<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2/28 火曜 大学で用あり
雑感 → 台所の猫たち

 本日、大学で研究生の申し出をした人への面接がある。
 おきたのは9時頃だったか? やはり曇っていた。今日は小雨が時折降っていた。庭に出ると大白、小白らが集まってくる。テレビ猫も来た。食糧をあげる。やはりテレビ猫が食べてしまう。2階の猫が食欲旺盛なのはいつものことである。
 入試業務が明日からあるはずなのであるが、まだ作業分担が未定な箇所がある。
 午前中に学務係から電話あり。卒業するつもりの4年生に単位の問題が生じたという。対処を依頼される。本人と電話で話す。私が大学に行って話すことにする。電話だけでは要領を得ない面がある。単位の表を見て判断する以外にない。
 12時頃に家を出る。大学には13時過ぎに到着。
 まず学務によって係長から事情を伺う。明日の入試業務の手配について確認する。
 飛込みで入試課のAさんが大学案内の撮影担当者を連れてくる。事前に話があれば準備をするものを、と思う。時間がないのであるが、候補となる撮影の部屋を案内する。結局、それらの部屋は使わず、大教室を使ったようだった。
 研究生志願者と約束した14時になってしまう。志願者とは3階の廊下で会う。実験室で待つようにお願いする。入試課への対応を済ませる。
 やや遅れて面接を行う。事情を聴いているうちに、研究生になる要件を充たしているか否かに疑問が出てくる。一緒に学務係に行く。しかし係長は会議で、係長でなければ分からないようだ。会議が終わってから係長に話を聞く必要ありと判断する。志願者には1時間後に来てもらうことにする。
 問題のあった4年生も実験室に現れた。事情を聴く。やはり学務係に行って確認する。係長はまだ戻らず。学務係員に単位状況の確認をお願いする。対処の仕方がやっと判明する。どうすべきか、本人に考えさせる。私も当ってみることにする。
 その後、別の先生と会い、対処の仕方が見つかる。そのことを携帯で本人に伝え、詳しくは私から伝えるといっておく。本人が現れ、協議する。
 その間に多少のメール応答あり。
 私の携帯に母からの電話着信記録があった。携帯で電話してみる。本日、病院に行ったので心配していた。話がよく分からないので、カミさんに電話して事情を確認する。
 という訳で、今日は楽な話であるはずが、結構、緊張してしまった。
 学務係長が戻り、明日の入試業務について確認。もう一人のアドミッションセンター教員であるY先生と明日の段取りを話す。
 18時頃に帰路につく。電車が遅れるも、なんとか快速電車に乗る。帰宅は19時半頃。
 猫が猫部屋から庭に出てくる。食糧をあげる。
 20時過ぎに夕食。
 多少のメール応答をし、つまらない業務をこなす。学会関係のメールが来る。こちらの引き受け仕事もこなさないといけない。やれやれ。
by Larghetto7 | 2006-02-28 00:58 | 日記風
2/27 月曜 寒い
 本日、久しぶりに!大学には行かない。今日は母のもとにいかないといけない。
 8時頃におきた。外は曇りで、風が冷たい。庭に出ると例によって猫が何匹か寄ってくる。食糧をあげる。やはりよく食べたのは食糧が不安定なテレビ猫だった。
 2階の猫にも食糧をあげる。今日は大学には出かけないので、猫トイレを時間をかけて掃除する。掃除するそばからモモちゃんらがトイレに入る。この猫たちはよく食べて、便の量も多い。
 天気予報を見るとしばらくは寒い日が続くようだ。

 オリンピックも終わったせいか、テレビをつけるとまた「永田メール問題」を扱う番組が多くなった。
 この件を考えるにつけ、民主党がケチがつき通しであることをあらためて認識する。運が悪い。
 ケチの付け始めは菅直人の代表辞任だったろう。菅直人が代表を辞任したのは、確か保険に入っていない期間が少しあったというだけで(記憶違いか?)、責任云々は本来、問題になることではなかった。ただあのときは民主党が率先して、保険に入っていない閣僚を攻撃したために、矛先が民主党自身にかえってきた、という経緯だったと思う。そもそも、保険がどうのと言い立てる話ではなかった。
 菅直人も、辞めなければそれまでだったような気がする。菅直人がやめて以後は、代表の器でない人が代表の座をたらい回しして、傷口を大きくしてしまった。
 次のケチは、この前の衆議院選挙の大敗と、岡田代表の辞任である。選挙の大敗は郵政民営化について民主党が傍観を決め込んだことが遠因であるけれど、民主党があそこまで負けたのは、小泉が政局を面白くしたという偶然的要因による。ここでも民主党は運が悪かった。
 そして今度のメール問題である。この件は確かめもしないで永田議員を使った野田委員長が悪い。けれどもまた、攻撃しようとして失敗するといういつものパタンを繰り返した。菅直人や小沢一郎が党首であれば、こんなことをしただろうか?
 逆に運が良かったのは小泉首相である。郵政民営化反対派に対する攻撃が国民から受けた。皇室典範問題では、あのまま行けば混乱は必至だったけれど、紀子さん懐妊によってこの問題を棚上げする名目ができた。
 ただ、運の良し悪しだけではなかったのだろう。第1に、民主党の第2自民党化によって、民主党には自民党と同じ志向をもった、しかし自民党より質がやや落ちる議員しかいない、という事情である。第2に、民主党はともかく政権を取る経歴を持たぬ限り求心力を長く保つことができない。だから一刻も早く政権をとらないといけない内部事情があり、その内部事情によって無理な攻撃をしかけることを余儀なくされている。要するに、手薄な陣容で無理な攻撃をしかけているからうまく行かない、という話であるように見える。
 
 さて、本日は12時台に、カミさん、息子とともに母のもとに訪れた。なかなか難しい。帰宅は18時頃だった。風が強く寒い。しばらくはまだこんな調子かと、諦める。
by Larghetto7 | 2006-02-27 11:31 | 日記風
2/26 日曜  個別入試2日目
 本日、埼玉大学の個別入試の2日目に当る。例年であれば私は家で寝転がっていればよい。が、今年はアドミッションセンター教員なので、採点場の立会いをすることになっている。幸い、私の当番は12時からである。
 昨夜は早めに寝入ったような気がする。なにせ眠くて仕方なかった。本日、目覚ましを9時にかけていた。たぶん目覚ましが鳴るよりやや早めに起きたと思う。外は小雨模様の朝だった。大白、小白らが現れる。猫に食糧をあげて回る。
 10時半頃に家を出る。雨交じりの朝のJRのホームはやや寒いと感じる。
 大学には11時40分頃に着いたと思う。人気のない学部棟に入り、研究室に立ち寄る。PCをつけていたら12時に近づいた。急いで採点場のA301教室に急ぐ。
 今日は朝8時台からY先生が立会いに出ており、私と交代する。本学部に限らず、結構知っている人が多く、世間話で時間を費やす。時折、採点が終わった答案の束の確認を求められる。
 途中、アドミッションセンター長のY先生が現れる。昨日は何も問題はなかったけれど、今朝はいきなり問題が生じて、試験開始時間を遅らせたという。事情を聞くと起こりそうにないことが起こった、ということだった。回り道をした措置をとったようであるが、適切な処置だったと思う。
 教育学部の某先生と顔を合わせた折、学長の話が出た。某先生の観測では、あの学長を積極的に支持する人はいないけれど、何か都合のよいことをして欲しいとみんなが思っているので、続いているのだろう、とのことだった。それはいえてる、ウチにも頼みごとしてる奴、いるし、と答える。
 私の当番は15時半までだった。しかし時間になっても交代の人が来ない。しばらくそのまま待機し、20分ほどしてからセンター長が来てくれたので私は帰路についた。
 バスで北浦和駅まで行く。駅の改札付近で、前の方で歩いていた人が雨水で濡れた床に滑って後ろに倒れて後頭部を打った。50くらいの視覚障害者の男性のようで、そのまま倒れこんだ。何人かが立ち止まった。私は駅員を呼びに行くと、その前に駅員がやってきた。救急車を呼んでもらう。床に血がついている。後頭部の付近から血が出ていた。傷口を何かで抑えようとしたがハンカチなどを持っていなかった。近くにいた女の人が、「要りませんから」といって、子供用の緑のシャツを私に差し出す。そのシャツで傷口付近をふさいだ。気分が悪いかと聞くと、気分が悪いと答える。年配の駅員(駅長か?)が倒れた人から、氏名、住所、電話番号などを聞く。応答に問題ないので、まずい状態ではなさそうだった。しかし身体に震えがあり、寒いと訴えるので、駅員が毛布を持って来てかけた。私はその間、ずっとシャツで傷口を抑えていた。救急車が来るのが遅い。サイレンが止まってからも救急隊員が現れるまでに時間がかかった。じきに3人の救急隊員が東口方向から現れた。年配の駅員が主に説明する。私も簡単に質問に答えた。キャスターに病人を乗せて病院に救急隊員が運ぶ。駅員に簡単に挨拶して別れた。
 北浦和から電車に乗り、大宮駅で降りた。駅ビルの無印良品店に行って文房具を買った。買い物してから電車で帰って、帰宅が18時15分頃だった。
 雨はほぼ止んでいた。私が帰ってしばらくすると猫が3匹ほど現れた。テレビ猫も現れた。食糧をあげると、やはり食うのはテレビ猫ばかりだった。
 2階の猫たちにも食糧をあげた。すると母から電話がかかってきたとカミさんが伝える。1階に戻って母と電話で話す。明日、母のもとに行くことにする。
 夕食。トリノのオリンピックは閉会式になったという。
 夜、いつもより早めに、息子と風呂に入った。
by Larghetto7 | 2006-02-26 23:18 | 日記風
02/25 土曜  入試個別試験
2/25 土曜  入試個別試験

 今日は学部入試、個別試験がある。私は入試委員長ということになっているので、試験場主任のY先生とともに、遅くとも8時に試験場本部にいなければならない。
 という訳で、3時頃に寝て5時半におきた。目覚ましをかけていたけれど、鳴る前に目を覚ました。外はまだ暗い。しかし猫たちは外に出ている。次第に明るくなる。今朝は下手すると雪の予報であったけれど、昨夜は雪はなく雨だった。雨上がりの庭で空気に湿度を感じる。猫たちに食糧をあげるも、さして食べるでもない。2階の猫たちはむさぼるようによく食べる。
 最寄り駅6時39分に電車に乗って大学に向かう。北浦和駅前でバスを待たされた。それでも7時40分頃には大学に到着した。建物に鍵が掛かっている。カードキーで中に入るも、試験場本部の部屋の鍵も開いていない。じきに学務のAさんが現れ、試験場本部の部屋に入る。4階に行ってみるとY先生は既に研究室に入っていた。
 8時に学務係長とY先生は入試課に試験問題・答案を受け取りに行く。私は事務長と、試験場であるC棟の部屋の確認に回る。
 試験監督の集合時間は9時10分。その時間が近づくも、監督者はなかなか集まらない。1人欠席の報が入る。もう一人くらいは欠席しそうに思えた。3人目の欠席者が出ると私が監督に回らないといけない。幸い、欠席者は1人で済んだ。
 9時15分頃からY先生が監督者に対し説明。予想したより時間が余る。今回はマニュアルを整備したので、監督業務に支障はないと見込む。
 9時35分頃に監督者は試験室に移動。試験開始の10時までやや間がある。11時半に特別選抜の試験が終わり、答案類が戻る。12時に一般の試験が終了。答案の整理が終わるのが12時半過ぎ。
 その間、11時頃から30分ほど、学長、貝山理事、学生部長が試験場本部に来る。学部長、Y先生、私で対応する。学長は「私が新たに考えた大学標語」というのを持ってきた。見ると、「研(みが)こう、知と技 埼玉大学」だった。この件についてはそれ以上論評しない。
 試験終了後、学務係長にY先生と私が着いてゆき、本部4階で答案を引き渡す。枚数チェックをする。入試課では課長、アドミッションセンター長が来る。枚数を測る専用の機械がある。
 私がY先生と自分の分の弁当を買いに出る。セヴンーイレヴンに行ってくる。戻ってから本部で食べる。学務係長はいつものように持ってきた弁当を食べている。
 13時半に面接の先生方が集合。事前協議を経て、面接開始は14時半。欠席者が出た面接室では早めに面接が終わり、面接の先生方が成績を持って戻ってくる。最後の面接室の結果が来たのが16時55分。
 面接試験の後始末をして、18時頃に解散。
 帰りのバスが込んでいた。大久保団地でバスに乗ることにする。途中、マルエツに寄って、2階で猫食糧を少し買った。
 バスに乗ってきた浦和へ。途中、ひどく眠かった。
 帰宅は19時半過ぎ。
 私が帰るといつも猫の大白、小白たちが出てくるのであるが、今日は姿を見せない。どうしたのか、猫に不満を持つ隣のおじさんらが、大白たちを捕獲して保健所送りにしたのであるまいか、などと心配した。が、しばらくして小白が現れた。その後でテレビ猫が現れた。その後、小黒、黒子が現れる。食糧をやったけれど、食うはテレビ猫ばかり。大白たちはその後、猫部屋に入った。
 2階の毛長たちにも食糧をあげてから、私の夕食。
 今日は下の娘の帰りが遅く、23時を過ぎた。カミさんが駅に迎えに行った。
by Larghetto7 | 2006-02-25 23:19 | 日記風
2/24 金曜 入試前夜
 5時半頃に寝て9時過ぎにおきた。実は明日は、寝た時間に起きないといけない。
 外は曇りで、今日は夕方、雪になるという予報がある。ニュースを見ると雪の予報は雨の予報に変わっていた。
 大白たちが現れる。食糧をあげるも、それほど食べるでもない。小黒や母子は猫部屋のダンボールの中で寝ている。
 2階の猫たちは相変わらず大食いで、私が現れるのを待っていた。
 インターネットのニュースを見ると、フィギュアの荒川静香選手が金メダル、というトップニュースが出ていた。へぇー。
 今日は13時から大学に用がある。11時頃に家を出る。大学に着いたのは12時20分頃と思う。
 13時に約束していた4年のIさんが早々と実験室に来ていた。バイト書類作りをする。彼女も内定をもらっているようで、待っている通知もあるという。話を聞いていると、就職が決まっていなかった人も就職を決めていたようだ。さすが好景気、じゃなくてウチの大学。
 いくつかの書類の処理をする。生協で科研費の注文もする。遅いんだけど、情状酌量して欲しいところだ。
 広報委員会の体制の件で学部長にメールで返事する。
 研究室で書類作りをしていると、もう一人のアドミッションセンター教員のY先生がやって来る。今日は明日の個別入試の試験室の設営があり、私たちは試験室の確認をする。Y先生、事務長、学務係長と私で、C棟試験室の点検をする。センター試験のときと比べてさほど時間をかけずに終了する。
 学部長から電話があり、メールの件で学部長と話す。後で学部長室に行って学部の予算について確認する。
 例年初夏に完成させていた『学部案内』を今年は3月中にやっておく必要があると思う。その他、大学院の案内も作っておかないといけない。やはり業務がたまってしまう。
 同じフロアのM先生と院の案内冊子などについて話す。
 18時過ぎに帰路につく。経済学部のF先生とバス停で会い、モーツァルトなどについて雑談する。
 19時10数分大宮発の電車に乗る。帰宅は19時50分頃。雨もほぼ止んでいる。大白、小白、小黒などが庭に出てくる。
 
by Larghetto7 | 2006-02-24 21:25 | 日記風
2/23 木曜
 本日はいわば業務の間の日である。昨日成績を出し終わり、明日から入試業務で忙しくなる、という合間の1日である。さしたる用はないけれど、それでも大学でするべきことがある。
 昨夜は割りと、私にしては早めに寝た。夜中に見知らぬ猫がいた。夜にはいろんな猫が立ち寄るのかも知れない。どうも「猫の道」があるらしく、隣のKさん宅の玄関前から我が家の裏、そして反対の隣のTさん宅の塀へとつながっている。Tさん宅の裏のHさん宅には犬がいるので、Hさんの敷地は猫は避けるようである。
 おきたのは9時頃で、よく寝た方だ。
 外はよく晴れて暖かい。この時期にしては異様に暖かい、といえる。明日になると寒くなる予想である。猫たちが現れるので食糧をあげた。テレビ猫もやってきた。
 家で多少の準備をする。12時頃に家を出る。大学には13時台に到着。少し研究室にいてから、処理しなければならない件で事務方に打診して回る。やれやれ。収穫はなかった。
 SPSSのVer.14 をオプション付きで気軽に注文した。ま、研究する時間は無いのに研究費だけはあるから。
 中途半端な時間があるため、何人かの先生方と良からぬ話をする。
 18時過ぎに帰路に着く。確か大宮駅のホームでカミさん宛に、帰宅は19:50と携帯メールを出した。その予告通りに帰宅した。
 私が帰宅すると例によって猫が集まってくる。食糧をあげるも、あまり食べない。
 明日までに作っておかないといけない書類がある。

 ニュースを見ると民主党の永田議員が議員辞職を口にしたというニュースが流れる。例のメールの売らづけが撮れずに憔悴したということらしい。馬鹿みたい。言い出してから裏づけを取るというのは、順序が逆だろう。自民党が巧者という訳でもないのに、民主党がお子様のようなことをしている。その他には女子のフィギュアが何とかといっている。それほど騒ぐ話か?

 困ったことに、明日は雪が降るかも知れないという。雪に祟られる入試だ。センター試験の時にも雪が降り、思わぬ大雪となった。個別試験でも雪かよ。困るのは、試験時間の繰り下げを私は心配せねばならず、試験室監督が試験場に到着できない事態も考えないといけないことだ。明日は雪対策を協議する必要があるかも知れない。
by Larghetto7 | 2006-02-23 23:55 | 日記風
2/22 水曜 猫の日
 テレビを観ていたら今日は「猫の日」だという。222でニャンニャンニャンということらしい。ニャンニャニャンかもしれないが、どっちでもよい。
 昨夜は成績付けを続け、朝になった。7時過ぎにやっと寝た。むろん既に明るくなっている。明るくなる前から猫たちは庭に出て騒いでいた。おきたのが12時半だった。
 それからまたレポート類に目を通し、15時頃にやっと、残った成績が付け終わった。
 学務係には昨日、「明日残りの成績を出す」といってある。成績を出すために15時半頃に家を出た。
 17時前に大学につき、成績の書類を学務に出した。こうやって自転車操業で仕事をしている。
 今年はいろんな業務がこの時期に詰まっていて、厳しい。(物理的な)メイルボックスを見ると土曜からの個別入学試験の実施に関する書類が入っていた。昨日は実施要領を受け取っている。
 研究室に入る。隣の部屋の菅野先生に、来年度のTAの件で、院生がいるかどうかを打診する。TAといっても、PCの設定とか、レポートの受け取りを期待するだけである。実際、毎回レポートをあげてもらうと、そのレポートを学籍番号順に並べるだけでもすごく手間がかかる(受講者数によるが)。しかも期限を遅れて出すレポートも結構あるので(受け取らなければそれまでだが)、整理で時間を食うのだ。
 レポートのメール受け取りというのも、なかなか面倒である。今学期は添付ファイル名をそろえることを求めたけれど(学籍番号+氏名のアルファベット)、それでも「社会心理学演習Ⅱ.doc」といった、誰でもつけそうなファイル名で送ってくる学生もまだいる。ファイル名が規定通りでなければ受けとらない、と宣言してしまえばそれまでだ。
 次年度からはレポートをサーバのフォルダにアップさせる方法をとろうかと思っている。
by Larghetto7 | 2006-02-22 17:11 | 日記風
2/21 火曜 入試協議会
 アホな毎日を過ごしている。いわゆる良い大学の人たちは笑うんだろうな、ははは。
 夜、コンビニに行くと「対象商品」を2個買うと変な格好のボールペンがつくという。思わずその対象商品を2つ買っておまけをもらってきた。案の定、上の娘が欲しがった。しかし小さい息子が欲しがって騒ぐ。娘は仕方なしに息子にそのおまけをあげた。どうで数日で気づかなくなるから、そうしたら取り替えそう、といっていた。
 今日は入試協議会、という部内の会議が予定されている。出ないといけない。その前までにできるだけ成績をつけないと。
 夜中、外に出ると雨はやんでいた。雨がやむと寒さも収まる。空気が水を含んで気持ちがよい。

 おきて時計を見ると9時頃だった。外は曇っている。私が庭に出ると大白、小白、黒子、母子が集まってきた。食糧をあげるとそれなりに食べる。大白と小白が一緒に空の方を見ている。2階のベランダ近くに来ていた小鳥を眺めているようだった。
 問い合わせメールが来ている。電話などをかけて処理する。
 成績つけを続ける。今日中には終わりそうにない。

関係者様 → 卒論の成績処理

 会議は16時からなので14時過ぎに家を出た。電車が遅れているという。しかし電車はじきに到着。大学に着いたのが15時40分頃だった。まず学務係に行き、すでにつけた成績の報告書を出す。残りは明日、といって逃げる。
 16時から第1小会議室で入試協議会。この会合はどこぞのアホの後始末のために作った委員会で、みなさん、1回やって閉じようと考えている会合である。予定通り、資料集めについて合意し、解散することになった。
 学部長に広報委員会の後の手配について事情を伺いに行く。
 さきほどの会合座長の座長のY先生とバスで南与野までご一緒する。
 大宮駅に着くと、宇都宮線は人身事故のために遅れが出ているという。多少待って電車が来る。
 帰宅は20時頃。私が家に着くとどこからともなく、猫の大白、小白、黒子、小黒、母子の5匹が集まってくる。食糧をあげたけれどさして食べるでもなかった。大白と小白が庭で飛び跳ねて空中戦を演じる。スピードがすごい。さすがオス猫。
 成績付けにかかる。明日までにつまんない原稿の校正もしないといけない。
by Larghetto7 | 2006-02-21 00:45 | 日記風
2/20 月曜  修論発表会
 このところ私への扱いが変わったように思ったら、どうも某大学筋から長いこといじめられて可哀想、ということだったらしい。うーん、まあ、今さらね。
 本日、S君とU君の修論発表会があり、遅ればせながら多少の準備をした。まずクリアしたい。
 私がキーボードを使おうとすると猫のコロちゃんがやってきて、ディスプレイの前に立つ。見えないからしゃがませるように下に抑える。じきにコロちゃんはキーボードとディスプレイの間で寝始まった。ゴロニャンとしながら首を逆さにする。

 寝たのが5時を過ぎていた。おきたのは9時前。眠い。外は小雨がち。大白、小白、小黒に母子が表れる。黒子は猫部屋で寝ていた。食糧を少しあげる。チーコはむろん、2階の猫たちにも食糧をあげる。
 急がないといえkない。食事を抜いて家を出た。電車に乗るときにS君宛に、スクリーンを修論発表会のある22番教室に出しておくように、携帯メールを出した。北浦和を降りてからタクシーで大学に急いだ。
 修論評価の報告書(主査、副査のサインを書くもの)がもらっていないと朝気がついた。学務に聞いたらまだ出来ていないようで、あとでメールボックスに入れるという。
 11時20分から12時5分まで修論発表会で、S君の報告。まあ、無難に過ぎた。U君のも終わったらデニーズに行こうといっておく。
 今年は私が成績を出すのが遅れている。といっても期末試験が先週の今日だから、考えてみると仕方ないよなぁ、と思う。日程が何とも、詰まってきている。無茶な日程で、成績評価に時間もかけられない。週40時間、という建前の労働時間で済む訳がない。
 13時55分からU君の報告。こちらもまあ、無難に終わった。
 その後でY君の時間であるが、Y君は現れず。スクリーンなどの後片付けをする。
 その後、S、U君と3人でデニーズに行き、食事する。
 17時頃に帰路につく。雨が降っている。17時41分?発の宇都宮線の下り電車に乗る。帰宅は18時20分頃。猫部屋には小黒だけがいた。食糧をあげる。小白もいた。大白、黒子は温室の中にいた。
 成績付けの作業を自宅で進める。
by Larghetto7 | 2006-02-20 03:12 | 日記風
2/19 日曜
 答案の採点は一応終わった。昨夜は普段よりは早く寝たと思う(でもないか)。今朝おきて時計を見ると11時に近かった。よく寝たのだろう。おかげで風邪の症状はほぼ、なくなった。
 外は曇っている。日が当らないので暖かくならない、との予報であった。が、寒いというほどでない。庭に放置してあったお椀の水に少し藻が出ている。それだけ暖かくなったのだろう。
 終わらせないといけない業務が多い。しかし終わらせる速度に比べて、新たに入ってくる分が多い。その間の差額は、「やらない」ということにならざるを得ない。
 今日は母のもとに行かないといけない。昨日は行けなかった。カミさんは上の娘を演奏会?に連れて行って見当たらない。
 という訳で本日、13時頃に母のもとに出かけた。帰宅は18時半頃だった。まあ、休日らしい時間の使い方といえばいえる。
 実はこのところ、レポートファイルを含めていろんなメールをもらっているのだが、複数箇所でメールを受け取っているため、いくぶん混乱している。受け取ったメールの全容はまだ把握していない。レポートメールの方も、私があれほどプリントにも書いて注意したのに、いまだに「者化し心理学Ⅱレポート.doc」などという、複数の人が同じものを使いそうなファイル名で送ってきている。受け取ったファイルをコピィする段階で何が起こるか分からない。
 複数箇所(PC)で受け取るにしても、一箇所のPCを除いて「メールをサーバに残す」と指定すべきなのかも知れない。全てのメールを一箇所で受け取れれば話は簡単になりそうに思う。
 という訳で、この間に受け取ったメールの整理にかかる。
 月曜に修論発表会がある。私自身がその発表会に備える。まあ、何を言うかですな。
by Larghetto7 | 2006-02-19 12:21 | 日記風