<   2006年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
6/29 木曜
 8時頃に目を覚ました。昨夜は割りと早く寝た、と思う。
 外はよく晴れていて、今日は暑いだろうと思わせる。いつものように猫たちに食糧をあげる。
 今日は午後、宇都宮に出張する。大学まで行くとあわただしいので家にいることにする。資料を整理し、説明用のメモを書く。柄にもなくネクタイを用意する。
 13時半頃家を出て、13時55分発の普通電車に乗る。宇都宮駅に着いたのは14時51分。改札で約束通りM先生と合流。東口を出たところの喫茶店で打ち合わせ、のつもりが余計な話をする。雨が降ってくる。
 タクシーで宇都宮大の峰キャンパスに着く。やや時間をもてあましたので図書館の入り口などで時間を潰す。
 16時半から先方と会合。こちら2人で先方4名。2時間余、話し合う。
 19時近くに宇都宮駅に戻る。2人で餃子を食べ、ビールを飲む。
 私は来たときと同様に普通電車で帰る。最寄り駅に電車が着いたのが20時50分頃。帰宅は21時頃。猫たちに食糧をあげる。夕食。
 多少のメール応答。
 今日は暑かった。宇都宮はひどく暑いのであるが、雨があったので助かった。
 
 
 
 
by Larghetto7 | 2006-06-30 00:08 | 日記風
6/28 水曜
bgm → カザルスのバッハ無伴奏チェロ組曲

 7時40分にカミさんに起こされた。当然眠いが、行かない訳にはいかない。今日も曇り空である。
 庭に出て猫たちに食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげる。
 大学に着いたのは9時40分頃。研究室に寄る前に印刷室で3・4のプリント(Quiz)を印刷しておく。
 3・4が演習。出席者が落ちた。でもこのくらいだと名前を覚えられる。
 昼に明日の用事の件で関係者と話す。
 5・6が院の授業。実習の学生が実験室のPCを使いに来る。
 ローソンでおにぎりと水を買ってきて食べる。メールで予定外の仕事が入る。
 7・8の時間に授業準備をする。間に合う。9・10がその準備をした授業。
 授業は17時半に終わるも、明日の打ち合わせ?で少し遅れる。研究室に戻って資料の蒸篭をしていると遅くなる。19時頃、雨が強くなる。19時20分頃に帰路につく。
 帰宅は20時45分頃だった。猫に食糧をあげること、常の如し。
 疲れたな。
by Larghetto7 | 2006-06-28 01:10 | 日記風
6/27 火曜
個人的意見 → 総務省

 この日、まあなんといいますか、家にいた。大学に出る用がなくなったことによる。家で仕事にかかり、夕方以降、明日の授業の準備をするつもりで、実際には昼間の仕事が伸びてなかなかかかれなかった。
 エイズ猫のQちゃんを動物病院に連れて行った。行く前に櫛で毛をとかすと、随分と毛が出た。
 Qちゃんは元気そうに見えたけれど体温が40度もあった。猫の平熱は38度らしく、人間よりは高い。Qちゃんがおとなしいのは熱でぐったりしているのかも知れない。薬を増やすことになった。
 居間でしゃがんでいる家猫チーコのそばで横になっていると、そのまま寝入ってしまった。夜中にやっとおきて明日の授業の準備にかかった。寝たのは4時頃である。
by Larghetto7 | 2006-06-27 00:40 | 日記風
6/26 月曜
 ウダウダしていたら次の日になってしまった。月曜の授業の準備をしているが、細かな点がなかなか定まらない。
 ボーっとしていても最近は「行政的」なことが頭に浮かぶ。この調子だと「社会復帰」には時間がかかりそうだ。
 こうした「行政的」なことを考える、そのスタイルは、その人なりの研究スタイルの影響を受けているように見える。私の場合、プログラミングでモデル化することがこのところの仕事だった。通常の言語でのプログラミングは「概観から細部へ」が基本であるから、私はまず、大きなところを考える。大きなところで間違っていれば細部に進むことは無意味だからである。しかし人によってはそうではない。たぶんテクストを読んで注釈をつけるのが商売の人は、いきなり細部でものをいう。こう出られると私は全く理解できないし、先方も私を理解できないかも知れない。ただ、この点はほとんど習慣なのだから、どうしようもないだろう、と思う。
 ただ、いきなり細部で考える人が上にいると、下々は苦労するよな。

 6時半におきて7時半に家を出た。曇っている。空気は湿気を帯びている。
 バス停でB先生と会い、博士課程について世間話をする。バスが遅れ、大学には8時50分頃につく。1・2からの授業では、開始時にプロジェクタでトラブった。
 昼、メール応答。ある件について進展あり。
 5・6の時間に授業プリントの調整をし、印刷しておく。
 7・8が入門の授業。出席者数が一番落ち込んでいる。
 帰りがけに某先生の研究室に寄り、某某の件について世間話する。
 17時頃に研究室に戻る。多少のメール応答をしてから帰宅する。
 帰宅後、家猫のチーコの傍で床に寝転んでいたら、そのまま寝入ってしまった。
by Larghetto7 | 2006-06-26 01:24 | 日記風
6/25 日曜
 昨夜、寝たのが4時頃と思う。気がつくと時間が過ぎていた。チーコが起きてきたので食事を作ってあげる。確か昨日の朝は、チーコが私をおこしに来たのに、眠くて起きられなかった。
 おきたのは10時前。外は曇って雨上がり出でもあるかのようだ。昨日の気温と比べるとやや涼しい気がした。猫たちがそれなりに姿を現すので食糧をあげる。2階の自室にいってはまた、猫たちに食事をあげる。
 何かをしようとしてファイルを探すも、なかなか見つからない。以前のように、毎日のメールをちゃんとテキストファイル化してストックし、添付ファイルも整理しておけばこんな問題はない。しかしこの何年かメールと添付ファイルの量が急増し、日常的な整理をすることができなくなってきた。そうなると、膨大な添付ファイルの何がなんだか分からなくなる。
 そのファイル類をHDの中で整理する。なんとなくあほな作業だと思うけれど、仕方がない。
 夕方になってやっと、ある程度整理がついたけれど、そもそも何をしようとしていたのか、なかなか思い出せないという、笑い話さ。
 これらのファイル類は外部の人から頂いたものもあるけれど、大部分は部内で送られて来る添付ファイル類である。送る人は「送ったでしょ」で言い訳にはなるけれど、受け取った方は時間がたつとなんだか分からなくなる。せめてファイルに日付を入れるとか、内容をファイル名に入れてくれればよいけれど、「申請書」とか「様式1」といったファイル名が多く、開いてみないと整理がつかない。
 大学が少し金を出してくれれば、学内のグループウェアが入る。そこをナントカしてくれれば解決する問題が多い。
 ただ、どうしても格の低い大学の特徴が出てしまう。グループウェアなどを入れると、大学の外からアクセスできないようになってしまうのである。グループウェアにしても、少し金を出せば外部からのアクセスはかのうせあるけれど、そのようにしてはくれない。
by Larghetto7 | 2006-06-25 16:36 | 日記風
6/24 土曜
 先日、ベネッセ系の受験雑誌の取材を受けた。Web版原稿のチェックの催促を昨日受けた。時間がなく、放ってある。
 この雑誌は非重点弱小地方国立大の先生をよく取り上げているようだ。その点はベネッセの商売上の立場なのだろう。広報の視点の強い私としては、学部の宣伝のためと思って受けた。当初私が懸念したのは、私の実態と記事とが乖離しないかということだった。多少乖離しているかなと思う。先方もライターの人が原稿を書く。そりゃ、雑誌の観点からすれば私に原稿を書かせるよりはライターに書かせるべきであるけれど、いくぶん自分の教育研究環境を見つめることを強いられたような気がする。
 問題は、私が研究として考えていることと教育上行っていることとが乖離している、という点だろう。先方としては「研究していることを教えるんでしょ」と思うのは仕方がない。が、実際はそうではない。私が授業で行っていることといえば、私自身の研究と近くはない。はっきりいえば遠い。この乖離が、授業に対する私の負担感を高めているかもしれない。
 言いたいことをぬかすならば、学生がついてこられることを教えているなら簡単なのだろう。
 私も90年代は、授業の中でプログラミングを結構、やっていた。学生もある程度はついてきた。しかし90年代の終わり頃には、私はプログラミングをほとんど授業では取り上げなくなった。達成率が低いのである。特に私のいるコース/専攻ではそのようなことをしようというメンタリティ、ないし適性のある学生が、まずいなくなった。院生で、多少やる学生がいた程度である。
 体系的な教育を行う体制が取れれば、このフラストレイションは改善されるかも知れない。が、ここではその体制が取れない。
 この点では文句はいえない。旧帝大ないし有名私立のような恵まれた環境にいる人を除けば、多くの同業者(正確に言えば似たような志向をもった同業者)が、同じような問題に直面している。仕方ない、といわれて終わる。
 この状況にあっても、何らかの機会があるかも知れないな、と思う。
 学部の中で、場所を変えてみるのもよいかも知れない、という考えが断続的に浮かぶ。

 今日は土曜であるから母のところに行かないといけない。

 という訳で、この日おきたのは9時過ぎと思う。いつものように猫たちに食糧をあげる。業務メール若干。カミさんが母のところに持ってゆく裁ちばさみなどを買ってきてくれていた。
 午後になって母のもとに向かう。いつものように時間が過ぎた。
 帰宅は19時過ぎ。
 えーとあのメールはいつだっけ、などとファイル探しをしているうちに時間がたった。
by Larghetto7 | 2006-06-24 03:25 | 日記風
6/23 金曜
 7時半におきた。私が庭に出て少しすると猫が集まってくる。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげる。
 家族が起きてきて台所でテレビを観ている。昨夜のWカップサッカー、対ブラジル戦は4-1で負けたという。テレビでは「大敗」というが、私が6-0くらいになると思っていた。1点取れたのは良かったと思う。
 9時頃にやっと家を出る。今日は10時半からの会議であるので、この時間でよかった。
 大学に着いたのは10時15分頃と思う。
 10時半から某室で某会合。緊迫した話があるかと思ったが、なかった。しかし実は大きな判断課題が目前にある、と私は思う。
 昼休みに社会学専攻の会合があるも、某会合は12時過ぎまでかかる。すぐに社会学専攻の会合のある元事務長室に行く。欲が強い人間が集まるとこういうものかという会議の展開だった。あはは。13時になったので私は席をたつ。
 13時5分過ぎに、キョウキ棟の4階で進路指導委員会のN、T先生と会合。委員会業務について協議。一応の話がつく。N先生が14時から別の会合があるので解散。その後でT先生と少し、某某の件について雑談する。
 研究室に戻る。ローソンにいってパンと飲料水を買ってくる。
 2人の先生とそれぞれ別の件で雑談する。
 15時から第1小会議室で予算の委員会。18時近くまでかかった。
 動くべきことが多いと認識する。しかし委員会では対応できそうにない。どうしたものか、と考える。
 19時過ぎにやっと帰る。帰宅は20時半頃と思う。自宅の庭の塀の上でテレビ猫が私を待っているかのようだった。私が玄関まで行くと猫たちが集まってくる。食糧をあげる。なんか、このところこの猫たちはよく食べる。すぐに2階に行ってQちゃんに薬を飲ませ、部屋の猫たちに食糧をあげる。その後で私が食事をする。
 このところ睡眠時間は多い(というか、少なくない)方なのだけれど、やたらと眠い。
 居間のチーコが座っている近くで、チーコに近づきながら横になる。と、そのまま寝入ってしまった。気がつくと家族はみな、チーコを含め、寝室で寝ている。眠いので寝ようと思うが、2階にいってPCの前に座ると眠気も覚めてきてすぐには眠れそうにない。
 作業をしているのではない。漠然といろんなことを考えている。実は考えることが多いのだ。この点が、私が雑用(業務)をすると時間がかかってしまうところなのだろう。
 どうも私は、自分の頭の中で解決してしまうとある程度満足してしまうところがある。ことを実現させることにはさほど関心を示さなくなるところがある。というか、現実はどうでも良いのかもしれない。
 現実が好きではない。欲ばかりの人間を眺めるのは愉快ではない。出家でもすべきかも知れないな、と思って笑う。
 太宰治の短編に確か、『吉野山』というのがある。ある男が馬鹿な理由で出家して吉野山の山中に隠棲したつもりなのだが、出家して余計、人の欲と金の有り難みに直面するという、滑稽本調の物語である。
by Larghetto7 | 2006-06-23 23:55 | 日記風
6/22 木曜
 数日このブログに記載していなかったのは忙しかったからである。まとまって仕事がある訳ではないのに、ちょっとした連鎖で時間が見出せなかった。

 今日はおきたのが9時頃だった。今日はいつもよりは寝ているけれど、それでも眠い。片方の鼻が少し詰まっていて、幾分風邪の症状がある。
 このところのいつものように、空は曇っていつ雨になっても不思議そうではない。猫が寄ってきた。いつものように食糧をあげて回る。
 その途中、母から電話があり、今度行くとき(土曜)に持って行くものの注文を聞いた。
 今日は大学に行く予定だった。しかし午前中のメール応答で、用事は明日になった。今日は家にいることに決めた。
 車を追突されたカミさんは、車屋さんの勧めで整形外科に行ったけれど、やはりいくぶん症状が出て、今日もリハビリに通う。しかし午後には娘の3者面談があるので、そのまま電車で大宮に向かった。娘から家に電話があり、指示をカミさんの携帯にメールした。
 いくつかの小雑用を終えてからイトーヨーカ堂近くにカワチに買い物に出た。最近、近所のマルヤというスーパーが撤退したので、簡単な買い物も不便になった。

 このところ授業の準備をする時間があまりなく、授業の運営が自転車操業になっている。実は昨年も同様で、昨年は駆け込むように夏休みや年度末に突入してホッとしたものだ。今年はそれ以上である。
 ただ、準備する時間がないというのがある意味気楽なのは、授業の出来不出来とか、学生の反応とかにあまり気を使わないでよいことだろう(本来はそうえあってはいけないが)。授業に時間をかけた場合、学生の反応が割るけれどヤキモキし、最近の学生は何でこうなのよ、とか、余計なことで自滅的な労力を使ってしまう危険がある。そういうのって、学生にとっても迷惑だろうな。
 などと考えながら、どの授業でどのネタをいれようか、とメモを取っていると、まじめにやるとひどく労力を使うことになることに気がつく。
 私が初めて教員になったとき、授業の準備をするのに毎日大変だったことを思い出す。講義ノートを作るのが大変だった、という側面もあるけれど、実はその頃は、学生に提供しなければならない情報が多かった、ということがある。 
by Larghetto7 | 2006-06-22 23:55 | 日記風
6/21 水曜
 またも雨のような、曇りのような天気が続く。
 7時半頃におきた。ドタバタして猫に食糧をあげる。
 8時半に家を出、9時45分頃に大学に着く。電車とバスの中でテキストに目を通す。3・4が演習で、出席者が少ない。まあ、この人数が良いところと思う。出席者の名前もこれだと覚えられるな、と思う。でも名前の分からない一人が後から部屋に入ってきて、一番後ろで最後までいたな。確か、テキストを買ったはいない。えーと誰でしたっけ、と聞くのも気が引けるので聞かなかった。結果として、出席をカウントできなかった。悪かったかな。
 研究室に戻って9・10の授業の準備をする。5・6の時間になっても授業の出席者の院生が見えなかった。ローソンに食糧の買い物に行く。私が戻ると院生がやって来た。電車が止まっていたという。授業をする。
 7・8に急いで、9・10の授業準備をする。9・10の講義は何とか終わる先週の質問紙で理解度が低いらしいことを確認したので、今日は思い切りやさしい話になった。
 研究室に戻る。メール応答。適度に返事が来るのでそのまま釘付けになる。
 結局帰るのは19時半を過ぎた。20時45分頃にやっと帰宅。
 猫に食糧をあげて回る。Qちゃんには薬。
 業務上のメール応答。授業情報をサイトに載せる。
 業務の件でああでもない、こおでもない、と考えていると遅くなった。寝たのは3時少し前と思う。
by Larghetto7 | 2006-06-21 23:55 | 日記風
6/20 火曜
 今日は大学に行くつもりであったけれど、家でメール応答していて気がつくと時間がたってしまった。まあ家にいよう、と思う。この前の某委員会の後始末のような仕事がいろいろある。明日の授業の準備にも時間がかかるので、往復の3時間は節約したい。
 この日、昼過ぎに猫のQちゃんを動物病院に連れてゆく。基本的には悪いところはあるのだが、当面は薬の投与でしのぐことになった。薬が2種類に増えた。
 Qちゃんはエイズで口内炎が進行している。結果、他の猫のように身体を舐めることができないようで、猫用の櫛で毛づくろいをしてあげることを勧められる。猫用の櫛を院長にもらう。
 授業準備に手間取り、4時頃にやっと寝る。
by Larghetto7 | 2006-06-20 23:55 | 日記風