<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2013/05/26 日曜
今日のフィクション  →  リサーチ・ユニバーシティ

 授業が月曜から水曜の間にある。そのため、授業の準備を土日に固めてやっている。昨日は火曜2限と5限のPowerPoint作りをしていた。今日の日曜は月曜4限5限用の資料と、水曜の授業の資料作りをしていた。後は火曜4限用に本を読んでおくことである。
 夕方近く、ポメラニアンのPちゃんを散歩に連れて行った。息子が田んぼでタニシか何かを取って家に持ち帰って来た。
by larghetto7 | 2013-05-26 23:45 | 日記風
2013/05/25  土曜  小学校運動会
今日のフィクション  →  あれ


d0028773_221337.jpg

 本日、小学校で運動会があった。11時頃にカミさんと一緒に弁当を持って小学校に行った。息子は足が遅いので競争は見て欲しくなさそうで、その後の騎馬戦の辺りから見に行ったのであった。昼に3人でおにぎりなどを食べた。
by larghetto7 | 2013-05-25 23:45 | 日記風
2013/05/18 土曜
 昨日は私の結婚記念日だったのであるが、上の娘がそれを知ってタルトのケーキを買ってきた。今夜、夕食の後でみんなで食べた。ポメラニアンのPちゃんにも少しなめさせた。Pちゃんは先月の下の娘の誕生日ケーキも少しなめたように思う。
by larghetto7 | 2013-05-18 23:45 | 日記風
2013/05/15 水曜
 久しぶりにネット通販で注文したインクが昨日届いた。注文したのはエルバン社(Herbin)のBlue Ocean という、1670記念とかで発売されたインクである。エルバンの創業が1670だというのだろう。うーん、J.S.バッハが生まれる少し前ですねぇ。でも室町時代創業には負けますねぇ。建築の金剛組なんて、飛鳥時代ですもんねぇ。ともかく、エルバンのインクは、瓶は格好良いのであるが、実は色は私は気に入らない。エルバンに限らず、ヨーロッパ系のインクのBlueは、赤みが強過ぎる。エルバンで Blue Blackに近いのは Bleu Nuit (Night Blue)であるが、こいつもBlueというより紫に近い。
 それはそれなりに理由があるのだろう。確かに、赤みがあった方が発色は明確になる。ただ、まあこれって浮世絵の国の色彩感覚なのか、青なのに赤みがかっているというその不純な発色がどうも気に入らない。青は静謐な色である。赤みがあるとその静謐さが失われ、にやけた感じになる。その不純さが気に入らない。まあなんか、粋の構造の江戸紫と京紫のような話ですけど。
 で、今度のインクはOcean Blue というので、期待した。青っぽい青で欲しいと思った。
 届いて昨日、早速試してみたが、「ああ、またダメだ」と思った。やはり赤みが強く、Bleu Nuitとあまり変わらない。Bleu Nuitよりは黒味が少なく青に近いとはいえるが、目が覚めるような青とは、まったく言えない。
 使えない訳でもないので、Pelikan の元祖ペリスケの1本に入れて、少し使った。本日、ある院生の書類にサインしたのは、このエルバンのBlue Ocean であります。
 インクは2階の私の部屋の、インクの引出に入れていたのであるが、引出に入りきれずに、居間に持ち込んでいる。下の写真は、その、居間に持ち込んだインクである。それだけインクがあるのであるが、今はiPadの手書きを使っているせいか、実は紙に書くインクはほとんど使わないのであります。
d0028773_034664.jpg

by larghetto7 | 2013-05-15 23:45 | 日記風
2013/05/12 日曜
今日のフィクション  →  太平洋戦争


 昨日は一日中、小雨が続いた。寒くはないが、気温もそれなりに低かったように思う。今日は朝から(といっても起きるのは遅かった)晴れである。いつものようにポメラニアンのPちゃんを連れて散歩に出かけた。
 今、業務上の必要であるSNSを管理しているのでありますが、それだけでかなりの時間と労力がかかりますです。

 今、大学である件があって、いろいろ話は出てきます。何がまずいかというのは、それぞれですな。文系の方はまあ、これでは動きにくくなるでしょう、展開にブレーキがかかるでしょう、ということですな。
 理系の方はよう分かりません。少し伺ったのは、現行の最低ラインが学力的に限界じゃないの、という感想が多い、ということでしたね。私「まあ、そりゃ、今までのようにやろうとするからでしょ。コースワーク中心で、高校のようにやるんでしょう」。うーん、まあ、それは嫌なんでしょうね。
 ただ、この問題が教育のグローバル化の本質でありますな。今までは内輪の了解で質保証が認められたところがあった訳ですが、そうもいかなくなると、エビデンスを示す、ということになる。講義でなくてもよいのですが、何のために何をしたのかをちゃんと示すようになると、教えるというのもだんだんと重荷になって行きます。現状でも十分重いですが。
by larghetto7 | 2013-05-12 23:45 | 日記風
2013/05/05  日曜
 本日、科研費の実施報告書をせかされていたので、e-Radに入って出そうと思った。しかし、まず収支報告なんですね。収支の数字を持っていないのであきらめた。
 という訳で本日は、ポメラニアンのPちゃんの散歩と、庭の草むしりで過ごした。
 草むしりばかりもしていられないので、授業の準備に時間を充てた。まずゲーム理論ですね。なぜ私がゲーム理論の授業をやっているか、ですが。しかしやってみると、私がやるのはいいかもね。
 練習問題の解説をパワポに書いていったが、認識をあらたにするところもある。こういうのって、面白いですね。基本的に論理操作であり、えっなぜ?って思うところを分かるようにしてゆく。このところ、正直言って知的な活動からは遠ざかっていますので、わずかな刺激になりますですたい。
by larghetto7 | 2013-05-05 23:45 | 日記風
2013/05/04 土曜
今日のノンフィクション → 国立大学改革強化推進事業

 ネットを眺めていたら「ネガポ辞典」という話に出会った。北海道の大学生女子が作ったとかで、ネガティヴな言葉をポジティヴに言い換える辞典、という。なるほど。営業の人などは、こういうポジティヴ変換をしていますよね。iPhoneアプリでWindowsではインストールできない。iPadなら可能かと思い、App Store を探してみたら、iPhone アプリとして見つけた。iPhoneアプリはiPadでインストールできると思い、インストールしてみたら、できた。
 試してみると、参考になる。「がめつい」は「細部にまで気を配ることが出来る」、「度胸がある」、「素直」となる。「計画性がない」は「行動力がある」、「土壇場に強い」、「常に背水の陣」である。使用例が載っていて、「こんなことで怒るなんて、心が狭いんじゃないの?」は、「こんなところまで気が付くなんて、細部までよく気を配れる人なんだなー」となる。
 50音順で眺めていると、「恥知らず」が「周りに流されない」、「腹黒い」は「笑顔が似合う」、「不誠実」は「柔軟性がある」。これで実際の対象を文章にしたい気がしますが、止めときましょう。
by larghetto7 | 2013-05-04 23:45 | 日記風
2013/05/03  金曜
                      
雲の下の坂
を新設しました。これ、小人閑居して不善をなすと申すべきところ。それと、次ね。
          
亀次郎時局抄録

by larghetto7 | 2013-05-03 23:45 | 日記風
2013/05/02 木曜
 ある同僚が〇〇室というところに何かの用で行ったらしい。何かの話の中で「~にこの前行ったけれど」と前置きして「だいぶ雰囲気が悪かった」という。ああ、あんたもそう思うの、と私は返した。実は私も、あそこに行って良い気分だったことはない。何かの用である方に話を聞きに行くと、なぜか何とかさんかその子分のような人が出てきて、話の中に入ってくる。それは私たちの管轄だ、という。その展開になると周囲の人間は下を向く。私も内部の分担は分からないので、ああそうですか、の対応になるが、それで話を預けて返事が帰ってきたことはない。この前は仕方なしに〇〇長を通して〇長に問い合わせたが、その扱いもいつまでもはっきりせず、結局、よく分からない話で終わった。
 いつぞやは、あれは私の管轄だから勝手に話をされては困る、と申し入れられた。そいつは大学の規則の文面と違う話なので、上司の方に確認に行ったが、私の理解で間違いはないと確認してもらった。ただその件はその後ももめていたらしく、最終的にどうなったのかは、私は知らない。
 事情が分かった方からたまに善意の連絡を頂く。業者を通した方が早く進みますよ、というお話もあった。
 何なのだろう?

 まあ、フィクションはそれくらいにして、次はリアな話である。
 このところ、なぜか、国立大学改革促進事業についてネットでいろいろ検索していた。その過程で大変常識的な議論を見つけた。三重大学学長、国立大学財務・経営センター理事長を経て、今は鈴鹿医療科学大学学長をされているという、豊田長康という方のブログである。「加速する大学の2極化と地方大学」というテーマにご意見を発信されている。特に興味のある記載を取り出すと、次であります。
  その1
  その4
  その5

特に2番目の記載で、学内での選択と集中の仕方、それができない場合の連携・統合について触れている。そこに踏み込めるかどうかが、大学としての判断でありましょう。ポイントは、時間であります。
by larghetto7 | 2013-05-02 23:45 | 日記風
2013/05/01  水曜
 このサイトは、ずっと書かないでいましたのでアクセスは減りましたが、ここんとこ書き始めたせいで、ある程度戻ってきました。
 なぜ、このところ変な忙しさがあるかというと、同業者はよくわかる、Chicken Game の chicken をやっている、といったところですな。なんとかの〇〇をとったのは良かったんですが、ちゃんと管理されない。関係ないことに湯水のように使ってしまう人も出るんですよ。いや、あくまでフィクションですよ。それで「私は(どこかの)理事と(どこかの)学部長にオーソライズされている」などと言うものですから(そうなのかも知れないが)、手が付けられないんですな。身内の渡航費はビジネスクラスにするしね。そこでまあ、何の権限もないところでちゃんと管理するようにしようとすると、手間はかかりますわ。 二八の法則の、二がもっと小さい、という状況ですな。
 何に手間がかかるかというと、連絡。問合せをしてすぐに返事があることは稀ですわな。まあ仕方ないです。先方も仕事で忙しいことが多いですから。しかし問合せをしてそのままになり、そういうことが累積して来ると、現状がどうなのか、わかんなくなるでしょ。そこはナントカしないといけないので、手はうって頂く予定ではあります。そこが突破できれば、普通に忙しい、という話になるでありましょう。
 あとは、どこで手を引くか、そのタイミングですな。引けるところで引く。しかし、犠牲の多いタダ働きであります。頭に来ますよね。忙しいと言って人を付けさせながら、他大学で目いっぱいの非常勤で小遣い稼ぎをしている人も、まあ、世の中にはいる訳ですから。控えるでしょ、普通。
by larghetto7 | 2013-05-01 23:45 | 日記風