<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
4/30 日曜  小白を放す
bgm → ラヴェルのピアノ協奏曲

 本日、おきたら11時を過ぎていた。眠かったしね。
 外に出ると猫の大白たちが寄って来る。食糧をあげる。
 間をおいて2階の部屋に行く。小白をケージに入れたままにしていた。昨夜はそれで大丈夫かと危ぶんだ。小白は他の猫を見ると威嚇に走る。他の猫たちは恐れて隠れている。
 この中では、実は小白が一番若いのだ。しかし一番、強いのかも知れない。
 威嚇するということは、ある程度元気になったということである。
 2階に行って、カミさんに手伝ってもらいながら投薬をする。動物病院からは錠剤で薬をもらっている。錠剤での投薬は私はうまくできない。猫の口を無理にあけて薬を放り投げるのであるが、コントロールが定まらず、しかも猫は動いているのだ。
 まずモモちゃんを押さえつけて何とか薬を飲ませた。モモちゃんが暴れるので、私の左手はモモちゃんの手足でひどく引っかかれた。カミさんも指から血を出した。
 小白の方が簡単だった。モモちゃんの方が警戒心が強いからだろう。
 その後でみんなに食糧をあげたけれど、モモちゃんは部屋の中で吐いた。無理に薬を飲ませたからかも知れない。無理はしないことにする。無理に薬を飲ませてストレスをかけるくらいなら、モモちゃんを動物病院に連れて行って注射させた方がよいと判断した。
 さて本日、メールでの応答が多し。ま、つまらん意見交換さ。学会プログラムの書き換えを行う。
 午後になって、庭で猫の黒子をずっと見かけていないことが気になった。小白を入院させるために捕獲してから、黒子を見なくなった。
 カミさんに話すと、黒子は生んだ子供を殺されて以来、小白を自分の子供のように考えていただろう、という。その小白が見えなくなったので、黒子もどこかにいって現れないのではないか、と思えてきた。考えてみると黒子も可哀想に思えてくる。
 小白は、できればまだ、私の部屋に置いた方がよい。しかし、このまま部屋に置いて、他の猫にも吠え掛かる状態では、結局、小白にはストレスになっているだろう。外に出してやれば、黒子も現れるのではないか。そんな気がした。
 カミさんとも相談して、小白を外に出すことにした。
 小白をまず台所につれて行く。猫部屋との戸を開けると、小白は猫部屋に入ってゆく。そのまま、猫ドアを通って庭に出た。
 私も庭に出た。まず母親の母子が現れ、小白と挨拶した。父親の大白もどこからともなく現れた。小黒が現れて小白と庭を走り始めた。
 小白はしばらくは庭を出ずに、庭の中で飛び跳ねていた。
 そのうち、黒子がしばらくぶりに現れた。しかしすぐに私の見えないところに行く。近くにはいるのかも知れないが、ずっと小白がいないので、姿を見せなかったのだろう。
 小白の去った後の私の2階の部屋では、コロちゃんたち3匹がのどかにすごしていた。今まで小白がいたために隠れていたけれど、少し安心したようだった。
 猫のことは難しい。
by Larghetto7 | 2006-04-30 02:36 | 日記風
4/29 土曜
 おきたのは11時頃と思う。疲れていてなかなか起きられなかった。
 外に出るとそれなりに猫が寄って来るので、食糧をあげる。心配なのは、小白をケージに入れたままににしてある2階である。昨夜は小白が鳴き止まず、私が傍で寝るしかないかと思ったほどである。
 2階の部屋に行くと、小白はそれまでおとなしくしていたようだけれど、私の顔を見てケージから出たいといわんばかりに鳴きはじめる。固形の食糧とパウチを部屋の猫たちにあげる。それなりに食べる。
 メールのやり取り。
 現在受け持っている仕事をノートの手書きで整理する。私はアイディア段階では手書きでないといけない。
 カミさんに手伝ってもらって小白に錠剤の薬を飲ませる。モモちゃんに飲ませようとして失敗する。無理はしないことにする。
 今日は母のところに行く。時間が過ぎてしまう。
 母のところには14時半に到着。割と元気だった。
 18時半頃に帰る。帰宅は19時過ぎ。
 2階で小白はおとなしくしていたようであるが、やはり私が行くと騒ぎ出す。他の猫たちを威嚇する。
 委員会MLを2つ作って最初の連絡メールを出す。やりやすいやら、やりにくいやら。
by Larghetto7 | 2006-04-29 23:55 | 日記風
4/28 金曜 会合が続く
 本日、会合が続く。
 7時半におきる。眠い。でも猫に食糧をあげて回る。
 予定では、今日は動物病院に猫の小白を引き取りに行く。しかし家に連れて行ってもまず、私の部屋においていかないといけないと思う。処置が難しいので私が引き取りにゆくことにした。問題は朝から出てなかなか帰れないこと。夜に引き取りに行くつもりでいた。
 8時半過ぎに家を出る。いつもの電車に乗り遅れる。大宮駅についてから、京浜東北線が大幅な遅れ。大学に着いたのは10時15分頃だった。
 10時半から某室で某会合。やや時間が足りない。13時にやっと終わる。
 13時から「研究基盤費」に関する、文化環境専修の会合。私が説明に出向いて、一緒に話す。一応の結論を得て14時半少し前に解散。
 14時半には3人の先生方と1階ロビーで待ち合わせている。留学生ケアに関して話し合う会合。私が言い出してきゃら亭でコーヒーを飲みながら話し合う。
 たぶん16時頃までに、一応の話を伺ってお開き。
 研究室に戻ってファイルの整理をする。
 17時頃に帰りのバスに乗る。携帯メールでカミさんに、動物病院に電話したかと聞く、していないとの返事。北浦和駅のホームで携帯で動物病院に電話する。退院できるという。19時頃に行くと伝える。カミさんには携帯メールで、病院代を用意しておくように頼む。
 18時過ぎに帰宅した。猫が寄って来るので、まず食糧をあげる。休む間もなく動物病院にカミさんと一緒に行く。小白を引き取る。薬をもらってくる。1週間分の薬が出た。
 帰宅してから籠ごと、小白を私の部屋につれてゆく。喧嘩にはならないけれど、小白はさかんに他の猫たちに吼えかかり、けん制する。なかなか落ち着かない。これだから私がずっといないといけない。私が撫でると小白はある程度落ち着く。慣れるのに時間がかかりそうだ。
 今日はやたら眠いけれど、小雑用がいろいろある。明日は母のところに行かないといけない。この調子だと、まあ、疲れは取れないな。
by Larghetto7 | 2006-04-28 23:37 | 日記風
4/27 木曜 小白入院続く、モモちゃん通院
 今日は昼から大学に用がある。しかし入院した小白の件で動物病院に行かないと行けないし、モモちゃんのことも病院に連れて行かないといけない。
 おきたのは9時頃と思う。庭に出ると大白たちがやってくるので、食糧をあげる。暖かくなったせいか、家の中にいる時間は減っている。
 2階の猫たちに食糧をあげる。その中のモモちゃんを抱いて籠に入れた。籠の中でモモちゃんはある程度鳴き叫ぶけれど、騒ぐ方ではなかった。以前、モモちゃんは小さかった頃は、毎日のようにこの籠に入れて病院に運んだ。その頃は片方の手のひらに乗る大きさだったけれど、今は大猫になっている。
 動物病院にモモちゃんを連れて行った。小白はまだ熱があるので、今日も入院を続けることになった。モモちゃんについては、まず採尿で検査をする。案の定、血尿が出ており、人間でいうと腎臓結石のような症状だという。薬と同時に食事療法ということになり、Phに効く固形食糧を買うことになる。モモちゃんの方は自宅療養、ということになる。入院なし。
 病院のケージにいる小白に面会した。ドアを開け、撫でてやると、初めは緊張していた小白が段々と慣れて、以前のようにひっくり返ってゴロニャンとするポーズも取るようになった。私が撫でている間にも出せれた固形食糧を食べていたので、私が会いに行ったのはよかったと思う。
 11時頃、動物病院から大学に向かう。大学に着いたのは12時半頃と思う。
 13時少し前に学務に行く。今日は編入学志願者が過去問題を閲覧に来るついでに説明を求めている。その説明のために待機する。私は既に広報委員ではないのであるけれど、まだ皆さんなれてないので、今日は私がやることにした。広報委員のY先生も時間があるので来てくれた。
 約束の13時に予定の人が学務を訪れたので、空いていた元事務長室で資料を渡して多少の説明をさせていただく。過去問題このコピィを含めて40分くらいで終わる。
 研究室に戻って残った雑務をこなす。学会関係の仕事がひと段落する。
 家でないと仕事にならないので、16時頃に帰路につく。帰宅は17時半頃。
 帰宅すると猫たちが寄って来る。食糧をあげる。
 買い物に出る。
 戻ってから、18時半近く、動物病院に行く。小白に面会に行く。また小白をなでる。嬉しそうだった。多少は緊張が溶けたようで、食事の量が増えたようだ。
 19時過ぎに家に帰る。
 夕食。
 仕事というか、雑用を続ける。寝たのは4時頃。
by Larghetto7 | 2006-04-28 23:25 | 日記風
4/26 水曜 小白入院、モモちゃんもか?
 7時半におきた。私が庭に出ると猫の大白らが寄ってくる。小白が入院していないので、いつもは小白がやっていること、つまり私にすり寄るのを大白がやっているように見える。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげ、猫トイレを掃除する。
 して、8時半頃に家を出た。今日は3・4から3つ、授業がある。
 バスが大学に到着したのは9時40分頃。研究室で授業の準備をしようとするも、メールでさえぎられる。
 3・4が演習で21番教室。私がしゃべって、学生の報告の時間がなくなった。
 研究室に戻る。カミさんから携帯メールあり。10時過ぎに小白を入院させている動物病院に、電話をかけてもらっていた。その結果が届く。結構詳しく書いてある。やや安心する。動物病院に電話をかけて確認する。小白は悪い病気ではなさそうである。が、まだ熱が高く、食欲もないので、今日も入院を続けることになった。明日の朝、引き取れるものなら引き取りたい。
 小白は食欲がないというが、知らないところにいて不安であることもあるだろう。この猫は生まれたときから私の家の敷地内にいて、さほど遠くには行かない。私が帰ると子犬のように私のところに飛んでくる。そんな猫であるから、私が行くと少しは安心するような気がした。しかし病院は19時まで。私の授業が17時半までであるので、19時までに帰れるかどうか、きついところである。
 すぐに5・6になる。実験室で院の授業。その間にある4年生の問題が飛び込んでくる。対応が難しい。
 7・8は次の時間の授業の資料作り。PowerPointファイルの作成が、昨夜は終わらなかった。その間に何人かの訪問者あり。業務のメールと電話あり。授業準備が進まない。
 やっとファイルができてプリントし、リソグラフで印刷して授業に間に合わせる。
 9・10は例によってPowerPointで授業をする。17時半ちょうどに終える。
 小白のためにすぐに帰りたかったけれど、ある問題に関してF先生らと協議する。
 結局、帰路につけたのが18時半過ぎ。小白に面会することは適わなかった。
 20時頃に帰宅する。私が帰ると大白たちが寄ってくる。食糧をあげる。テレビ猫もやってくる。
 2階の猫たちに食糧をあげていて、猫のモモちゃんの具合が悪いことに気がついた。いや、今までも少しおかしいのは分かっていたが、確信した。モモちゃんをまた、明日病院に連れてゆきたいとカミさんにいうも、あまり取り合ってくれない。
 猫の心配をしながら、授業サイトを更新し、某学会の作業をする私であった。
by Larghetto7 | 2006-04-26 23:55 | 日記風
4/25 火曜 小白がいない
雑感 → 続・ハナミズキ

 今日は非常勤のM先生と昼食をとる約束になっていた。で、目を覚まして時計を見るとほとんど11時だった。ゲッ。

寝坊!!

まあ、昨日は1時間半の睡眠で授業を3コマやって別の仕事もし、寝たのが3時過ぎだったから普通におきられる訳がなかった。寝坊のおかげて身体が楽になった。
 携帯で資料事務室に電話し、研究室のドアに来られないと貼紙をするように頼む。
 庭に出ると猫が寄って来るが、いつも真っ先に寄ってくる小白がいない。小白は昨日も見なかった。雨が降っているので、昨日はどこかにいて出てこなかった、とも考えられるけれど、こうなると事故があったとしか思えない。小白が家の中に来なかったことなど、まずないのである。
 保健所の生活衛生課、市役所の衛生課に電話して生死はとわず猫の引取りがあったかと聞いてみたが情報はなかった。警察にも行った。犬猫は法的には財産扱いだから、猫がいなくなると遺失物届けを出すのである。小白の写真をプリントして持っていった。警察にも該当しそうな情報はなかった。むろんあって欲しくはないが。
 心配しながら大学に向かった。
 途中でカミさんから携帯メールが入る。書いてある意味が分からん。ふざけているのか、と腹が立ち、「意味分からん」と返事する。もう一度メールが来て、「猫ドア」の下の縁の下のようになっているところに小白がいた、という。見た、というだけ。「うずくまっているとすれば怪我をしているのでは?」とメールを送る。電車を降りて電話する。カミさんは「見てみる」という。
 大学に着いてからまたメールが来る。小白を捕獲して動物病院に連れて行った、後は私は忙しいから自分で電話せよ、という。やはり小白は具合が悪かったようだ。雨の昨日、小白が見えなかったということは、その縁の下のような場所にずっと、寒い中、うずくまっていたのだろう。
 動物病院に電話すると、小白は熱が40度くらいあるので、抗生物質などを与えて、今日は入院になった、と説明を受けた。外傷はない。が、原因が分からず、検査をするらし。悪い結果でなければ、と思う。
 研究室で教育でも研究でもない業務をする。何人かの人と話して事情を聞く。
 17時半頃に帰ろうと思う。バス停で長い列ができている。大久保団地まで歩いて、別系統のバスで北浦和駅まで帰る。
 考えてみると今日は、小白の問題で、朝から何も食べず、何も飲んでいなかった。
 帰宅は19時20分頃。
 カミさんから小白を捕獲したときの様子を聞こうとするも、あまり話してくれない。猫のことに私がかかわると不機嫌になるのはいつものことで、仕方がない。
 問題は、明日10時以降に病院に電話しないといけないのであるが、電話は私がする以外になく、あいにく朝から授業がある。病院は19時までで、私が帰宅するのは仕事上、19時を過ぎるので、小白を私が引き取ることもできない。カミさんに頼むにも嫌そうにするので、どうしたものかと思案する。明日の授業の準備をする。
by Larghetto7 | 2006-04-25 03:08 | 日記風
4/24 月曜 下の娘の誕生日
 授業の準備に時間がかかり、寝たのは5時頃だった。6時半におきたから、そりゃ、当然に一日中眠い。
 猫に食糧をあげて回る。庭の猫たちは朝はおきたばかりで、あまり食べない。
 7時半に家を出て大学に向かう。
 途中、今日は娘の誕生日であることを思い出す。電車の中でカミさんと携帯メールのやり取りをし、ケーキを買っておくように手筈を決める。
 渋滞でバスが遅れ、大学に着いたのは8時40分を過ぎていた。
 1・2~3・4が実習の授業。TAに頼んでいた地理研のM君にレポートのメールが行く手配をする。この授業で初めて、先日中古で買った Let's note R4(大河ドラマ路線で、'kazutoyo'という名前がついた)が授業デビューを果たす。
 昼休みに持ってきた弁当を食べる。
 7・8の授業プリントを作り、境域機構棟2階の印刷室のリソグラフで印刷する。
 日中はよく晴れ、ハナミズキがきれいだ。
 7・8が301の階段教室で講義。
 本日、専修学生で履修届けのサインをもらいに来る学生、多し。
 演習のテキストの手配をする。ピアソン・エデュケーションのHさんにメールを送るほか、生協で手配する。本代が予想した私のアナウンス価格より高いので、買う学生には代金の補填をしないといけない、と覚悟する。
 早く帰ろうと思いつつ、帰路についたのは17時頃になった。雨が強い。夏の雨のような気がする。
 電車が遅れる。混雑が激しく、電車を1つ見送る。
 帰宅は19時頃。雨ではあるが、テレビ猫などは現れる。食料を上げる。大白や母子は温室にいるし、小黒や黒子は猫部屋にいたりする。食糧をあげる。
 夕食後、下の娘がピアノのレッスンから帰ってくる。家族みんなで下の娘の誕生祝にケーキを食べる。
 メールの対応をしていて時間が過ぎる。授業サイトの更新をする。学会関連の仕事をする。
 
by Larghetto7 | 2006-04-24 23:55 | 日記風
4/23 日曜
 今日は休日だから1日中仕事ができるな、って、そりゃなんか間違っている。
 目を覚ましたのが12時だった。おきてしばらく、身体が動かない。まあ、疲れていたんでしょ。明日は早いので、どうせ今夜は睡眠時間がほとんどない。まあ、寝だめですわ。
 天気はよい。私が庭に出ると庭猫たちが来たので食糧をあげる。
 暖かくなったことを実感する。地面に猫食糧を皿を置いておくと蟻が集まるようになった。温室を見ると、ナメクジが這った跡がある。
 学会プログラムについては昨夜作業したけれど、いくつか未決の点があり、メールで問い合わせを出している。しかしなかなか帰ってこない。週末はメールを見ない人が多いのか。
 猫用の食糧がなくなってきたので近所のスーパーに買い物に行く。
 学会大会用のサイトを作って仮にアップする。
 買ってきたノートZPCは、まあ具合は良いけれど、バッテリー駆動だと画面が暗い。明るくするとバッテリーが落ちるからそのままの設定で使う。しかしやはり、デスクトップがあるならデスクトップで使った方がよいよな、と思う。
 大河ドラマの「功名が辻」を観ながら夕食、といういつものパタンになってきた。
 最近つらいのは、メールが多過ぎて整理する時間がないこと。困るよね。今日は月曜の授業の課題がメールで来ている。が、この調子だと他のメールが分からなくなる。対応が必要だ。
by Larghetto7 | 2006-04-23 21:37 | 日記風
4/22 土曜
 おきたのが9時半頃だったと思う。今日は1週間ぶりに母のところに行かないといけない。しかし仕事が多い。
 日が高くなっているけれど、私が外に出ると猫たちが寄ってくる。食糧をあげる。2階の猫たちも腹をすかせていた。
 午前中は新しく買ったノートPCへのインストールを続ける。
 午後、出かけようとするけれど、準備に時間がかかる。どうしても行ってから仕事をしようと考えてしまう。
 14時半過ぎに母のもとに着いた。行ってから近所に買い物にも出かける。
 帰宅は19時半頃。移動で疲れた。
 某学会の仕事を急ぐ。
 夜中までかかるも、なかなか終わらない。
 気がつくとこんな日にちになってしまった。時間が経つのが速い。
by Larghetto7 | 2006-04-23 21:33 | 日記風
4/21 金曜  予算会議、Panasonic Let's note R4

 本日、予算の会議が午後にある。
 おきたのが9時ころだった。昨夜、ウワー、ノートPCが壊れたぁ、ということで台所で酒を飲んだら、一日中頭が痛い羽目になった。
 外に出ると猫たちがみんな現れる。食糧をあげる。
 昨夜に引き続きカミさんが、熱を出して寝ているので、今朝は朝食抜きで10時半ころに出かける。大学では午後に会議がある。しかし私は会議どころではない。ノートPCを買おうと考えている。今使っているVaioノートはある意味、気に入っているのであるが、現在の使い方からするとPanasonicの Let's note の R4 がよい。そのうちOSが変わってしまうことを考えると、中古PCでもよいだろう、と考える。予算がないから私費で買う。という世界である。
 でがけにまず、近所の石丸電気に入ってみた。しかし携帯ノートの類はほとんど置いていなかった。デスクトップPCのような使い方のノートが売れているんだろうと思う。
 駅に行って電車に乗る。大宮駅で降りて駅前のソフマップに入る。ここは中古PCの品揃えが多い。すぐにR4が目に入った。店員に問い合わせると同じR4でも、もうすぐに新製品が出るらしい。新製品はすぐには手に入らない。新製品と展示品との相違の大きいのは、新製品ではHDDが40GB→60GBになることらしい。今日、ノートといえどHDDの40GBは小さい。しかし現実にノートPCで使う用途は昨年度の場合は圧倒的にプレゼンであるから(つまりそんな業務ばかりやっていた、ということよ)、特殊なソフトを使う場合は外付けの小型HDDでよいだろう、と考える。
 R4について初めて知ったのは、CD-ROMドライヴが外付けであること。なるほど、そうしないとこの小ささにはならない。しかし内蔵の方がむろん、便利である。結局、2万数千円でCD/DVDのドライヴを別途買い、その中古品のR4を買うことにした。
 R4を持って大学に向かう。バス停でI先生とご一緒する。
 大学の研究室でR4を取り出し、ソフトのインストールを始めた。まずはfree/shareware のユーティリティソフト類をインストールする。
 14時過ぎに総務係長から電話あり。某会議があるので出席せよという。その会議のメンバーであることを初めて認識した。あはは。
 すぐに会議に行く。この会議はすぐに終わる。
 15時から第1小会議で、総務委員会+補佐会の、今年度予算に関する会合。学長による部局への予算配分案を受けて、部内での予算措置をどうするかの会合だった。大体は私が予想した措置をとることになる。事務方は思い切って管理経費と共通経費を落とした試算を出してきた。たぶん、そこまでしないと事務室のエアコンの予算がつかないと踏んだからではないかと思う。この試算、共通経費については委員会予算を切り詰めれば何とかなりそうに思うけれど、管理経費についてはそこまで切り詰められるのか、心配になる。会議は18時頃にやっと、一応のまとめが出る。ある件について私に宿題が出た格好だ。
 研究室に戻り、再びR4へのソフトインストールを始める。その間にある件でY先生が私の研究室を訪れ、長く話し込む。
 20時頃にやっと帰路につく。しかし引き続き、頭痛が治まらない。原因が昨夜の酒のせいであるのは分かっている。
 帰宅は21時15分頃か。私が帰宅すると玄関近くに小白と小黒が現れる。後から大白などが現れる。食糧をあげる。2階の猫にも食糧を上げる。よく食べた。
 すぐにかからないといけない仕事があるものの、どうしてのノートPCのことが気になって、ソフトインストールを続けてしまう。
 この機械は、見た目の点では SONY の Vaio のような優美さはない。しかし現在の用途には、機能的に向いている。見た目も重要なのであるが。
 夕食をとった辺りから、頭痛が治まってきた。いつもそのくらいのタイミングで何とかなるのだ。
 まだインストールしていないソフトは多いけれど、夜半になるとほぼ、使えるようになる。この文書もR4で書いて、R4でアップするぞ。
by Larghetto7 | 2006-04-21 23:55 | 日記風