<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
12/31 金曜  大晦日
BGM  →  ケンプのベートーヴェンのソナタ

 とうとう今年も終わりになってしまったぜ、フッ(男塾風に)。
 11時頃におきた。外は曇っている。外に置いた水には薄く氷が張っている。しかし地面は凍っておらず、昨夜はそれほど寒くはなかったようだ。
 猫たちに食糧をあげて回る。昼頃には日が照って来る。
 朝、動物病院から電話があったらしい。昨日預けた猫のモモちゃんの引き取りの件である。抜歯することになっていた。
 11時半頃に動物病院に出向く。モモちゃんはカゴに入っていたけれど、興奮して出せないという。私が抱いて持ってきたカゴに移し替える。しばらく安静にさせるように言われる。
 家にモモちゃんを連れ帰り、2階の部屋のケージにカゴごと入れる。モモちゃんはしばらく動かなかったが、水と食糧をあげると口にした。
 年賀状書きが終わっていない。急いで年賀状を書く。近くの郵便局本局に持て行く。そのままカミさんとカワチに買い物に出かける。
 16時半頃にうどんを作ってもらって食べる。
 授業HPの更新にかかるも、時間がかかり、未完に終わる。裏サイト記載を書いてアップする(↑)。
 20時過ぎ、年越しそばで夕食。
 猫たちに食糧をあげて回る。
 かくして2010年も終わって行くぜ、フッ。
 23時50分頃、カミさん、息子と近くの千勝神社に出かける。初詣。破魔矢を買う。800円。その後、いつものように御嶽神社と光明寺に参拝。帰宅する。
by larghetto7 | 2010-12-31 23:45 | 日記風
12/29 水曜
 ほほほほほ。今日から休日である。1月3日まで。という訳で、今日はゆっくり寝ていようと思った。が、9時少し前に宅配便が来て起きてしまう。
 よく晴れている。やや風が強く、冬らしい天気である。
 猫たちに食糧をあげて回る。
 何しろ年賀状を書いていない。PCで年賀状の印刷を少しするも、あまり気が乗らず。それでも少しずつ書いて、近所の郵便局の本局に持ってゆく。
by larghetto7 | 2010-12-29 23:45 | 日記風
12/28 火曜  御用納め
 カタギの教員をしている間は御用納めなどという概念はマスコミで触れるだけだった。今の下級管理職になってからは、時間で拘束されているから、自然と御用納めという概念に付き合わされる。といっても特別の儀式があるでもなく、─ 上からは各部局で御用納めをやるように言われているだけである ─ 事務方で作ったおそばを昼に食べよう、ということで昼休みに年越しそばの会食があった。
 そもそも今日は授業があり、世間で言う4限目(ウチの今のシステムでは7・8)に演習があった。その後が別の授業であったけれど、履修案内作成の打ち合わせのため、学部長室で関係者が集まって協議した。会合が終わって5階の社会調査分析室に行き、授業のようなことをこなす。若干の卒論の指導あり。
 面倒な依頼あり。対応のため事務方に相談。
 ローソンにはほとんど食い物が置いていない。カップ焼そばを食べる。
 今日は早く帰るつもりであったが、19時55分に帰る。
 20時35分大宮発の普通電車に乗る。
 最寄駅を降り、カミさんの車でセキ薬品に行って買い物して帰宅したのが21時半頃だった。
 猫たちに食糧をあげる。
 授業の提出物の整理。
 風呂に入り、寝たのは3時頃。
by larghetto7 | 2010-12-28 23:45 | 日記風
12/26 日曜
 思えば年末なのであるが、そのような実感がない。年齢のせいで時間が過ぎるのが短く感じるようになっているのかも知れない。が、それ以外に、なにさ、授業終わりが12月28日の御用納めで、1月4日から授業が始まると言う、これって、ありますかぁ。正月も何もないじゃないですかぁ、と言いたい。
 少し前まで、クリスマスの頃は授業なんてなかったですよね。冬休みになって、そうか、帰郷するんですか、なんて話になるのに、これ何さ?! 
 かくして本日、起きたのがまたも、11時過ぎだった。ま、疲れているんですわな。
 晴れていた。昨夜は寒かったらしく、物置付近のバケツの水が氷を張っていた。
 猫たちに食糧をあげて回る。
 年賀状ソフトを起動してみる。我が家の居間には古いDELLのデスクトップがあるのですが、このPC、最近は年賀状印刷用にしか使わない。ともかく起動してみる。昨年のデータが完備していないことに気づき、昨年(今年か)の年賀状からデータ入力する。飽きてすぐ止める。
 2階の部屋を掃き掃除してから少し拭き掃除する。
 15時から、ポメラニアンのピーちゃんの散歩に出かける。小学校などを回って来る。
 16時頃、近所にあるマサクラワークスという作業着屋に行き、厚手のジャージのズボンを2つ買ってくる。1つが1200円。何と言いますか、今あるのはすり切れていくぶん薄くなった。薄くなっても苦しくないのですが、猫が私の膝の上で爪を立てる、それが薄いと痛いんですよ。
 19時半頃、カミさんと一緒にカワチに出かけて買い物。戻って20時頃から21時まで、NHKの『坂の上の雲』を観る。今日は広瀬中佐が、旅順港閉塞作戦で戦死する。
 『坂の上の雲』は私が大学生の頃に新聞に連載されていたと思う。ちょうどその頃、出席していたフランス語の授業の先生が平川祐弘という、高名な比較文学者であった。この平川先生が当時、『ロシアにおける広瀬武夫』という本を書いていた(読まなかったけど)。
 で、まあ、それはそれだけの話であったけれど、後、熊本大学でグルダイ(社心?)の大会があった折の帰りがけに、なぜか阿蘇を横切って大分県の竹田に行ったとですたい。まあ、例の荒城の月の岡城址を観に行ったのですが(それはそれで良かった)、帰りに町まで歩く途中、崖の上に神社があり、ふと立ち寄るとそれが広瀬神社でありました。軍神となった広瀬武夫を祭った神社なのですな。神社の敷地には阿南惟幾の碑もあったのですが、阿南惟幾も竹田の出であるのを知ったのは後のことですたい。
 広瀬武夫の生家(跡?)というのも地図には載っていたような気がするけれど、行かなかった。むしろ滝廉太郎関連の施設とか、これが一番良かったですが、田能村竹田の旧居などに行ったとですたい。えーと、あと、市の博物館に行くと、南画がかなりありましたな。それとまあ、武家屋敷跡とかがあって、キリシタンのバテレンが隠れていた(のかも知れない)穴、なんてのがありましたな。一日でよくそんなに見たもんですな。もとを取ろうと必死だったんですな。それにまあ、竹田という小さい市なのだけれど、相当の人物と文化の痕跡があったことには、感動します。
by larghetto7 | 2010-12-26 23:45 | 日記風
12/25 土曜
 このところ私が苦しいのは、周りの人間が出払っていることである。副学部長の山本充氏がヨーロッパに出張しているし、評議員の伊藤氏がお祖母さんが亡くなって道東に帰郷されている。土田事務長のご家族にご不幸があったと昨日伺った。当然しばらく休みを取る。という訳で、あれやこれやとやって頂きたいことがあるのに、そうも行かない。まあなんですね。俵藤太の軍勢に攻められたときの平将門のような状況ですな。
 今朝はいつものように8時頃に目を覚ましたが、眠いのでそのまま寝続けた。起きて時計を見ると11時20分だった。ま、よく寝たんでしょう。疲れていたんですね。
 よく晴れている。風がやや強い。日が当たるうちは暖かい。
 猫たちに食糧をあげて回る。午後に近所のセヴンーイレヴンに行ってタバコを買ってきた。
 いろいろと懸案があり、文章をまとめてメールで送る。気が付くと結構な時間になっている。
 夕方、腹が減ってカップ焼きそばを作ると、息子も食べたがったので一緒に食べた。その後、カミさんがたこ焼きを買ってきた。
 19時頃、近所のセキ薬品に行って猫食糧を買ってきた。20時頃に夕食。
 猫たちに食糧をあげて回る。やるべきことをやらずに、時間は経ってゆく。

 少し前に、ウィルヘルム・ケンプのベートーヴェンのピアノソナタ全集のCDボックスを買った。Amazonの広告メールが来たのを見ていたら、この全集が3千四百円だと言う。安いからネット注文し、先日届いたのである。1枚目(1、2、4番)だけをかけてそのままにしていたが、年末であるので、通して聴いてみようと考えた。
 ケンプのベートーヴェンは伝統的な権威であるけれど、たぶん今は受けない。現在は目の覚めるような音を出す演奏が多い。1番にしても、冒頭から惹きつけるように演奏するだろう。が、この演奏は、1番の出だしから精彩がないように感じた。当時の録音の問題もあるだろう。
 が、少し聴いて古い録音に慣れてくると、感じは異なって来る。やはりきれいな音が鳴っている。初期の作品にも後期のような響きがあるのだな、と思った。
 ベートーヴェンは私の中で青春の音楽なのである。モーツァルトがより若い時に書いた曲より、ベートーヴェンの曲は若さを感じさせる。3枚目のCDの最後の11番のソナタを聴いていてそのことを再度実感した。
by larghetto7 | 2010-12-25 23:45 | 日記風
12/19 日曜
個人的意見  →  余計な仕事をする人々
 小学校3年生の息子が昨日、家にあったおもちゃのクリスマスツリーを広げて据え付けた。飾りをつけるのが面倒だったらしく、大学4年の娘にやらせたらしい。飾り付けをお願いするときの息子の口上が、「これは〇〇ちゃんにしかできないよー」だったという。そのことを台所で娘とカミさんが話題にしていた。話題にしたというのは、「〇〇ちゃんにしかできない」などというニコポン・オヤジのようなセリフを小学校3年の息子が言ったことだった。どこで覚えたんだろう、と笑って話し合った。
 私の息子は私と似たところはあるけれど、性格はかなり違う。私は人づきあいが嫌いで愛想が悪いが、小学校3年の息子は逆なのである。私は人に接するのが嫌で、学校はあまり行きたがらず、病気になると喜んで休んだ。しかし息子は、勉強ができるでもないのに、学校に行きたがる。「営業向きだね」とカミさんはいう。

 9時10分頃におきた。猫たちに食糧をあげた。目が充血しているタビー君には、昨日動物病院でもらってきた薬を食糧に混ぜて食べさせた。昨夜は寒かったけれど、今は晴れて暖かい。
 13時16分にポメラニアンのピーちゃんを散歩に連れて出かけた。このところ、近くの郵便局の向こうの、畑を抜けると自転車道路になる方向に連れて行った。14時近くに戻った。
 卒論関連のメール。火曜の手配のメール。「けやき」関連メール。
 16時頃、近所のセヴン-イレヴンに行ってタバコを買ってきた。
 非常勤依頼メール。
 18時台、2階の部屋の猫トイレを掃除する。
 19時半、カミさんとともにカワチに買い物に出る。戻って20時頃から、NHKの『坂の上の雲』を観る。見所が多いですが、泣かせるのが、加藤剛が演じる伊藤博文ですね。この人は無私の忠臣だったんですね。
 猫たちに食糧をあげる。
 猫たちにもいろんなドラマがあるのであるが、ここでは書かない。
 夜半、慌てて授業の準備にかかる。
by larghetto7 | 2010-12-19 23:45 | 日記風