<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
11/30 木曜
 8時頃におきた。昨夜は早く寝たけれど、まだ風邪の症状がある。
 今日も曇り。庭に出て庭猫たちに食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげる。
 2階のQちゃんを動物病院に朝一で連れてゆく。注射をうってもらう必要があった。しかし体重はむしろ増えていたので、いま少し待つことになり、抗生物質の注射だけうってもらう。いつもの薬をもらってくる。
 教育協力会のサイトに、保証人アンケートの調査票と結果概要、および、ニューズレターをアップしておこうとする。ページの構成を考える。室長宛にニューズレター最終稿のファイルを請求する。じきにファイルは届く。総務係長に電話し、協力会の委任経理金の扱いについてお願いをしておく。
 午後になってやっと、協力会のサイトにページをアップする。
 自分のサイトに授業関連の情報をアップする。
 夕方、総務係長から委任経理金について連絡あり。本部が指示する手続きに従って明日、処理することになる。
 夕食。その前後に猫たちに食糧をあげる。Qちゃんやテレビ猫のことをかまう。
 4年生の卒論レポートに目を通し、コメントしてメールで送り返す。夜中近くにもまた卒論メールが来る。なかなか次に進めない。
by Larghetto7 | 2006-11-30 23:55 | 日記風
11/29 水曜
 7時半におきた。また頭が痛かった。昨日は昼寝をして頭痛が回復したけれど、昨夜は結局遅く寝たのでまたも寝不足。風邪の引き始めではと心配する。
 庭に出る。まだ暖かい。庭猫たちに食糧をあげる。2階猫たちにも食糧をあげる。
 8時半頃に家を出る。
 北浦和のバス停でN先生に会い、バスをご一緒する。風邪を引いているらしく「感染りますよ」。私も風邪をひきはじめている、とは言わず。
 研究室に入り、急いで授業用のプリントを作り、印刷室で印刷する。
 3・4が演習。出席者少なし。
 授業後、学部長宛に、学長に11月締切で提出する学部の教育目標等の文書を午後に持ってゆくとメールを出す。
 ここからが悪戦苦闘であったけれど、一応の素案を PowerPoint ファイルとして作る。
 5・6の終わりの方で全学避難訓練となる。私も集合(避難)場所の教養学部南側の広場に行く。そこで学部長に、さっき書いた教育目標等を示し、指示をもらう。
 T先生に、就職説明の学生向けの謝金相当額を協力会の現金で渡し、領収書の束も渡して領収書をもらうように頼む。
 研究室に戻って教育目標等の文書書きを進める。終わったところで学部長室に持ってゆく。若干の文言を直し、総務を通して学長に送るように言われる。
 研究室で手直しをし、事務室で印刷。さらにファイルつきで教育目標等を学長宛に送るよう総務係長に依頼する。この件は一応落着。
 協力会からの研究奨励金渡しの方法で本部お経理からクレームがついていると、総務のS産などから聞く。引き続き本部との折衝を依頼する。
 9・10が院の授業。
 授業後、協力会の研究奨励金について、某先生に相談してみる。一度委任経理金にしたものから奨励金を出す形を本部は問題にしているかも、と開設してもらう。この件で総務に行って事情を聞く。新たに研究奨励金のために委任経理金を入れるなら問題ないかも、との説明を受ける。その件で総務とまた、相談する。19時過ぎに帰路につく。バスはM先生とご一緒。
 帰宅は20時頃。猫たちに食糧をあげる。Qちゃんの口内炎が悪く、明日、動物病院に連れてゆこうと思う。
 夕食。家で書類の整理をする。
by Larghetto7 | 2006-11-29 23:45 | 日記風
11/28 火曜
雑感 → 猫庭手入

 8時頃におきると頭が痛かった。いくぶん鼻も詰まっている。確率が高いのは風邪の引き始めかなぁ、と思った。
 まだ眠いけれども起きた。今日は例年の植木屋さんが庭の手入に来ると私に告げる。来るにはまだ少し時間があるという。
 それまでに、という訳でもないけれど、庭猫たちに食事をあげる。2階猫たちにも朝の食糧をあげる。
 じきに植木屋さんの小型トラックが来て、庭の草刈と木の手入が始まった。昼食をはさんで、午後の早いうちに終わったと思う。
 今日は在宅と決める。しかし頭痛があって、仕事にかかれない。
 頭痛のせいでは、実はない。異なった性格の仕事には、すんなりとは入れないのだ。教員は研究と教育に専念しないとダメだよな、と思う。厳密には、研究と教育も作業の性格は全く異なる。
 昼近く、支援室長から自宅に電話あり。保証人への郵送を、送付物を3種類に分けて送った、と報告を受ける。私よりもカリキュラム委員長にお願いしますと伝える。
 午後はカミさんが娘を連れて北本に行く予定であった。実際には17時頃に家を出た。
 頭痛があるので布団で少し寝た。目を覚ますと頭痛はほぼなくなった。風邪の症状も収まったように思う。
 時折庭に出て、庭猫たちをかまう。
 カミさんが作っていたものをおかずに夕食をとる。
 
by Larghetto7 | 2006-11-28 23:27 | 日記風
11/27 月曜
 授業の準備をしていて寝るのが4時近かった。その状態で6時半におきた。むろん、眠い。今日は1・2から授業がある。センター試験監督のときと同じで、土日が潰れたときには月曜は辛い。
 朝から小雨だったように思う。庭猫たちに食糧をあげる。次に2階の猫たちに食糧をあげる。Qちゃんが口内炎が悪化しているようで、なかなか食べない。
 うどんの朝食。7時半頃に家を出る。
 北浦和駅を降りると、昨日同様、バス亭で長い行列が出来ている。しかも今日はタクシーが見当たらないから、出払っているのかも知れない。
 やっとバスに乗る。しかも渋滞。大学に着いたのは9時近かった。
 着いてすぐ、印刷室で授業プリントを印刷する。2階の部屋でプロジェクタを設置する。やや遅れて授業を始める。授業の後半は実験室で計算をしてもらう。
 昼休み中に持ってきた弁当を食べる。学部長から電話あり。ある件について学部長の意向を伺う。私の意見も説明しておく。
 7・8の授業用の PowerPoint ファイルを作る。資料として打ち出し、印刷室で印刷する。
 7・8が概説の講義。
 授業の後で、本日の授業内容についてサイトにアップする。授業プリントも pdf ファイルで見られるようにしておく。マルエツまで買い物に行く。
 18時15分頃に学部長から電話あり。某先生と一緒に学部長室での会合に加わる。意見のやりとりあり。後から別の某先生が加わる。さらに議論して意見の統一をする。世間話が続いて解散が伸びる。20時近くに終わる。某先生が私に、授業計画を後で送るという(メールでその日のうちに届いた)。雨が強く降った後のようだった。
 帰るときに某先生と一緒になったので、世間話をしながら北浦和駅までご一緒する。
 帰宅は21時頃。猫たちに食糧をあげる。
 
by Larghetto7 | 2006-11-27 23:32 | 日記風
11/26 日曜
 さても、本日は編入試験の2日目であり、昨日より早く出ないといけない。
 6時半におきる。猫たちに食糧をあげること、常の如し。
 7時半頃に家を出る。天気は良かったか?
 北浦和駅で降りるとバス停で人が長く並ぶ。1台バスが来たけれどがえらく混んでいたので乗れなかった。さらにバスを待つ。このままでは何時着くか分からぬので、タクシーに乗ることにする。駅で見かけたI先生とN先生と一緒にバスに乗る。
 9時前には大学に着く。
 面接試験の準備。情報がやや混乱している。
 9時半から面接を始める。終わったのが12時過ぎ。別の面接室グループに結果だけを渡し、後は集計が出来る体制を待つ。
 14時過ぎに集計に入る。結果が出るのが遅れる。
 教授会が15時からなので、外に買い物に出る。マルエツでパンとお茶を買ってくる。研究室でパンを食べる。次年度授業の時間割を決める。従来は水曜にやっていた授業を火曜に移すことにする。この判断はやや辛い。
 15時から教授会。1時間くらい続いたろうか?
 教授会の後に補佐会+αで会合あり。18時頃まで続く。既に暗くなっている。
 会合の後、某先生の研究室で先ほどの件につき意見交換する。ここでは意見があった。
 18時半頃にバスで帰る。バスの中で室長と会う。世間話をしながら帰る。途中で編入試験に来ていた受験者と顔を合わせ、挨拶した。
 大宮駅で室長と別れる。
 帰宅は19時半頃。庭猫たちが集まってくる。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげる。
 2階猫のQちゃんの口内炎が進んでしまったように思う。動物病院で注射をうってもらうかどうか、判断が難しい。
 夜、雨が降ってくる。その前から戸外は小雨の跡があったように思う。

 明日の授業の準備を夜中にやる他はない。急いでファイル類に目を通す。
by Larghetto7 | 2006-11-26 22:52 | 日記風
11/25 土曜
待たせたな。

 本日、編入試験の第1日目にして、私は11時に大学に行けばよい。が、学部長らとの、昨日の続きの話し合いがあるので10時には行く必要がある。
 7時半頃におきた。昨夜は寒かったせいで、庭の草の夜露は凍っている。
 庭と2階の猫たちに食糧をあげる。8時半頃に家を出た。大学に着いたのは9時40分頃と思う。
 少し研究室にいて、大会議室に行く。入試の係のY先生らと話すと、今朝は結構ヒヤッとしたことがあったというが、ここでは書けない。ほほほ。
 その後で学部長室に行く。昨日に引き続き補佐会メンバー3人が顔を合わせる。
 別の話題が出てそれなりに協議した後で「私が副学部長を辞める」という件に入る。「被害が大きいから辞めるとはいわないでくれ」、「代わりはいるだろう。」(否定はされなかった)、「今軌道に乗ったことがまずくなる」、「それでもやる気がない」。そんな応酬が不思議と和やかに続いた。むしろ高木さんが現状で問題にしていることをどうやって解決できいるかで考えるべきだろう、という誰かの得意な言い方をされると私が劣勢になる。「あの○○が良いと思うのか?」と切り返すと、さすがに良いともいえないので、私が盛り返す。その後で、私が入った例の人事のWG(このWG自体は教授昇進と、助教から准教授への昇進の規則を扱う)で改善を目指すのが建設的だろう、という言い方を受ける。「まあそれも筋であるが私にもやる気力はない。」といった返事をしつつ、編入試験の採点が始まる11時に近づいたので、何となくみんなで大会議室に移動して、話はまた長引いた。
 すぐには答案があがってこない。某実験室で某専修の採点者が集まり、採点をする。予定よりやや長くかかり、集計の委員から催促が来る。やっと終わりにする。
 少し休んでから15時から教授会。
 教授会自体は編入試験の判定が主議題であるが、某○○の件が教授会にかかる。私は何点か質問するにとどめる。
 教授会後、明日の作業の手筈を専修で話し合う。例の○○のことも話題に出る。そうだよね、と話し、少し気分が良くなる。
 帰りのバス停でK先生に会い、中国語の非常勤について確認する。私は買い物をして大久保団地前でバスに乗る、といって別れる。
 マルエツで猫食糧を買う。
 バス停に行く途中で、某婦人服店の前で倒れている男性を見かける。こういうとき、私は割りと bystander intervention をするのであるが、この前まで演習で Prosocial behavior の章を読んでいただけに、ほとんど自動反応的に prosocial behavior に入る。どうも自転車で転んでそのまま倒れているように見える。話しかけると答える。酔っているかも知れない。血は流していないけれども、状況は分からない。近くに「公的機関」がないかと探したが見つからず。すぐ近くの婦人服店に入り、ご主人に事情を話す。私は携帯を持っているが、単純に110番をかければよいのかどうか、分からなかった。ご主人は本人に話しかけ、家族の電話番号を聞きだす。が、それでは対応が遅くなると思えて、119番ではなく110番に私が携帯でかける。ここはどこ、というのが実はよく分からない。110番で電話で出た人は状況を私に次々と聞く。私は苛立って、そんなこと聞く前に早く来てくれないか、と訴える。
 知らぬ間に別の女性が倒れている男性と話している。話をあわせていてくれているのだ。ご主人は本人から聞いた家族の電話番号にかけたが、案の定、出なかった。
 道路際でパトカーが来るのを待った。車の通りが多く、渋滞気味で、すぐには来られない恐れがある。マルエツ方向でパトカーらしいライトが見えたので、私はそちらに歩いて手を振った。婦警さんが降りてきた。若くてきれい(夜ですが)。倒れている人のところに案内する。パトカーも一緒についてくる。それでこの件は警察の係となる。私はそのままこの婦警さんについて行きたい気がしたが、トシを考えてやめる。
 店のご主人とお巡りさんと本人に挨拶して現場を離れて、バス停に向かう。
 そこから後はいつものごとし。帰宅は19時過ぎ。
 猫たちに食糧をあげる。母から電話あり。夕食。
by Larghetto7 | 2006-11-25 23:07 | 日記風
11/24 金曜 
待たせたな。
 やはり、オンラインでこういうことを書いているものだから、アクセスが上がる。いつものノートPCでは私自身、このサイトにアクセスできなかった。この数日、このサイトには130くらいのアクセスがあるが、今日は多いかも知れない。

 起きたのは8時頃と思う。天気は割りと良く、いつものように猫たちに食糧をあげた。いつもよく食うテレビ猫が今朝は元気がなく、下痢気味だった。Qちゃんがやたらとすりすり寄って来る。
 予定を見ると12時半からが補佐会で、その前には予定はない。いくぶんゆっくりと家を出た。大学に着いたのは11時半頃と思う。
 事務的な書類を書いて学務に持っていったりしていると時間が過ぎた。
 12時半に補佐会があり、学部長室に向かった。私の予定は、ここで私が副学部長を辞めると告げることである。既におられたお二人が座っているソファがいつもと違った。学部長が先に口を切る。「辞めるなどとは言わないでくれ。」 「言うんですよ。」 まあ、変な格好でいったことになる。さして実質のない、ほとんど同じ言葉を応酬するだけだった。結局、次の会議が13時半から始まるので、この件は明日の10時にまたやることで私も同意した。
 こういう話は急に言い出した方が通りやすいのであるが、私の方針として、相手には考える時間を与える。そこで小出しにした上での今日の話であったが、その方法が良かったのかどうかは、分からない。
 補佐会の方はそれなりに議論点が多かった。大きな点は、教授会訪問後に学長が教養学部に伝えてきた意向のことであり(そんな意向があるなら訪問時に言えよ、という気がする)、まともに対応するとすれば大きな議論になる。
 どうも例の学長訪問で、教養学部は学長からお覚えがめでたかったらしい。まあ、そのように企画したのは意図したことろである。ただ、そこでお覚えが目出度かったために、いろいろ学長から振られたフシがある。
 私が辞めると本当に学部長が困るかどうか、その辺は読めない。私でなければできないことは、正直、ない。後釜に良い人は、いる。しいていえば、私が途中で辞めたという不自然な報告を学長にしなければならないことくらいであるが、それほどの問題か? 明日どうなるか分からぬが、「何もしないでよいから辞めるな」ということになるかも知れないね。ほほ。
 見た目と異なり、補佐会内部での私の立場は、ある意味ですごく「保守的」である。その辺は先入観とは異なるように思う。いろいろ動かしたい人にはあまりうれしくないから、その意味では「辞めていいよ」といわれる可能性もあると思っていた。
 次の人事委員会は、会議の性格上何を話したとは書けない。が、結果的に「活躍」してしまった。どうしてもこのお仕事をしていると私はのめりこんでしまう。それが既に難儀なのだ。できれば知らぬ顔で、自分の仕事に専念したい。
 研究室に戻る。実は今日の大きな作業は、学生・院生への調査票を先生方に配ること、である。調査票の最初の文面を手直しする。事務室のPCで打ち出して、コピィし、各教員の指導員整数分の調査票を Cover Letter とともに同封し、メールボックスに入れておく。その間、ローソンでパンとお茶を買ってきて、作業しながらパンを食べた。
 小包が届いているという。見ると、先日注文した Dell の PDA の Axim が届いてkた。少し前に壊れ、スケジュール管理に苦労していたので、うれしい。
 暗くなって寒くなった。天気予報では明日の朝方の最低気温が2度に落ちる。
 18時過ぎに帰路につく。帰宅は20時少し前と思う。
 猫たちに食糧をあげる。
 夕食をとりながら、今日届いた Axim をノートPCとデータ同期を出来るように設定する。Axim をj自分向けにカスタマイズする。
by Larghetto7 | 2006-11-24 23:28 | 日記風
11/23 木曜  ツマタン
 予定通り明日の補佐会で私の副学部長辞任を申し出る。「あっ、そー」で終わるかどうかは五分五分だろう。まあ、馬鹿でなければ分かるはずだ。
 教育でも研究でもない、大学の業務というやつは考えてみると奇妙なものだ。労働時間をまじめに計算すれば業務などやっている時間はあるはずはない。それでも堂々と、業務をすることになっている。
 組織の仕事がニ八の法則に従うことは前に書いた。組織の仕事は2割の働きで成り立ち、8割はその「ぶら下がり」になる、という話である。私はしばらく、その「ぶら下がられる」側にいたけれども、ぶら下がっている人にやれという気には、あまりなれなかった。本質的に無茶な話だからである。
 ただ私は急速にやる気を失った。例の件で先が見えた10月の末頃からのことである。このことを社会心理学的に何と考えるべきかと思い巡らしたが、思いつくのは bad apple 効果(腐った1個のリンゴは樽のリンゴを全部腐らせる)である。内輪の利己追求行動を目撃してしまうとまじめに自制することが馬鹿馬鹿しくなる。むろんダレもが例の状況を私と同様に目の当たりにする訳ではないから、影響は小さい、ということもあるかも知れないが、同じ気持ちは閾下で広がって行くように思う。
 ともかく、私の仕事は徐々に残務整理に移行する。「社会復帰」にはまだ時間がかかろうが、授業に使う時間は当面、確保できるように思う。「私はちゃんと教育しています」といえる状況では、私はなかった。それって、悪だよな。

 さて、本日はカミさんの誕生日、略してツマタンである。上の娘が大宮にレッスンに出かけた。帰りにエキュートでケーキを買ってくるという。

雑感 → 2階のテレビ猫
BGM → つまらない音楽

 休日の割には睡眠時間は少なく、早めに起きてしまった。猫たちに食糧をあげる。休日だと、猫を可愛がる時間がとれる。
 さしたるメールなし。卒論関係で連絡をする。
 今週は土日が潰れるので、月曜の授業の準備を予めしておく。しかしなかなか進まず。
 20時半過ぎに、カミさんの誕生日のケーキをみんなで食べる。家猫のチーコも少しクリームを舐めた。ケーキを買ったのはエキュートではなく、ルミネだったと娘はいう。
by Larghetto7 | 2006-11-23 13:55 | 日記風
11/22 水曜
 水曜日の常として7時半頃に起きる、つもりであったが10分ほど寝過ごした。猫たちにいつものように食糧をあげる。朝食をとって8時半過ぎに家を出た。
 本日は授業の日。
 大学に着いてます、隣の建物のトイレに行った。まだトイレ工事が続くと思えば憂鬱になる。
 教室に行ってプロジェクタとPCの準備をする。研究室でプリントを印刷し、印刷室で印刷する。
 3・4は演習。まあ、いつものように授業を進めたけれども、いくぶん、授業内容に浸れたのは、他の認知負荷を下げたせいであろう。
 授業後、2人の学生にテキスト部分のコピィをしてもらう。
 不二家に食事に行く。ジャーマンハンバーグの何とかという定食ランチとドリンクバー。ドリンクバーでお金を出したので無理して紅茶を3杯飲んだのは貧乏のなせる業か?
 教育機構棟そばでH先生と会い、仏語授業の手配について話す。
 研究室に戻る。4年生の卒論の状況を把握しておく。
 眠くなる。昨夜は母と姉から電話があり、その件が気になってしまった。その後で授業のテキストに目を通していたら、寝るのが遅くなり、今日は3時間ほどしか寝ていない。
 眠くて机にうつぶせになって、少し寝た。
 目を覚ましたら15時45分頃だった。16時から授業なので隣の建物に行ってトイレに入る。トイレが満員で、2階に上がってトイレに入る。
 9・10が、学部生が出られる院の授業。院生の出席者は、今日が就職関係の集まりとかで、来られないと連絡してくる。4年生とデータ分析について話し合う。ファッション関係の質問紙データを私が試しに、探索的にいじってみる。まず階層的クラスタ分析にかけると、もっともらしい結果が出る。その結果にあわせて関連を調べる。判別分析を適用すると、「非カジュアル系」の服装をしていると回答する回答者は、女性と「開放性」の高さが有意な予測要因であると出た。これってもっともらしいじゃんと説明し、この線で卒論をまとめるように話す。
 他に卒論の中間結果もメールで届いていた。今年度の4年生はみんな就職も決まったし、遅れ気味だった卒論も何とかなる情勢になったように思う。
 18時近くに授業終了。1人の4年生だけが残って作業する。
 帰りがけに某K先生の研究室に立ち寄り、副学部長は辞めるという考えを伝えるだけ伝えておく。
 バスで帰路につく。カミさんから携帯メールあり。猫砂を買っておいたという。今日買う必要があったことを思い出す。
 帰り道にある近所の石丸電気に立ち寄る。ノートPC用のカバン(本来は校費で買うべきか?)と、バッハ父子のトリオソナタを集めたCD1050円を買う。
 帰宅は20時過ぎ。猫たちに食糧をあげる。2階のテレビ猫は暴れたようだった。水をひっくり返している。
 明日はカミさんの誕生日である。どうするのかと聴くと、ケーキを買うという。
 
by Larghetto7 | 2006-11-22 22:04 | 日記風
11/21 火曜
 8時前におきた。今日は朝から天気が良く、今日は気温が上がると思えた。庭に出て庭猫たちに食糧をあげる。2階猫たちにも食糧をあげる。
 今日は某所で某々の用があり、9時頃に家を出る。
 用を済ませて大学に向かう。着いたのが12時過ぎ。
 本日の仕事は、全学未修外国語の非常勤の先生方に連絡の郵送をすること。研究室で連絡の文面を考える。
 人数が多いかなと思って仕事が大変と感じていたが、連絡する相手の先生は6名だけだった。思ったより小さい規模でやっていた、ということのように思う。
 ローソンに行っておにぎりとお茶のペットボトルを買う。研究室で食べる。
 文面ができたので事務室で印刷する。返信用封筒に切手を貼って出す方法について、HさんとTさんに相談する。言われたとおり、生協で80円切手を6枚買ってくる。ついでに教育経費でノートンのアンチウィルス3台分(なら安い)を買った。
 事務室に戻って作業を続ける。
 学部長と事務長が同じ部屋に来て協議するのでしばし付き合う。
 郵送を総務でお願いする。
 研究室に戻ってサーバにアップすることを出席者に求めたファイルをダウンして整理する。TAのM君が受け取ったファイルを別のフォルダに入れていたと知らせに来る。
 16時頃に帰路につく。バスの1停留所歩いて一清堂に行き、仕事関連のファイル類を買う。岩合光昭の猫の2007年カレンダーを買う。
 最寄り駅に着いてからイトーヨーカ堂に行く。靴とカバン、何れも安めの奴を買う。さらに猫食糧を買って帰る。
 帰宅は18時半頃だったか? 猫たちに食糧をあげる。夕食。
 朝からの予感通り、ともかくも今日は暖かい。
 母から電話あり。とある保険の件で、私が姉に話をすることになっていたことを、自分がやるといってくる。話が分からなくなるから引きとめようとしたが、聴かない。任せる。その後、何度か母から電話あり。案の定、私がわからなくなり、姉も腹を立て始めたようだ。どうしよう、と私に母が電話したので、どうしようもない、と答える。予想した通りであるが、本人がそうしたいというに任せたことであるから、仕方がない。
 メールを開くと学部長からメールあり。私が既に引き受けていることはともかく、新規のことは私の後任者に指示するように返事を書いて出す。
 業務をやらないと終わりそうもないが、明日の授業の準備を優先させる。
 と、今度は姉から私の携帯に電話あり。母のことで、またまた長々と話す。授業の準備はできないではないですか。
by Larghetto7 | 2006-11-21 21:38 | 日記風