<   2006年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
6/1 木曜
 副学部長を辞めると腹を決めた。学部長、評議員との意見の違いが大きい。副学部長職の大きな仕事は将来計画と理解していたが、その点では意味不明の動きが始まってしまった。私は事後承諾も与える気がない。この計画で行くなら、私がやる、という話ではなくなるだろう。
 このところ、全学がおかしくなっていた。ウチの学部は大丈夫と思っていたが、ここに来ておかしくなってきたように思う。
 時間が使えるな、と思ってほっとする。睡眠時間は増えるだろう。
 
 昨夜、寝たのは2時過ぎと思うが、今朝目を覚まして時計を見ると10時半だった。8時間寝たことになる。これだけ寝たのは最近の記憶にない。
 日が強く照っている。私が庭に出て少しすると猫が現れた。食糧を置くと大白と小白は食べた。2階の猫にも食糧をあげに行く。元祖家猫のチーコは盛んにガラス戸越しに外を見ている。

 全学も学部内も構造は同じかもしれない。今の全学体制では理事は学長の指名であるから、理事としては自分の判断で動くべきか、学長の意向にただ従うべきか、迷うことになる。理事は理事で独自の判断をすべきであったが、実際には、学長のしたことであるから仕方ない、といってついていったのだろう。
 しかし、理事が学長の判断をただ追認するというのは間違いである。仮にそうあるべきなら、役員会など必要ない。理事は独立の判断をして、場合によってはトップと相違することは、制度上織り込まれている。
 似たようなことは部局でもある、ということだろう。評議員は、学部長とは別に投票によって決まったから、独自の判断をしやすい立場にある。が、副学部長は全学の理事と似たような判断場面に直面する。
 この、曖昧にトップに権限が集中したシステムは、社会心理学的にはgroupthink、すなわち、集団愚考の基盤になる。その懸念が全く現れてしまったかどうか、を私が書けるのは、だいぶ先になるだろう。
 「普通の大学」を目指す路線を確立したかった。このままではダメのように思うが、どなたかが言っていた。「まあそのうち、どうせ統合がありますよ。」 そのときにあらためて仕切りなおしできるかどうか、ということなのだろう。何れにせよ既に私がかかわれることではない。

 さて、本日はよく寝たはずなのに、その割には眠気が残っている。すぐに平常に復するのは無理なのかも知れない。身体に疲れが残っている感覚がある。が、感覚があるというのはまだ正常なのだろうと思う。
 という訳で特に何かをする気力が失せたけれど、教育協力会がらみで行う講演会を詳細を詰めないといけない。そこで午後になって家を出て大学に向かう。
 大学に着いたのは15時頃。まずローソンでパンと飲料水を買う。キョウキ棟に研究室のあるO先生を目指す。といっても今日は休講という張り紙があって、当てが外れた。近くのN先生の研究室を訪れて、協力会文書の校正をお願いする。パンを1個食べる。
 研究室に行く。今日は17時頃から補佐会があり、そこで決定的なことを言わないといけない。
 教育協力会の文書の手直しをする。その後で月曜の中間試験の問題作りを始める。買ってきたパンを食べる。
 17時になってもお呼びがかからない。18時近くになってK先生が研究室を訪れる。評議会の後に急に部局長会議が入り、学部長はそちらに出ているという。今日の会議をその後にするか、明日の朝にするか、という選択になった。学部長の方はいつ終わるか分からないようなので、明日にする。いくつかの件について世間話をする。
 少し研究室にいて、19時頃に帰路につく。帰宅は20時15分頃。
 今日は日中暑く、今のなって風が心地よい。夏の夕べの温感である。
 私が帰ると、見えなかった猫たちが集まってくる。私があげる固形食糧を銘々に食べた後、また四散して行く。
 学会関係で面倒なメールが来ている。どうしたものかと考える。
by Larghetto7 | 2006-05-31 23:47 | 日記風
5/31 水曜  授業の日
 4時に寝て7時半におきた。睡眠時間は少ない方ではない。
 朝から日がよく照っている。猫がなかなか現れなかった。食糧をあげる。
 猫の小白がうなっている。見慣れない猫が来ていた。その猫の後を追うようにテレビ猫が走る。
 2階の猫にも食糧をあげる。モモちゃんには、カミさんが朝早く薬をあげたと、夜になって聞いた。
 8時半頃に家を出る。大学には9時40分頃に着いたと思う。少し時間を食う対応があり、授業プリントの印刷が遅れる。
 3・4が演習。
 昼休みから9・10の授業プリント作りの続きをする。5・6が院の授業。またプリント作りをして、16時前にPowerPoint資料を印刷する。
 9・10が講義。この授業のために昨夜から苦労して調べものをしていた。授業は簡単に終わる。
 授業後、学生からの相談に少し時間を使う。某某の件で某先生と少し話す。
 昼間に来た学部長からのメールの含意を考える。少しずつ気持ちが固まってくる。
 帰るのは20時になった。帰宅は21時過ぎ。猫が来て、食糧をあげる。
 仕事をしないでよいような気がしてくる。気持ちが決まればその方向に心は動く。
by Larghetto7 | 2006-05-31 23:26 | 日記風
5/30 火曜 大学説明会 for Teachers
 今日は午後に大学説明会 for Teachersなるものがあり、私はともかく出ることになっている。おきたのは9時頃。庭に出て猫に食糧をあげる。2階のモモちゃんたちはいつものようであるが、モモちゃんに合わせて食事が質素化したので、いつものように食事であわただしくなることはない。
 メール対応で結構、時間を使う。
 教育協力会の文書下記を進める。
 11時半頃にやっと家を出る。大学に着いたのは13時ちょうどあたり。理工研究科棟の、大学説明会 for Teachersのある1階の会場に行く。13時半から始まる。しかし途中の話が長く、教養学部の番になるのが15分ほど遅れる。
 教養学部のプレゼンは無事終わり、途中1時間ほど抜けてから同じ建物のロビーで個別相談を受ける。質問に来られた高校の先生方は昨年度より多く、少なくとも7名。16時40分?に終わって研究室に戻る。その後、教育協力会の件で事務室で事務長、改め室長らと話す。
 20時頃に帰路につく。帰宅は21時過ぎ。猫が寄って来る。
 授業の準備にかかる。まず演習の小テスト問題・正解を作る。ついで講義のPowerPoint ファイルを作る。0時までは書籍の図のスキャナ取りで費やす。
 結局、寝たのは4時頃。
by Larghetto7 | 2006-05-30 23:40 | 日記風
5/29 月曜 モモちゃん退院
 この日、モモちゃんが退院するはずであるけれど、私が朝早く夜遅いので、引き取れに行けるかどうか危ぶむ。
 6時半におきる。猫餌。7時半頃に家を出る。
 大学についたのは8時40分頃。
 1・2、3・4で実習。
 昼に弁当を食べながら、授業の準備。
 正午頃、動物病院に電話してみると、カミさんが既にモモちゃんを引き取りに来たという。後で聞いた話、朝の9時には引取りの電話が来たというので、病院も、よほどいてほしくなかったのだろう。
 7・8が入門の授業。
 終わってから別の建物に行って某先生と話し合う。ついでに別の先生とも用を足す。
 モモちゃんのために早く帰るつもりであったけれど、カミさんが引き取っているというので、思い切り遅くなる。20時頃に帰路につく。帰宅は21時半頃。
 モモちゃんは普通にしていた。
 某業務の文書書きをする。
by Larghetto7 | 2006-05-29 23:55 | 日記風
5/28 日曜  モモちゃん、まだ入院
 今日はどんよりと曇り。日中気温が上がるという。
 9時頃におきた。いつものように猫に食糧をあげて回るところから1日が始まった。
 今日は母のところにいきたけれど、一方で「教育協力会」の仕事をしないといけない。私はこの仕事を引き継いだ訳であるけれど、正直、それまでやっていた方々の負の遺産をどうするか、というのが大きい。この仕事はルーチンに落とせることなのに、実に大仰なシステムにしてある。結果、動けないから、動かなかったのだろう。まあ、今年はこの仕事をルーチン化し、次年度からは事務的に処理できるようにしたい。
 で、そのための文書書きを進める。気がつくと午後になっている。
 結局、出かけるのが遅れる。入院している猫のモモちゃんの見舞いにも行きたい。
 母のところには15時過ぎに着く。幸い、このところ体調が良い(というより、一時が悪すぎた)。
 18時頃に母の元を出る。18時40分頃に動物病院に行く。猫のモモちゃんに面会したいという。今日は動物病院は、犬のお客さんが多い。予防注射の時期であるようだ。
 モモちゃんの具合が良くない、と聞かされる。病気で、というのではなく、神経質になって動物病院でも扱えない状態であるという。今までもメス猫のAや黒子がそうだった。モモちゃんについていえば、接触している人間はほとんど私だけであるから、仕方ないのかも知れない。
 モモちゃんは病院のケージの中で、さらに小さいケージに入れられて扱われていた。
 この猫は小さい子猫のとき、病気で親からも捨てられ、一匹で死のうとしているところを保護した猫である。弱弱しく神経質そうな猫で、病院に通いながら何とか生きられる状態になった。あいにく性質が悪く、私には噛み付いて来るし、他の猫にも喧嘩をしかける。それでもかわいい顔をしているではないか。馬鹿な子供ほど可愛いように、馬鹿な猫ほど可愛いものだ。
 問題のおしっこも出るようになったので、早めに引き取ってもらってもよいという。病院に置いておいても処置がし難い。ストレスをかけるから、家に置いた方がよいという。正直、人間の場合も同じであるが、手のかかる猫は病院でも置いておきたがらない。
 私がケージの戸をあけてなでてあげると、モモちゃんは次第に安心したようになり、食糧も少し食べた。
 私はこのまま引き取ろうかというと、予定では明日検査して問題なければ退院、という手筈だという。問題は明日、私は朝早く出て夜にならないと帰れない。何とか19時まで帰れれば明日引き取り、無理なら明後日の朝引き取ることにする。
 モモちゃんのことを30分ほど撫でている。
 家に帰ったのは19時半頃だった。
 まあ、今日はモモちゃんに尽きますわ。
by Larghetto7 | 2006-05-28 23:55 | 日記風
5/27 土曜 大学開放デー
 本日、大学開放デーになっている。別に私に用がある訳でもないけれど、諸般の事情でその間、出勤することになっている。
 普通に考えれば私たちは、今日はグルダイ大会に行くべきなのだろう。
 もっとも、私はこのところS&G学会の方に付き合っているので、グルダイには最近、とんと出ていない。「この頃見ないね」と言われてしまうけれど、報告をしなければ学会に行かない、という方針なので、グルダイはスキップして、ネタをS&Gの方に回している。まあ、社心大会には行くとして。しかし今年はどうなるか分からない。
 4時頃に寝たと思うけれど、5時半頃にチーコに起こされる。チーコが私をおこすというのは、食事をしたいのである。チーコに食事をあげてからまた寝る。7時頃におきる。
 外は雨が降りそうな、小雨のような。
 8時頃に家を出る。予定の9時よりやや遅れる。
 学部の展示会場に顔を出す。Y先生は入試相談で講師控え室?で店開きをするという。
 研究室に入ってメール応答。この日、やっておきたかったことがあったけれど、その時間はなかった。ローソンに行って水と食糧を買っておく。
 11時から12時まで講演会があり、私も出る。12時20分まで続いた。
 研究室に戻って別の仕事にかかろうとすると、某某から電話あり。某室で某先生と一緒に出かける。いくぶん変な筋の協議をする。
 終わってから1階にいって入試相談会のY先生と話す。既に何人か来ている、という。
 某先生の研究室で某件について意見を交わす。このレヴェルでは割と意見が合う。
 若干のメール対応。
 いろいろ考える。この学部はまずい方向に行っている、という事実に、今さら直面する。何か手を打つべきか、見逃すべきか?
 16時近くに入試相談会の部屋に行く。じきに16時になり、開放デーの日程は終了する。
 研究室に戻ってファイルをPDAに入れる作業をする。
 18時近くに帰路につく。まず大学近辺のマルエツに行って、猫食糧を買っておく。大久保団地からバスに乗る。
 北浦和駅のホームから猫の病院に携帯で電話し、モモちゃんの件を聞く。行ければモモちゃんに面会に行くというも、病院が閉まる19時までに行けるかどうか、微妙なところだ。
 なんとか動物病院に19時前に着く。奥のケージでモモちゃんに面会する。まだ食事を自発的にはしていないという。背中に点滴をうっている。首にボール紙の輪を巻いてある状態だった。やや興奮しているけれど、なでるとうれしいようだった。
 19時過ぎに帰宅する。私が帰ると小白が寄ってくるけれど、その小白にテレビ猫が飛び掛るので、私はテレビ猫を追い回す。しかしテレビ猫を含めて、猫たちには食糧をあげる。
 その後も小雨は降り続く、そんな1日であった。
by Larghetto7 | 2006-05-28 01:39 | 日記風
5/26 金曜 モモちゃん入院
 昨日はアホな学内研究費の申請書を書いていた。この件は泣きたくなるほどの笑い話であるが、下級管理職の私としてはそれ以上書くのは止めておこう。
 で、おきたのは9時頃と思う。まあ、寝た方だ。
 猫に食糧をあげることろから一日が始まる。今日は2階の猫たちの一匹、モモちゃんが、またもトイレで長立ちをしていた。血尿が出ており、どうも具合が悪いように思える。この前も病院に行ったのであるが、その後の措置を曖昧にしたまま今日に至っていた。あまり悪そうではなかったので、気に留めずにいたが、このところ私はあまり家にいないので、観察時間が短かったのだろう。家を出るときに、カミさんに病院に連れてゆくように頼んでおいた。帰宅後分かった話、やはり入院になった。人間でいえば尿道結石のような病気で、要するにカロリーの取り過ぎが原因である。食事療法をしないといけない。問題は、他の2匹の猫の食事ペースにあわせると、モモちゃんだけダメ、ということである。
 12時過ぎに家を出た。13時過ぎに大学に着いた。明日の大学開放デーの手配状況などを人から聞く。やはり明日は大学に私も行かないといけない。
 研究費の申請書をプリントアウトし、14部!のコピィをとって、総合研究棟2階の研究協力課に持ってゆく。
 15時から予算の委員会(補佐会+総務委員会)。協議を進めて来週の教授会提案をまとめる。終わったのが17時過ぎ。15分ほどの休憩を取って補佐会に入る。終わったのが20時近く。
 20時過ぎに帰路に着く。帰宅は21時半頃。モモちゃんの入院を聞く。猫に食糧をあげる。2階にいるのは毛長とコロちゃんだけなので、やや静かになった。毛長がいつもより寄って来る。しかしいつもより訴えるように声を上げる。モモちゃんが外に出たと思い、自分も外に出たいと言ってるのか、とも思う。
by Larghetto7 | 2006-05-27 02:02 | 日記風
5/25 木曜 晴れ
 おきて時計を見ると9時半頃だった。久しぶりに、人に言える睡眠時間をとったと思う。外に出るとよく晴れている。しばらくすると猫が寄って来る。食糧をあげる。
 本日、久しぶりに母のもとに行く。このところ土日が学会で潰れるなど、行っている時間がなかった。昨日、代わりにカミさんに行ってもらったけれど、今日行くことにした。通常、私は土曜に行く。家にいられるのは普通は土日だけであり、日曜は月曜の授業の準備で潰れるので、土曜しかない。今度の土曜も、大学開放デーとやらで、潰れる可能性がある。その次の土曜は、中央ゼミナールという予備校に、客引きに行かないといけない。という訳で、行ける日がない。行けるときに行くしかない。
 という訳で、今日は仕事をオフにして、明日提出期限の学内予算の申請書を書くことにした。
 といいながら、業務メールが入ってきて対応に追われる。教免の件で学務係長に確認する。
 気がつくと12時を過ぎていた。昨夜は風呂に入っていなかったので、今さらに風呂に入る。
 という訳で、母のもとに行くのが遅れる。ともかく行く。
 帰宅は19時過ぎ。今日はさわやかな晴れで空気が乾いており、気分が良い。猫が寄って来るのでそれなりに食糧をあげる。
 研究費申請書を書く。
 こうしていても雑用のことが頭を占める。実はできていない、遅れている作業が多い。仕方ないのさ。月曜と水曜は授業に追われ、その前日は授業の準備に追われる。しかも先週は役のある学会の大会があり、さらにアホな研究費申請の手間をかけさせられている。
by Larghetto7 | 2006-05-25 22:13 | 日記風
5/24 水曜 炎の授業日、鍵がない!
 夕方の授業の準備として本に目を通していたら4時頃になってしまった。授業プリントはできていないけれど、4時半頃に寝た。7時半におきた。今日も十分、寝不足である。
 猫に食糧をあげてから、8時半頃、重い荷物(本)を持って家を出た。今日は授業が多いぞ。
 大学には9時40分頃に到着。研究室に寄ってメールを見る。昨夜プリントしておいた演習の毎回の試験問題・正解を印刷室のリソグラフで印刷する。
 3・4が演習。出席者が少ない。規程通りに授業を行う。
 研究室に戻って、昨夜の授業プリントの続きにかかる。
 階段で学部長と挨拶した折、予算の件で協議したいと言われる。授業が空いているのは7・8であるけれど、その時間に9・10の授業プリントを作らないと終わらないので、9・10が終わってからにしてもらう。
 5・6が院の授業。
 研究室で昨夜の授業プリント作りの続きをする。時間がないので適当なところで留めておく。
 9・10が問題の、新規の授業。こいつはある意味、やるのが楽しみなのだけれど、準備の時間がなく毎度苦しい。ともかく無難?に終わる。しかし次回にツケをまわした気がする。
 すぐに事務室脇の元事務長室で、学部長、事務方と予算に関する協議。ま、1時間くらいで終わったか?
 9・10が始まる頃、部屋の鍵の束が見当たらない。研究室をはじめ事務室、教室を探すも見つからない。面倒なことになったな、と思う。
 立ち寄った場所を思い出すと、確かスキャナを使いに地理実験室を訪れていた。地理学実験室に立ち寄ると、院生のM君が、鍵を誰かが見つけていたという。良かった。
 安心して帰路についたのが20時頃。宇都宮線の快速電車が最寄り駅に着いたのがちょうど21時。帰宅は21時15分頃と思う。
 疲れたので早めに寝た。
by Larghetto7 | 2006-05-25 21:53 | 日記風
5/23 火曜 
 9時頃に近くで電話がなったので、とっさにおきて受話器を取る。娘のピアノの先生からだった。挨拶して受話器をカミさんに渡した。
 という突発的な出来事から今日は始まった。本日、午後に会議があるものの、割とゆっくりできる(明日の授業さえなければね)。余裕で猫に食糧をあげる。
 実は先日、近所のスーパーが撤退した。困ったのは猫食糧を買う店が遠くなったということである。昼近く、カミさんと一緒に、息子を連れて、駅の向こう側のスーパーに買い物に行った。
 行った先には猫食糧を置いていない。その近くのドラッグストアで猫食糧を買う。
 さて、そのまま駅に行って大学に向かったのが12時半頃。大学に着いたのが13時半頃だった。今日は14時半から某所で会議がある。
 某先生と某某の件で意見を交わす。この件はダメ、との判断を聞く。
 研究室に戻って規則類を調べておく。
 14時半から総合研究機構棟の2階の会議室で、全学の総合情報基盤機構の会議がある。この席上、図書の購入に関して割りと大きな展開があった。教養学部にとっては第1次効果としてプラスであるが、より重要なのは第2次効果である。席上、某センター長からもっともな意見が出た。ともかく、図書の整備に関して、学部の損得によってではなく、合理的な話し合いをしよう、理屈が通ればお金が来なくても構わない、と強調しておく。
 研究室に戻り、この件について関係者に連絡のメールを出す。
 某件について某某に打診する。
 科研費成果報告書の残りの2つのフォームを記入して総務に送る。ハートシステムとやらの記載を急いで書いて送付先にメールで送る。
 18時半頃に帰路につく。帰宅は20時近く。
 雨上がりだった。猫が寄って来る。食糧をあげる。
 
by Larghetto7 | 2006-05-23 23:55 | 日記風