<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
10/31 火曜  日帰り千葉
 7時頃におこされた。一昨日にカミさんの兄に当たる方が急に亡くなった。今日が葬儀であるので朝から出かける。千葉の葬儀場に10時半には着いていないといけない。
 猫たちに食糧をあげること常の如し。
 8時前に私とカミさん、それに5歳の息子で出かける。
 まず東武線で行く。新越谷駅で降り、JR南?越谷駅で武蔵野線に乗り換え。西船橋駅で総武線普通に乗り換え、隣の船橋駅で総武線の急行(快速?)に乗り換える。千葉駅で降りる。駅の構内のおにぎり屋に入っておにぎりを少し食べる。タクシーで葬儀場へ。
 この日、告別式、火葬場、お墓で納骨、と急いで行ったので、終わったのが16時頃。
 JR千葉駅に戻り、来た道順をそのまま引き返す。なかなか座れずに難儀した。帰宅は18時半頃と思う。
 猫たちが集まってくる。食糧をあげる。近所のセキ薬品に買い物に出る。戻ってからメール応答。たくさん来ている。その後、夕食。
 明日は朝から夕方まで予定が詰まっている。
by Larghetto7 | 2006-10-31 23:30 | 日記風
10/30 月曜
 あくまで、具体的な事例とは結びつかない一般論であるが:
 私はもともと、「政策的」に組織をいじり回す発想が好きではない。さして知恵がある訳でもない(というより明確にアホな)「トップ」が方針を出す、というのも、必要悪ではあろうが、結果が良いかどうかは疑わしいと思っている。以前「学科制」を提起したときにも、全体で「政策的に」いじり回すのではなく、各パートの学問的で自然な判断で人員配置を決められるようにする、という動機づけがあった。その方が手作りの感覚を涵養できるし、やる気も促進できる。
 いじり回しても良い効果は、たぶんないだろう。重要なことは、その折々の人事において、明確に優秀な人材を採る、という人事規律を確立することである。そのときが今であるはずだった。その意欲がない者は「トップ付近」から去るべきだろう。つまらない理屈を捏ね回すべきではない。

 前日によく寝たので案の定、あまり寝られなかった。せいぜい2時間くらいしか寝ていない。6時半におきた。猫たちに食糧をあげること、いつものごとし。
 7時半頃に家を出て大学に向かう。
 8時40分頃に大学に到着。バスの中でK理事と雑談する。
 1・2、3・4と実習。
 昼休みに持ってきた弁当を食べる。昼休みのうちに、今日の7・8の授業で見ることにした映画『エス(Das Experiment)』のDVDを10番教室で試す。
 7・8がその、概説の授業。
 授業後、諸業務をこなす。学部長室に行って何点か確認する。学部長室には先にN先生が来ていて、2つの人事案件について話す。
 事務室で院生の出身地の集計を行う。
 19時半頃に帰路につく。帰宅は21時少し前。猫たちに食糧をあげる。
 眠いので0時頃には寝る。明日は親戚の葬儀で朝から千葉に出かける。
by Larghetto7 | 2006-10-30 00:55 | 日記風
10/29 日曜
 寝るときに足元が重かったのは、布団の上に家猫のチーコが乗っていたためだろう。昔の人が出て来る夢を見た。目を覚ましたら10時頃だった。眠くてまた寝入った。おきたのは13時半近かった。まだ眠い。よほど疲れが蓄積していたのだろう。昨日も、母のところにいっても眠りこむことしばし。
 庭に出ると家の中から、待っていたかのように庭猫たちが出てきた。食糧をあげた。
 カミさんは朝から、子供たちをあちこちに送るために車の運転で出ずっぱりだった。

 授業の準備を昨日のうちにやっておこうと思ったけれど、出来なかった。トホホ。で、授業の準備をしようと思うと、例のニューズレターの原稿が出来かけたとM先生からメールあり。急いでその仕事にかかる。結局、授業の準備は夜半まで先送りになった。
 今日は寝たからよいけれど、明日は寝不足必至だね。
 夜、申請の不幸の連絡あり。火曜に葬儀とか。火曜に会議があるときには夕方にしてくれるように依頼メールを出す。
by Larghetto7 | 2006-10-29 14:11 | 日記風
10/28 土曜
 気づかぬうちに大学も段々とうるさくなってきた。私は少し前から人事委員会には出なければならなくなっている。この種の委員会では私は普段は黙ることに徹しているけれども、なかなか厳しいことを仰る方もある。「助教授」で出てきた原案に対して「講師」を適用することを主張される方、業績の点で「教授」にする順番を入れ替えることを主張される方。仰っていることは正論であるから、私は抵抗はしない。しかしまあ、あくまで一般論であり、実際の出来事に対応することではないが、これらの方々が採用人事では何と仰るのかね? ははは。そりゃあ、ダブルスタンダードってやつかよ。笑わせるぜ。

 本日土曜であるから母のところに行く。一昨日行ったけれども、一昨日は先週の分である。
 9時頃におきた。まだ眠い。いつものように猫たちに食糧をあげる。さしてメールは来ていない。小職を取り、ノートの整理などをしていると昼頃になる。
 母のもとに出かける。着くと14時半頃になっていた。
 いつものごとく時は過ぎる。帰宅は19時半頃だと思う。
 今日は暖かく、コートを着て行ったけれどもその必要もなかった。17時頃になると暗くなる。日がめっぽう短くなった。
 帰宅後、庭に猫たちが集まってくる。食糧を2あげる。2階の猫たちにも食糧をあげる。Qちゃんの身体を拭いてあげる。夕食時に、家猫のチーコには私がおかずの鮭を分けてあげる。
by Larghetto7 | 2006-10-28 12:15 | 日記風
10/27 金曜
 朝、目を覚まして時計を見ると10時を過ぎていた。ゲゲっ。10時半から会議があることになっているから完全に遅刻である。
 まあこうなったらあわててもしょうがない、と腹を決めて庭に出て猫に食糧をあげた。2階の猫たちにも同様。寝たせいか、いくぶん身体が軽い。
 朝食を取らずに家を出る。出かける前に学部長に電話すると、会議は12時からとなった。
 大学に着いたのは11時45分頃。教養学部棟に行かずに21世紀棟のトイレに行く。教養学部棟のトイレはまだまだ工事中なのである。トイレを出て入り口付近で八木先生とお会いする。そうだ、国際交流センターの文化科学担当の先生に院生調査票をおねがいしないといけない、と思い出して八木先生にその事情を説明する。印刷室で必要部数をコピィし、八木先生にお願いする。昨日の院説明会の様子を伺う。昨年度よりは少し良いか、と思う。「O先生が、ほほほ」というので、何のことか分からないが、なんとなく分かるぜ。
 研究室に寄ってすぐに学部長室へ。という訳で遅れた補佐会。14時頃まで続く。
 14時から第1小会議室で人事委員会。何の話とは書けないが、まあいろいろあるぜという話が最初にあり、2時間ほどを費やす。その後も続いて、17時半頃までかかる。
 その会議後、ここでは書けない件で国際関係論の先生と協議。私の作業分が手つかずなので、話はあまり進まず。
 19時半過ぎ、N、Y先生とバスで帰る。
 帰宅は21時頃だった。猫たちに食糧をあげる。
 
by Larghetto7 | 2006-10-27 23:45 | 日記風
10/26 木曜
 以前から裏の話は私をスキップして過ぎる。魚心あれば水心という話はいろいろあったのだろうが、私はその手の話に立ち会ったことがない。まあ、あいつがいると面倒だ、ということなんだろう。どこかの県の公共工事と同じで、似たようなことはどこにもあるのかも知れない。
 そういえば、部内を見渡すと、気づかぬうちにポストが増えているところもあるし、気がつくとポストがなくなっているところもある。では何かい、こいつもその魚心と水心とやらで決まってきたのかい? こんなことをこれからも続けるのかい?
 それでいいんだよ、と○○○の人たちがいうなら仕方ない。私は話から降りるだけですよ。私が入る世界ではない、ということだ。
 吐き気がするぜ。
 問題は管理規律と信頼感である。規律がなければ信頼感もない。信頼感がなければ transformation もない。
 
 一昨日の夜、私がある書類を書いていたら母から電話があった。ここの食事はまずいの、ここはひどいのと愚痴が続いた。もっと安いところがあるから文句を言う話ではないといったがダメだった。そんなときの私の癖で、むっつりと黙った。いや、選ぶ言葉が見つからなかったというのが正しい。呆然としたといってもよい。私に来て欲しいのだろうと思った。先の土曜は大学で用があり、日曜は疲れていたので、母のもとには行かなかった。その後、毎日にように夜が遅い。行くに行けなかった。
 幸い今日の午後に予定していた会議は明日の午前に伸びた。今日は昼頃に人に会うだけであり、その後なら母のもとにいける。行こう、と考えた。
 9時頃におきた。猫たちに食事をあげる。10時過ぎに買い物を済ませてから家を出た。大学に着いたのは12時10分頃と思う。
 12時半から教育機構棟でO先生の研究室を訪ねる。英語の教免について事情を伺う。その後、ついで?にN先生の研究室に立ち寄る。
 14時過ぎに大学を出る。母のもとに向かう。今日は病院の眼科に行く予定なので、16時にならないと戻らない、と思っていた。が、15時半に着くと、病院から戻っていた。
 19時頃までそこにいた。帰宅は20時近く。猫たちに食糧をあげる。
 帰宅してから、保証人アンケートの、ニューズレター向けの原稿書きに入った。
by Larghetto7 | 2006-10-26 23:45 | 日記風
10/25 水曜
 怒りが増した。お偉いさんに話を通してあればどんなことでも通ると思ったのか。目下の者は黙っておとなしくしていると思ったのか。誰もが苦しむのに自分だけ甘い汁が吸えると思ったのか。これは自分の私物だとでも思ったのか。弱みがあるのは自分だけではないとでも思ったのか。世の中はこんなものさとでも言いたいのか。
 買ってきたゴム長はなかなか重宝である。雨上がりに外に出て、今までのように靴下まで濡らすことはない。昔、マンガであったなぁ、織田ゴム長とか。

 7時半にカミさんにおこされた。いったんおこされてから10分間、布団で寝ていた。
 実は今日はひどい状態にある。科研費の申請書は今日中に出さないといけない。昨夜考えていて、結局判断を、今日に引き伸ばすことになった。しかも昨夜は今日の授業の準備があった。こちらも完了せずに今日を迎えることになった。簡単にいってしまえば、何もやってねぇ!
 とはいいながら、いつものように猫たちに食糧をあげた。下の娘がドアを開けて外に出ると、猫たちは一斉に逃げる。雨は上がっているような。清清しい朝だぜ、トホホ。
 8時半頃に家を出る。8時45分発の電車に滑り込んだ。電車の中で演習のテキストに目を通し、授業プリントをどうするかを考える。
 バスの中で南与野から乗ってきたS先生とご一緒して、家が遠い話をする。
 研究室に入って急いで今日の授業プリントを作り、印刷室で印刷する。
 いつものように3・4の演習を行う。
 研究室に戻っていくぶんほっとした。これから16時まで時間がある。その間に科研費申請の文書ファイルを書かないといけない。
 近所のマルヤまで行ってパンなどを買ってきて食べる。
 科研費の申請書は、やはり昨年度落ちた奴と同じ内容にする。請求する金額を見積もる。最後の方でエフォート率を書くところは、笑ってしまう。いえ、このエフォート率、正しいですよ。
 何とか9・10の授業に間に合わせるように申請書を総務係に渡す。何度か会おうとしてうまく行かなかったO先生を見かけたので、ある件で明日話すことにしてもらう。
 9・10の授業。この授業には4年生が出ているのであるが、彼らが…。
 疲れたので帰ろうと思う。眠い。
 18時頃に帰路につく。バスの中で一瞬寝入る。
 バスを降りてから、元学務係長、今図書館ナントカ係長の前田さんと一緒になる。大宮駅までご一緒する。快速電車が来ていたのですぐに乗る。
 帰宅は19時20分頃か? 猫たちが集まってくる。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげてから、夕食。Qちゃんは後で、ケージから出して身体を拭いてあげる。
 今日は今の諸雑用の進行状況の整理をしたい。

 科研費の申請書を書きながら、自分で今やるべきこと、出来ることがまた、念頭に戻った。今やるべきなんだろうな、と思う。この何年間か、余計なことをしていた。
by Larghetto7 | 2006-10-25 00:02 | 日記風
10/24 火曜
 本日、9時少し過ぎにカミさんと出かける予定でいた。親戚に重病の方がいるので、カミさんはお見舞いに行く。私は大学。
 8時頃におきる。朝から雨である。寒い。猫たちに食糧をあげる。
 予定通り9時過ぎに、息子を連れて家を出る。宇都宮線に乗り、京浜東北線まで一緒。
 大学には10時少し過ぎに到着。
 大学のPCにソフトインストールをして、調整する。
 11時から学部長室で某会合。何件かについて取り決める。12時過ぎに終わる。
 ローソンでパンを買ってきて、食べる。
 カミさんと携帯で応答。
 科研費について確認。進まず。
 14時半頃から科研費の部内監査あり。総務のSさんが3人の方を連れて来る。購入備品などについて説明。
 教育企画棟に行って某先生から事情を聞こうと思った。おらず。ついでで申し訳ないけれど、N先生の研究室に行っていろいろ話す。16時20分頃に解散。研究室に戻る。
 雨が続く。
 帰路につく。家で科研費調べをしないといけない。帰宅は18時半頃。帰りがけにゴム長を買ってくる。庭を歩くときに使う。
 帰宅してから猫たちに食糧をあげる。夕食。
 メールを書くのに時間がかかる。
by Larghetto7 | 2006-10-24 21:22 | 日記風
10/23 月曜  
 6時半におきた。小雨がち。猫たちに食糧をあげるのが手間取る。出発が遅れる。
 大学には8時45分頃に到着。すぐにプリントを印刷する。授業を始める。前半は PowerPoint での説明、プラス簡単な統計の原則の講義。後半には実験室に学生に来てもらって実習。次回までにレポートをだすように指示。
 研究室に戻る。持ってきた弁当を食べる。ほっとしていろいろと余計なことを考える。
 5・6の時間に7・8の授業のプリント作り、と準備。
 7・8が概論。
 7・8の後、教育機構棟に行く。O先生に英語の教免について確認したかった。つかまらず。研究室におられたS先生と話す。ついで別のO先生と少し会話する。
 17時頃には帰路につく。雨がしつこい。予報では、明日が強い降りになる。
 帰宅は18時過ぎだった。
 雨の中、猫たちが玄関先に集まる。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげる。
 夕食。
 科研費申請について検討を始める。しかし今から始める検討であるから、まあ、笑い話であります。完了していない業務多し。
 ぼーっとしながら先日の会議の件を考える。あれをそのまま認めるなら、私が何かを辞めてけじめをつけることが必要であろう、という考えに傾く。あれはそれだけ異常なことだった、ということで、前例にはならない。
by Larghetto7 | 2006-10-23 23:45 | 日記風
10/22 日曜
意見 ⇒ 教員人事
雑感 ⇒ 猫の極妻

 今日は休むつもりでその通り休んだ。母の元にも行かずに済ませた。遅くまで寝ていた。しかし疲れはまだ取れない。
 猫たちに食糧をあげる。

 この馬鹿馬鹿しい忙しさは何なのかと思う。科研費の部内申請期限は今週であるが、考える時間などない。授業の準備すらほとんどできない。
 実際、教員はみな一様に忙しくなった。だから委員会をやっても、委員会会合への出席を確保するのが精一杯。それ以上の仕事など、ほとんどやってもらえない。結局私がやるのだが、それでは私が潰れるよね。診断書でも出してしばらく寝ていようかとも思う。

 今日はくしゃみと鼻水が出る。しかし、風邪ではなくアレルギーだというのが、カミさんが医者から聞いてきた説である。
 15時に猫のQちゃんを動物病院に連れてゆく。いつものインターフェロン以外に、抗生物質をもらってくる。
 その後、薬のカワチに買い物に出る。帰りにイトーヨーカ堂の新星堂に入るも、何も買わず。
by Larghetto7 | 2006-10-22 01:05 | 日記風