<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2011/01/30 日曜
 9時20分頃におきた。晴れ。風もない。しかし気温が低い。
 午前中は陽が当たっていたけれど、午後になると雲が出てきた。雪雲のように思えた。
 夕方になると気温が落ちた。天気予報を見ると明日の朝はマイナス4度まで下がるという。
 そのまま雪になるかというと、そうではなかった。夜になると空は晴れ、星が見える。風もない。しんとして、冷える。
by larghetto7 | 2011-01-30 23:45 | 日記風
2011/01/29 土曜
 さても、昨夜はたぶん1時頃に急に眠くなって風呂に入らず寝た。すぐに寝入ったようである。
 今朝は9時頃に目を覚ました。カミさんはPTAか何かの用があるとかで、私が起きた時には家にいなかった。
 晴れて穏やか。しかし水は氷を張っている。
 猫たちに食糧をあげる。

 学部長になってからの私の思考のサイクルは、教授会の日程に従う。教授会と教授会の間に次の教授会にかける中身を整理し、教授会に臨む、というテンポである。教授会が長引くことで不満も上がるので、どこで時間を削減するかをいつも考える。
 昨日の場合、朝からの会議でそれぞれ不安材料があったのであるが、不思議とクリアできた。
 2つの某委員会の後、14:05に修士分科会で始まったが、教授会が終わったのが16:05であるから、最近の事例の中でも短かった方である。
 話すべきことを話すという制約で教授会の時間短縮をする方策をかなり進めた。さらに短縮するとすれば学部長決裁事項を増やすことであるが、それは私はやっていない。将来的にだれかがやれば、それで時間はさらに短縮できる。
 教授会で学部規程が定まった。おかげで次の作業に移れるけれど、それがまた、量的に大きい。
 今回の改訂は全学での学士課程改訂に従ったものである。その学士課程改訂にどれほどの意味があったかといえば、それほどなかったろうと私は思う。評価点をいうなら、(あまり使いたくない言葉であるが)教育面でPDCAサイクルが作動するための出発点を作ったことである。その意味は小さくない。成果を問題にするなら、その後の運用がちゃんとできるかどうかにかかっている。
 昨夜は並行して細かな対応事項があり、大学を出て帰路についたのは21:15頃だった。

 この土日は別件で時間を使う。
by larghetto7 | 2011-01-29 12:34 | 日記風
2011/01/23 日曜
 このところ密かにプログラミングの作業をしている。このところ研究時間は取れないので、プログラミング言語をいじっていなかった。実は昔作ったシミュレーションのプログラムを今の規格に合わせたいと考えた。
 もとのプログラムというのは、懐かしのTurbo Pascalのプログラムである。以前、このプログラムを、Turbo Pascalの後継である Borland Delphiに移植しようとした。
 ところが、そのとき、壁にぶち当たった。DOS版のTurbo Pascalでは取れていた変数の配列が、Windows版のDelphi(当時はDelphi 2.0)では取れなかったのである。そこでいろいろ、書籍で裏道を探し、特殊なルーチンを使って大きな配列を取り、Delphi 2.0で動かした。この場合、配列に入るべき値を関数で呼び出すようにしていた。
 ただ、今のWindows環境では、Delphi 2.0当時の裏技は使えない。そこで、このプログラム、大きな改作を要するために、放っておくことになったのである。
 この間にOSも変わった。言語は、どうしてもOSの影響を受けてしまうのである。
 ここで気を取り直して、最近のDelphiでコンパイルできる形に、元のプログラムを移植しようとしていた。
 今使えるのはDelphi 2007とDelphi 2009である。昨夜(というか今朝)までの結果では、以前のプログラムと同じ動作であればDelphi 2007/2009で扱えるまでに整理された。
 なんというか、Windows版になってからは、以前のTurbo Pascalのときのように、ベタでプログラムを書いて動くようにはならない。通常計算用には甚だ不便になった。しかもヴァージョンが頻繁に代わり、変わるごとに環境や制約も変わるので、参考書もついてきていない。これを読めばいいよ、というのは、事実上皆無である。
 しかし、この間にCPUが良くなっているので、実行速度はえらく早くなった。
 それにしても、最近の売り物になっているプログラム言語は、Winアプリを作ることを前提にしているから機能がいろいろ付いている。各種のコンポーネントを付けられる。それらをコントロールする機能が一緒に動いているから、重くて、しかもその機能のほとんどは使わない。統合環境で、あるコンポーネントの名称を変えるとそのコンポーネントを呼び出す手続きも変更してくれるのはよいが、ソースコードに入っている分は変わっていない。そんな面倒くささがあって、これを使って授業をするというのは、難しくなった。

 さて、今朝起きたのは9時20分頃。晴れている。割と暖かいが風もある。猫たちに食糧をあげる。
 10時台に近くのセヴンーイレヴンに行ってタバコを買ってくる。そのうちにカミさんが起きてくる。
 昨日の続きをあれこれ考え、仕事は進まない。
 昨日と同じように、13時45分にPちゃんを連れて散歩に出かける。昨日と違って郵便局の先の方に歩き、自転車道の近くまで行く。Pちゃんは例によって同じところをグルグルとランダムウォークする。先に進むためには抱いて行かないといけない。これまた昨日と同様に、15時25分頃に帰宅した。帰りにやはり犬を連れたHさんと会う。
 プログラムいじり。
 
by larghetto7 | 2011-01-23 12:34 | 日記風
2011/01/20 木曜  代休
 本日、センター試験休日業務の代休で、休みとした。久しぶりに家にいる。
 思えば、副学部長のときまでは、私は木曜が「自宅研修日」であったことを思い出す。授業はないし会議もないことが多かったので、自宅にいることが多かったと思う。副学部長のときに木曜に大学に出るのは「学部長補佐会」のときだけだった。
 最近は平日、家にいられることはない。自宅研修といって家にいることもできるかも知れないが、それでは仕事がたまって、結局大変になってしまうのである。
 外から見ると分からないだろうけれど、こまごまとした用が多い。正直、他の何れかの教員がやるべき仕事が多いのであるが、任せても結果は良くないので、私がやるはめになる。教員は業務面では「日曜百姓」であるから、一般には没頭する時間を要する業務はこなせない。が、それ以上に、たぶん学部の事情もあるだろう。年齢構成が微妙ですな。また、この点は削減をくらっている部局の特異性だと思うけれど、「ポストをくれなきゃ、嫌だよ」というのがね。いまだにね。あるとは言いませんけどね。ええ。ポストなんて、出しようがないのだけれど。
 今年度の特殊要因は、はっきり書けないけれど、まああの、ナントカ教育というのがね。まあ、準備のスタートが本来の予定の半年遅れでしょ。それって、ナゼーって、そこは知りませんけどね。まあある意味、それでここまで、関係者は良く頑張ったと思います。素晴らしいですね。でもまあ、ずれ込んで作業があるので、実感的には例年の倍の作業が目の前にあるような気がします。
 まあ、部局長というのは、仕事を振られるだけの末端管理者(ほんま管理職か?)ですから、見ている現実が、上層部とはだいぶ異なるんでしょうね。別に批判している訳ではない、一般論ですよ、一般論。まあね、何時そう感じたとは言いませんよ。言いませんけどね。目の前のことで、えっ、これ、何とかしなきゃ、ということが多いものだから、ある種のことが白々しく感じるものですよ。まあ、今なんとかなっているのは、個々の部署で頑張って頂いているということです。合掌。
 という訳で、昨夜寝たのは遅かったせいか、起きたのは10時半頃でした。晴れ。風が強い。
 猫たちに食糧をあげて回る。
 病気猫のQちゃんは、病院に連れて行くべきかと思う。
 家で休んでいるはずですが、どうしても業務メールの応答になってしまいます。
 12時頃、ネット注文していた文房具が佐川急便で届いた。ミドリのトラヴェラーズノートのリフィルと、Leitzの、青のペーパバインダですたい。これでLeitzのペーパバインダは、赤黄緑青の4色を揃えてしまいましたね。
by larghetto7 | 2011-01-20 23:45 | 日記風
2011/01/12 水曜
 はい、皆さま。高木でございます。高木英至でございます。皆さまだけが頼りの高木英至でございます。私の大学名とか、学部名は、ここでは書けないんでございますねぇ。私はほんとに、誰なんでしょうねぇ。ほほほほほほ。
 さて、本日、20時40分頃、つまり早めに帰宅したんですけれどね。テレビを見ますとね。ここんとこですね。目立つのが伊達直人現象というやつですね。贈り物を届けるという。いやぁ、日本人も、よくやるようになりましたね。prosocial behaviorにモデリングが生じるという話は、テキストには書いてあるんですが、薄情で孤立した人々の集まりと思えた日本人が、良いことをしてますね。『タイガーマスク』は、テレビのアニメは観た覚えがあるんですが、主人公の名が伊達直人だということまでは、私、覚えていませんでしたねぇ。みんな、よく覚えていたんですね。
 伊達直人ですか。いや、伊達臣人だったら、よく覚えてるんですけどね。『男塾』の。「気にするんじゃねぇ、オメェが弱いんじゃねぇ。俺が強すぎるんだ。」なんてね。凄いですね。凄いこといいますね。押尾学みたいですね。
by larghetto7 | 2011-01-12 23:45 | 日記風
2011/01/11 火曜
個人的意見  →  削減があるということ

by larghetto7 | 2011-01-11 23:45 | 日記風
2011/01/10 月曜 成人の日
個人的意見  →  続・民主党政権下の国立大学
個人的意見  →  新年会

 9時頃におきた。よく寝たせいか、風邪の症状はほぼなくなった。
 晴れ。風が強い。寒く感じる。猫たちに食糧をあげて回る。
 11時頃、近所のコンビニにタバコを買いに行く。
 M6500に若干のソフトのインストールをする。ネットはつがながってよいのであるが、ソフトないすから、まだ仕事には使えず。
 14時台、このところの懸案だったが、髪を切って短くした。
 多少のメール応答。明日の授業の準備をする。
 過去の研究用のファイルを調べるも、ファイル種別の壁がある。もう見られないの、どうするか?
 夕方以降に寒くなる。予報を観ると、明日の朝はマイナス4度になるという。この冬で一番寒い。
 19時半過ぎ、カミさんとカワチに買い物に出る。
 夜は夜で猫たちに食糧をあげる。
by larghetto7 | 2011-01-10 23:45 | 日記風
2011/01/09 日曜
 8時頃に目を覚ましたと思うが、その後もウトウトして、起きたのは9時頃。いくぶん頭痛があり寒気がする。風邪をひいたようである。晴れて、日が当たる分には暖かい。
 猫たちに食糧をあげる。
 1週間先であれば風邪を理由にセンター試験業務を休めたかな、と思う。

 金曜に、生協で注文していた大型のノートPC(Dell Precision M6500)というのが届いた。重かったけれど、設定のために持ち帰った。起動して設定を行う。このノートはモバイルワークステーションというカテゴリーであり、持ち運び用ではなく、デスクにドンと置くタイプである。デスクトップでもよかったけれど、このタイプのものを今回は買ってみた。
 このPCはシミュレーションを行うことを想定して買っている。Win7の64bit版にして、メモリを8Gにした。値段は24万円台で、予想より安かった。
 設定しようとして気がついたが、マニュアルも冊子体は何もなく、プリインストールのソフトもほとんど何もない。まあ、そういう注文の仕方をしていたのだけれど、持ち帰ってもインストールするソフトがないので、仕方なかったかな、と思う。それでも、Windowsの更新やら、よく使うフリーのソフトやらをインストールしていると時間がかかった。まあ、通常はここで時間がかかるのであるから、いいかぁ、と思う。
 慣れの問題であるけれど、64bit版特有の使い勝手の悪さがありますな。それでもなかなか良い機械だとは思います。デスクに置くにしても、デスク自体が小さいと様にならんでしょうな。

 昼間、卒論の学生から携帯に電話が入り、メール添付の卒論で出してよいかと聞く。卒論は、各自の責任で出すものであるけれど、最近はメールで事前に聞かれることが多い。「出してよい」と言ってもらって、落とさないことの確認が欲しいのだろうな、と感じる。リスク回避行動として仕方ないのか。

 昼間は暖かったけれど、夕方になると気温も落ち、それに従って寒気を感じるようになった。身体がだるい。18時頃に布団にもぐると、そのまま寝入った。1睡眠のサイクル、つまり1時間半ほどで目が覚め、その後も1時間ほど布団の中にいた。起きて台所に行くと、カミさんや子供たちが大河ドラマの初回を観ている。
 私は大河ドラマは毎年、一生懸命観るけれど(面白いのが多いですよね)、不思議と毎年、最初の方の回は観ない。
 ちらと画面を観た感じ、いつもの大河ドラマの画面であり、これだけの配役をしていれば人気が出ないはずはないな、と思います。でも、どんなtwistがあるかですよね。
 前回の『龍馬伝』は、あの画面からしてすごかったですよね。よくやったもんですな。いろんなところで、当時はこんなもんでしょう、といった画面にしていたのが大したもんだった。語るべき正義のある時代の話なので、テンションも高かった。面白かったのは土佐勤皇党の話が詳しかったことで(歴史的事実はだいぶ違うと思うけれど)、いつもは保守派の巨頭と描かれる吉田東洋が、急進改革派として出てきた、武市半平太は保守派にとり行って攘夷運動をした、という経緯が面白かったですね。実際には、吉田東洋も山内容堂も、もっと若かったのですが。それほ、まあ、大きな分岐点だった孝明天皇の崩御が出てこない(?)のも、どうか、とは思いますが。しかし面白かったです。
 まあ、なんですね。大河ドラマって、結構革新的な側面があります。『龍馬伝』もそうですが。かなり前で、竹中直人の『秀吉』などは(そんなに好きではなかったけれど)、最後の方でシェークスピア劇の舞台のような回が何回かあったでしょう。なかなかですよね。緒方直人が信長をやった『信長』は、それまでの、『武田信玄』以来の黒澤風の合戦場面を切り替えたでしょう。あのうす暗い画面も良かったですな。
 今回の大河ドラマの場合、よく知られた時代の話なので、歴史的事実はみーんな知っている、という状況で、どうするんですか、という面白さがあるかどうかですね。まあ、落語の世界と同じでね。ネタはみんな分かっているんだけれど、そこをどうやんの?ということですな。
by larghetto7 | 2011-01-09 23:45 | 日記風
2011/01/04 火曜  仕事始め
 本日、仕事始めで、いきなり授業もある(トホホ)。
 気合を入れて目覚ましで7時に起きた。実はあまり寝ていない。
 晴れ。起きたときには日は当たらず。しかし寒くはない。
 猫たちに食糧をあげ回る。
 8時35分頃発の電車に乗る。座れぬが、割と空いている。大学に着いたのは9時20分頃か。
 非常勤問題の対応。
 10時から10分ほど、本部4階の会議室で賀詞交歓会。学長の挨拶を伺う。
 直後、某所に行って某件についての相談。幸い、すぐに済む。
 事務室で予算問題の協議。推薦状送付の手配。授業の小テストの採点、整理。
 12時前にローソンに行ってパスタとお茶ボトルを買ってくる。しかし本日は新年の食事会であったことを忘れていた。
 12時10分~40分で、学部長室で食事会。私は天丼を食べる。
 予算執行に関する資料調べ、相談。
 市橋先生来る。学生アンケートの配布をお願い。
 13時半頃には、非常勤の田端先生、来ている。
 まだ教員はあまり出てきておらず、協議は進められず。諸藩の手筈についてノートをとる。
 授業関連、卒論関連のメール少なからず。
 14時40分から9・10まで、データ解析実習。
 予算問題について新井さんから情報の整理あり。ファイルの手直し。
 資料整理。確認のための問合わせ何件か。すぐには返事は来ない。
 昼に買ったパスタを暖めて食べる。
 本日、事務方は割と早く帰り、事務室の鍵を預かる。
 書類を整理し、手持ちの紙を少なくする。
 20時頃に帰る。バスで丸山理事ご一行と北浦和駅前までご一緒する。
 20時35分大宮発の普通電車に乗る。蓮田辺りで座れる。
 最寄駅を降り、駅前のコンビニで買い物。帰宅は21時15分頃。
 猫たちに食糧をあげて回る。
by larghetto7 | 2011-01-04 23:45 | 日記風
2011/01/03 月曜
 悲しいことに休みも今日で終わりである。
 9時頃におきた。よく晴れている。外の水は氷が張っているので、それなりに寒かったのだろう。しかし今は日が当って暖かい。
 正月前は、元日辺りで寒波、という話だった。寒波のあった地方もあり、雪で大変だったろうけれど、この辺はいたって平穏な正月だった。
 猫たちに食糧をあげて回る。
 年賀状受け取り。
 この正月休みは、まあ、いつもと比べると休んでいたけれど、それでも持ち帰った雑用をこなしていた。今日は学部/研究科のホームページの改訂のため、現行のページ構成を調べていた。そんなことは私の仕事か、というのが根本問題だけれども、それをやれと言って結果が出るまでに時間がかかり過ぎるのである。
 16時過ぎに一応のまとめをして、関係者宛にメール送信。
 その前に、ポメラニアンのPちゃんを、家の中やら、庭や近所で散歩させる。
 17時過ぎ、カミさんと一緒に動物病院に行く。Pちゃんの食糧、病気猫のQちゃんの点鼻薬、猫のおかっぱの目薬、猫のタビー用の薬、をもらってくる。
 そのままカワチに買い物に出かける。
 20時頃に夕食。
 猫たちに食糧をあげる。Pちゃんの食事は遅くなる。
 夕方から、授業の小テストの整理、エクセル上での集計をしていた。平日にはできずに、ずっと溜まっていたことの1つであったのさ。
by larghetto7 | 2011-01-03 23:45 | 日記風