には、直近の課題になっているナントカ人材〇〇に専念したいものですなぁ。これ、学部全体で取り組み、かなりの苦労をすることになるはずですが、それに専念することを許されない、という事情がありますな。他のことをやれ、学部の一部だけのことにしろと、まあ、それって提出した話と違いますもんね。予算の使い方もお上を欺くことになりかねない。まあ、本来なら、大変なことですから、ここに専念して成果を上げる、少なくともその端緒を作り、その上で大学院を含めた再組織化の設計に持って行く。それでもすごく背伸びすることなんですけどね。
 これ、採択された直後から、将来計画としてやれ、とは申し上げていたんですよね。が、そうはならなかった。何も出さなかった。そのうちに、後からなんだかんだになっちゃった、ってな経過ですな。アホな展開でありました。そのタイミングでちゃんとやらなかった、そのツケと言えるのでしょうな。
by larghetto7 | 2013-11-18 23:45 | 日記風
2013/11/17  日曜
 この土日、編入試験があり、朝早くから大学に詰めていた。その業務の合間に他の仕事をすることはできない訳ではないけれど、細々とした仕事が入ってくるので、結局、入試業務に専念するしかなかった。通常、私は土日に、次の週の授業の準備(多くはパワポ作り)をするけれども、今週はこの状況であるから、今から何とかしないといけない。土日が潰れると結構キツいスケジュールになってしまう。休まらない。
by larghetto7 | 2013-11-17 23:45 | 日記風