<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2012/12/31 月曜  年末のベートーヴェン
 年末に世間ではベト9をやるせいか、たぶん2週間ほど前、iTunes経由でベートーヴェンの第9交響曲を買おうと思った。
 昔のカセットを除き、家にあるベト9のCDは、バーンスタイン=ウィーンフィルの全集と、伝説のフルトベングラーの演奏(足音付き)だけであると思う。
 iTunesで買える曲は種類が限られている。ハイティンク指揮のロンドン響というのが1500円で買えるので買おうと思ったが、交響曲全集だと3000円だという。ちょっと考えて全集を買った。
 ベルナルド・ハイティンクという指揮者は永く、コンセルトヘボウを指揮していた名指揮者である。Philipsでよく売りに出ていた。昔、幻想交響曲を10曲くらい、FMのエアチェックで集めて聴き比べていたが(ヒマだったんですね)、一番良かったのがハイティンクの指揮だった。それ以来、良い印象を持っていた。
 オーケストラがロンドン響である。英国の4大オーケストラの1つであるから、文句はないのであるが、どう考えるかはよく分からない。確か、指揮者のチェリビダッケが初来日したときのオーケストラがロンドン響だったように思う。チェリビダッケがああいう音楽だから、重厚というよりは澄んだ音色を出す、という先入観がある。また、私が学生の頃、オイゲン・ヨーフムがロンドン響でベト全集を録音していて、第9の演奏もFMエアチェックしたように思う。ただしロンドンフィルの方だったかも知れない。ヨーフムの演奏と言うのも、重厚というよりは軽めの音だったような気がするけれど、そもそもベートーヴェンの曲をかつてのように大規模では演奏しなくなったのであるから、それで良いのだろう。
 購入してから、ハイティンク=ロンドン響の全集をすでに何度か、通して聴いた。演奏がどうのなどと、私が言えることではない。
 年末にベトベンというのは、分かりますね。普通、作曲家と言うのは、晩年になると諦観に満ちた音楽とか、鬼気迫る音楽とか、作るじゃないですか。ベートーヴェンと言うのは、ずっと病気だったし、金欠に苦しんだときもありますが、いつでもポジティヴでしょ。
 交響曲について言えば、ベトちゃんの創作力が落ちた時期の曲はない訳ですよね。8番を書いたのが、私の記憶では1812年くらいでしょうか? その後に創作が落ち込む訳ですが、晩年に再び、異なった次元の音楽を作り出した。その時期の唯一の交響曲がベト9ですが、傑作の森の頃のような第1、2楽章と、ミサ・ソレムニスのような雰囲気の第3楽章を経て、あれがよいかどうかは人によりますが、年末向けの第4楽章になる。やっぱ、年末はベト9であります。
by larghetto7 | 2012-12-31 23:45 | 日記風
2012/12/29 土曜  年賀状
 昨日は御用納めの日であった。大学には行った。事務方は結構忙しくしている。生協に行って注文したかったが、あいにく閉まっていた。文字通りしまったである。御用納めとはいえ、結構、やるべきことがあった。
 家に戻って、猫の世話をしてから、やおら年賀状の準備にかかった。
 昨年までは学部長だったので、実際忙しく、年賀状を世間並みに準備する時間がなかった。だから仕方ないと自分に言い聞かせていたけれど、今年は学部長でもないのに、やはり年賀状を作るのが遅れた。
 私がSourceNextの「筆王」というソフトを使っている。理由は単純で、やらなくちゃ、と思ってすぐにダウンロードできるのがSourceNextのソフトであっただけのことである。このソフトには毎年依存しているのではあるが、正直、使い勝手は良くない。これをやろうと思って右クリックすればできるのが常識なのに、できない。これどうやるの?といってあちこちいじり回る毎年であります。
 まず今年分のダウンロードから始まる、という1年前の記憶がすんなりとよみがえる。まるで昨日のことのようである。で、年賀状なんて、デザインを凝ってもそれまでさ、という諦観にとらわれ、デザインもさっさと決まった。カミさんに見せてOKだったので、それ以上は考えない。喪中はがきでスキップすべき宛先を除いて、少し印刷したが、すぐにやめた。なかなか気持ちが続かんですたい。

 で、年賀状書きは今日になって本格的に始めたのであります。今年も、だいぶ遅れて年賀状が着くことになるだろう。
by larghetto7 | 2012-12-29 23:45 | 日記風
2012/12/25 火曜
私が自発的に観るテレビ番組は、ニュースと大河ドラマくらいである。大河ドラマは毎年、そこそこ面白いが、今年の『平清盛』はかなり面白かった。けれども、視聴率が低かった、そこは意外に思う。
画面が汚いというのが批判であったが、あの方法は『龍馬伝』と同じである。かなり凝った作り方だから、『水戸黄門』がよいと思う人には不満かも知れないが、あれがつまらないと言い出す人の気持ちは理解できない。
『平清盛』は冒頭の映像から凄いし、あのテーマ曲には興奮を覚えた。ピアノが入るあのテーマ曲を最初に聴いて連想したのは、ラヴェルのピアノ協奏曲である。曲想が似ているでもないのであるが、なぜかそう思った。後で知ったのは、ピアノが館野泉だったらしいことである。ということは、片手で弾いていたのか。私が連想したのは、まさに、左手のためのピアノ協奏曲の方である。
あの、仏御前が出てきた回の、あの暗闇の中の色彩、いかれてしまった清盛など、まあ、凄かったと思いますねぇ。でも、それでは視聴率は、ダメなんでしょうかねぇ。
by larghetto7 | 2012-12-25 23:45 | 日記風
2012/12/24 月曜
衆議院議員選挙が終わってだいぶ経ったように思うが、つい1週間前のことだったのだな、と思う。民主党の大敗で終わったあの選挙は、もし野田首相が解散を遅らせたらどうなったのか? あの時点での解散判断は、維新の体制が整う前に手を打つためだったのだろう、と思う。解散を早めた分、維新の議席は抑えられたけれども、抑えた分の議席は自民党に行った、ということではなかったか。民主党の議席は同じだったんだろうと思う。
思えば、民主党政権は発足時点から変だった。私の記憶に残っている第1は、政治主導、官僚打破を掲げたことだった。まずこの点が変であった。通常、官僚制を批判するときは、社会の決定をマーケットに委ねる主張になる。ところが民主党政権は市場原理に背を向けて発足している。そもそもこの点が理解不能であった。官僚は政治家の部下なのだから、政治主導をうたって官僚を批判するのは筋が通らない。
案の定、鳩山は考えられる限りで最低の首相だった。いい人だろうとは思いますが。と思ったが、菅首相もひどかった。あんなに能力がないとは思わなかった。
野田首相は、比較の問題として、かなり良かった、というか、普通の首相だったろう。選挙には負けたが、増税したのだから、そこは仕方ない。
ただ、この間、わずか3年ちょっとの間に、政権が目指すものはえらく変化したように思う。最初のうちは小沢一郎が羽振りをきかせたが、民主党内の抗争で排除された。菅首相の辺りから財務省の意向が全面に出て来た。野田首相は良かったとは思うが、政権を取ったときの民主党の延長上にあったようには思えない。
まあ、この間、私を含め、国民はこの様を眺めて、それなりに楽しんだんでしょうな。
by larghetto7 | 2012-12-25 02:54 | 日記風
2012/12/23. 日曜
宝塚の安田先生の奥様から電話があり、丹波の黒豆の話をした。ウチからは夏に埼玉の梨を送り、年末に黒豆を送ってもらう、という習慣が何年も続いている。最近は豆を煮る家が減ったそうであるが、我が家ではカミさんの習性か、豆を煮るのが普通になっている。
授業が年末で休みに入り、その意味では楽になったが、学生の論文指導は今がピークであるから、単に授業の準備をする方が楽だなと思う。

この Excite blog にFacebook機能というのがあり、試しにオンにしてみたのですが、確かにこの記載にリンクが貼られましたね。
by larghetto7 | 2012-12-23 23:45 | 日記風
2012/12/22. 土曜
先日、iPadの第4世代、というのを買って、数日放置いていた。昨夜、セットアップしてみた。既存機のiCloudのバックアップが働くので、セットアップは簡単だった。
iPad2を買ってちょうど1年になった。そろそろ買い替えだろう、と思い、買ったのであります。PCよりiPadを使っている方が長い。実際、この記載もiPadで書いている。むろん、PCの方が使いやすいですけどね。しかし、気軽に使えるので、どうしてもiPadに流れますわな。
これまで使っていたiPad2はretinaでないのですが、新たな第4世代はretinaのはずで、確かに画面がきれいです。ただ、今まででも良かったし、まあ、そんなに恩恵はないです。文字はきれいになった。手書きも詳細になった感じです。しかし、悪いこともある。画素が上がったからか、今までblue blackに見えていた色が、ヨーロッパのインクみたいに、ややお赤みがかるというか、紫が強くなった。ここは色の好みの問題でありますが、そこは前の方が良かった。
第4世代になって良いのは、free のメモリが上がったことですかな。これまでは、free memoryがすぐにゼロに近づいたんですよ。
まあそれに、まだ十分使えるiPadが、1台余っているというのは、何となく間抜けな感じがしますですたい。
by larghetto7 | 2012-12-22 23:45 | 日記風