<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
1/31 火曜 小雨、家にいる
 本日、おきたのは9時頃だったと思う。実は12時から14時頃までさらに寝た。疲れがまだあるような気がする。
 今日は最初から曇りで雨が降りそうだった。実際、午後に小雨が降っている。気温は上がらない代わりに、最低気温も高めになる模様である。
 天気予報では2月3日から6日までの4日間で最低気温がマイナス5度くらいまで落ちるという。もっとも、最低気温の数字そのものは天気予報のサイトによって異なる。三寒四温、かくして次第に暖かくなってゆく、ということだと楽観的に考えよう。この小雨にしても、春を予感させるようではないか。
 実は今日はやらねばならない仕事が多いのに、小まめにメールが飛び込んできて、その対応をしながら時間が過ぎてしまった。
 このような小雨の日、猫たちは昼間からよく寝ている。

 午後は卒論と修論を読んでいた。夜、眠くなった。私の部屋は猫仕様で、床は板の間になっている。その板の間に横になった。猫のコロちゃんが寄ってきたのでよしよしと身体の上の載せた。床が寒いと感じたけれども、そのままうとうとと寝入った。目を覚ますと身体が冷えている。起き上がって少し経ってからたまらず風呂に入った。
by Larghetto7 | 2006-01-31 16:07 | 日記風
1/30 月曜  またも忙しい
 本日はまた、忙しい日である。6時半頃におきた。曇っているが暖かい。猫に食糧を上げてから、7時半頃に家を出る。大学に着いたのは8時40分頃。
 1・2~3・4の授業(実習)ではいきなり、実験室でSPSSいじりにする。問題は、この人数では(今年は何故多いのか分からない)機械が足りないこと。なんとかしのぐ。
 授業サイトの記載更新を行う。依頼されていた学部HPの手直しを行う。持ってきたトルティーヤ?の弁当を食べる。
 研究室でかけたハフナー・セレナーデが妙に気が利いて聴こえた。
 次の7・8の授業の準備をする。
 7・8は概論の授業で、講義日数を数えると2月の試験日を入れて規程の授業回数に達しているので、補講はなしと判断。今日は PowerPoint ファイルを使って授業を行う。時間を2分ほど超過して終了。
 授業評価の質問紙を配ってあるので回収し、授業後、まとめて学務に持って行く。
 その後、院生のS君と修論の関する事後協議。
 17時半から組合の大会がある。私も法人化を期に、昨年から組合に入っているので、お付き合いで出席する。次期の委員長は理学部の水谷先生(数学科の方の)になっていた。19時半に途中退室させてもらうときに、水谷先生と言葉を交わし、H先生とは良からぬことを話した。
 研究室に戻る。実験室にはS君が残っている。先に帰る。
 帰宅は21時近く。今日は空気に湿気があって暖かい。明後日辺りから酷寒に戻るとは信じがたい気がする。猫に食糧をあげまわってから、私自身、夕食。
 やはり、えらく忙しかった。休憩がほとんどなかった。明日は1日寝ているぞ、と考える。

 今度の4月からはヒマにする予定であった。だから年末に、某弱小学会の春季大会とやらのプログラム委員長というのを気軽に引き受けていた。その仕事に関する私の問合せに対し、先ほど会長がメールで回答してきた。まあ、対応は明日でいいさ、と思う。
by Larghetto7 | 2006-01-30 23:55 | 日記風
1/29 日曜
 目覚めて時計を見るとほとんど12時だった。まだ十分寝たとはいえない。疲労が蓄積するとすれば、睡眠も蓄積させないといけないのかも知れない。
 とりあえず良い天気だった。何匹か猫が現れたので食糧をあげる。2階の猫に食糧を上げに行く。チーコは居間のガラス戸から外を眺める。
 本日、母のもとにいかないといけない。このところ忙しく、2週間、行っていられなかった。私が寝ているときに電話があったらしい。私から電話し、用を確認する。ともかくゆくという。
 14時15分に母のもとに到着。近くのスーパーに買い物につれてゆく。意外と買うものがあった。
 帰宅は18時半頃か。
by Larghetto7 | 2006-01-29 19:40 | 日記風
1/28 土曜 最後のプレゼン授業
 本日13時から院の授業のプレゼンテーションワークショップというのがある。今日が最後の4回目。私以外に3人が、一応教員で入っている。が、すでに2人「来られない」と連絡がある。実は1人でもよいのだけれど。
 何人かで授業をやるなら、教員数だけ別授業にして実施した方が、1授業当りの学生数を抑制できてよかったろう、という気がする。
 10時頃におきた。よく寝た。疲れていたのだろう。疲労は蓄積するという話なので、回復するには時間がかかるかもしれない、と思う。
 よく晴れているけれど風が強い。猫たちはそれなりに元気に動き回っている。

 11時半頃に家を出た。目的地の大宮のサテライト教室には12時15分頃に着いたと思う。既に到着している学生もいた。土曜は事務方が出勤しているので助かった。
 13時過ぎに授業を始める。今日の出席者は10名。最初に5人のプレゼンを、10分報告、5分質疑のスケジュールで行う。やや時間が延びる。14時40分頃に休憩にして15時に再開。残りの5名分を行う。最後に貼り出したポスターについて議論する。予定通り17時に終了。
 松原先生と居残って成績について協議する。
 17時半頃に帰路についたと思う。大宮駅構内の無印良品店で文房具を買う。猫食糧がやや足りないので駅前のコンビニで買って帰る。帰宅は18時40分頃。猫に食糧をあげて回る。チーコは寝室で寝ていて、後で居間に移動する。20時頃に私も夕食。
 今日は風が強かった。大宮のビルの中にいたのでそのことが分からなかった。大宮の教室からは富士山がよく見えた。
 天気予報を見ると来週、また寒くなるようで、憂鬱になる。すんなり寒さが緩む、ということはない。
 
by Larghetto7 | 2006-01-28 10:32 | 日記風
1/27 金曜
 何やら一段落ついたような気がする。やらなければならないことをリストアップすると、別に暇になった訳ではない、と分かる。しかし正月以来の、この喧騒は何だったのか、と思うほどだった。センター試験が終わったというのは一段落であり、少しほっとして、久しぶりにボヤッと時間を過ごしている。
 じきに2月になる。2月はいつも走り去るように過ぎる。

 今日の教授会で、私が4月から副学部長に就くと学部長からアナウンスがあった。副学部長の件を学部長から打診されたのは1月10日であり、その次第はボカシながらもこのブログでも書いている。やらせて頂く旨の回答を学部長にしたのは、1月21日の早朝、センター試験のために浦和西高の坂を学部長と一緒に上っていたときである。
 その間に何人かの部内「有力者」に意見を伺ってみたが、どのような意見が出るかは読めてしまうので、それ以上人に聞くのは止めた。「やれ」という意見と「研究が出来なくなるからやめろ」という意見、以外にはない。結局、自分の判断の問題だった。返事をするまでに余裕があり、時間をかけて考えるつもりであったが、センター試験対応などで忙しく、結局あまり考えずに受けることになった。
 いろんな考慮があり得たのだけれど、書くのはやめておこう。

 さて、本日、おきたのは8時頃と思う。やはりよく晴れていた。今日は11時半までに出かければよかった。庭に出て猫に食糧をあげる。娘がインフルエンザの疑いのある風邪をひいているので、カミさんが息子を連れ、下の娘を病院に連れて行った。後で聴いた話、ただの風邪だったようだ。
 スパゲッティを茹でて朝食に食べた。
 11時20分頃に家を出て大学に向かう。居間ではチーコがじっとしていた。
 大学に着いたのは12時45分頃。メール対応をしていると13時になる。
 13:00-13:55が大会議室で、裁量労働制に関する、部内過半数代表による説明会。
 14時から研究科委員会、教授会。終わったのが18時を過ぎていた。
 教授会後、何人かの人と話す。19時頃に帰路についたと思う。
 帰宅は20時半頃。私が帰ると玄関先に猫が集まってくる。食糧をあげると何匹かが食べた。2階の猫たちに食糧をあげにいった。
 夕食。明日、院のプレゼンテーションの授業があり、土曜なのに大宮に行かないといけない。
by Larghetto7 | 2006-01-27 00:23 | 日記風
1/26 木曜 無茶だ!
 本日、これから、夜中に某業務をこなし、おきてから今日の13時から行われるワークショップのプレゼンを、いきなり作らないといけない。無茶デンガナ。

 8時過ぎにおきた。外はよく晴れている。確か、今日は晴れるけれども風が強い、という予報だった。
 猫たちに食糧をあげる。
 13時半からのプレゼン用のPowerPointファイルを作り始める。といってもオリジナルではなく、過去のプレゼンファイルの切り貼り、編集でしのぐ。
 12時頃にやっと家を出る。大学に着いたのが13時20分頃。出る予定のワークショップの会場である、理工学研究科なんとか棟を目指す。人に聞いてその建物に入る。エレヴェータで7階まで行く。しかし部屋が分からない。貼り紙くらいしろよ、と思う。教養学部総務の菅原係長に携帯で電話をいれ、聞いてみる。なおもよく分からない。廊下の部屋割り図を見て、やっと了解する。
 報告が遅れているとかで、40分ほど遅れて開始する。この日、この部屋で3人の同僚と話す。
 15時に会場を出て研究室に向かう。某業務の作業をする。予定通り16時近くに某先生が私の研究室を訪れる。私の作業結果を渡して簡単に協議する。
 16時過ぎ、予定通り事務室の奥の元事務長室で、院授業のプレゼンテーションワークショップの発表ポスター印刷をA1用紙で行う。院生さんは3人来ているが、6人分?ほどのポスターを印刷する。終わったのが17時半頃。
 実験室には4年生のIさんが来ていた。私が疲れていたので、18時頃には先に帰る。
 帰宅は19時20分頃と思う。猫たちに食糧をあげて回る。私の夕食は20時過ぎ。
 ひどく疲れた感じがあるけれど、入試の件が一応終わった感じなので、ほっとした気分になれる。
by Larghetto7 | 2006-01-26 00:16 | 日記風
1/25 水曜  大学案内対応
 昨日は帰宅してから身体を休め、いつもより早く寝た。今朝、おきて時計を見ると10時だった。よく寝た。このところずっと過労気味で、昨日は家で休んでいるつもりであったけれど、対応が必要な事態が生じてまたも忙しかった。
 外に出ると日がよく照って暖かい。小白たちが現れた。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげた。
 11時半頃に家を出る。大学には12時50分頃に着く。
 学務係長に昨日の件がどうなったか確認する。文書を見せてもらう。都合の良い決着になった、と分かる。
 時間を勘違いし、昼休みから次の時間にかけて、院授業のプレゼンテーションワークショップのファイルの印刷をやることになっていたのを忘れていた。実は7・8からの授業プリントを今作るしかない。しかし一応、その場でプリントについて対応する。しかし院生さんに勘違いが多いこと。
 プリントをしかけたけれど、A1用紙を打ち出せる事務のプリンタの用紙切れになった。この機械を理解している総務のUさんが今日は休みなので、どうにもならない。院生の皆さんには、明日来てもらう、ないし私にファイルをメールで送る、という手筈にする。
 残った時間が30分で、これではプリント(テキストの Quiz)は作れない。文章質問に切り替えて急いで作る。
 その間に入試課に電話で、先日の件での、ウチの学部での準備の必要性の有無を確認する。ない、と分かる。確認した点を学務係長、学部長に説明に行く。
 7・8が演習。最後の授業。来ている学生が少ない。
 院生の修論の副査の依頼に回る。一応決めたところで学務係長に報告する。学務係長は入試課から戻ってきたところ。私が出さないといけない、次年度大学案内、教養学部分について入試課で催促されたという。18時まで待ってくれれば出す、と答える。その旨、学務係長は入試課に連絡する。
 という訳で、先延ばしにしていた大学案内の件のまとめに入る。いくつか、今は報告できない事項があると分かる。学務係長と相談する。18時近くに入試課に行ってAさんに報告し、説明する。
 ほどなく帰路につく。帰宅は19時過ぎだった。
 猫に食糧をあげて回る。自分でも食事をする。修論の副査の依頼電話をする。
 今しなければならないことがどれだけあるかと、整理する。先延ばしにしている事項が多いこと。覚えられねぇよ。
by Larghetto7 | 2006-01-25 22:26 | 日記風
1/24 火曜 センター試験事後対応
 昨夜、ある件に関する連絡が入り、その後、センター試験関連の事後対応に追われる。今日は家にいるはずであったが、そうもしていられない。おきたのは6時前でまだ暗かった。猫に食糧を上げ、食事。
 8時に学部長に電話し、すぐに家を出る。途中で何箇所かに携帯で電話を入れる。大学に着いたのは9時過ぎ。すぐに入試課に行く。
 いつまで続くものやら。

 今日は訳あって詳しいことは書けない。しかし動き回った。タクシー代を8千円近く使った。むろん自腹。21時頃に帰宅する。
by Larghetto7 | 2006-01-24 12:35 | 日記風
1/23 月曜
 2時頃におきたまま、今日は出勤することにした。暗いうちに風呂に入りなおした。猫に食糧をあげまわった。センター試験期間、猫の面倒をあまりみられなかった。
 学部ホームページの写真を取り替えた。
 園田高弘の平均律のCDをBGMにかけていた。6時になると少し明るくなった。2階にいると猫たちがガラス戸の外の朝日を眺める。7時半には家を出ようと思い、荷物の準備をする。手をつけずにいたことが実に多い。今日も出勤、というのは体力的に、いくぶん無理がある。
by Larghetto7 | 2006-01-23 07:02 | 日記風
1/22 日曜 センター試験2日目
 かくして波乱に満ちたセンター試験1日目が終わり、2日目に突入していったのである。

 昨日と同様の日程で動いた、朝5時半におきる。庭ではさらさらとした雪が積もったままである。6時半に家を出る。宇都宮線の電車が遅れていたのにはいくぶん焦った。栃木県内で濃霧が発生したためという。やや待って電車が到着。与野駅で降りたのは昨日に比べて遅かった。すぐにタクシーに乗って浦和西高校に急ぐ。到着すると試験問題等を運ぶ日通のトラックが到着している。ぎりぎりの時間に到着したようだ。係員が試験問題等を受け取り、私が確認してサインした。
 遅刻者もおらず、予備監督から監督に回る人も出なかった。順調に仕事は進行した。考えてみると大変なものである。
 昨日はリスニングテストがあった分、雰囲気が重苦しかった。今日はいくぶん楽勝ムードが漂う。同じことをやっているのに、時間的余裕があるように感じる。昨日は仕事のない時間にもリスニングテストについて確認をしていたのだ。
 リスニングテストでトラブルが生じ再テストになった全国の人数について、よく話題になった。この試験場であれだけ機械の故障が出たのに、報道される数字は少な過ぎておかしい。隠れたトラブルがあったに違いない、と話した。
 昨日いた猫が廊下に今日もいた。抱いて人が少ない監督控え室に連れて行った。猫はほどなく部屋を出ていったらしく、あとでまた廊下で見かけた。誰かの話では、この猫は高校で飼っている猫であるらしく、名前をツッコミというらしいが、事実は確認していない。実は今朝、この猫にあげる固形食糧を持って来るつもりでいたけれど、忘れてしまった。
 昼の弁当も私はほぼ時間通りに食べられた。
 午後になるといい加減、監督者の先生方にも疲れが出てきたように見える。今年の監督業務はスケジュールがタイトで、休み時間が少ない。まともにやっていると身が持たない面がある。
 最後の試験は17時に解答が開始し、18時に終わる。答案用紙が試験場本部に集まる。答案用紙の残部が1枚足りない、という事態が生じた。書いてない答案用紙など、1枚なくてどうとも思えないが、以前にトラブルがあったために埼玉大学では残部も確認することになっている。その1枚を探すために事務方が何人もで確認作業を行う。全体の残部の中からその1枚をやっと探し出し、やっと確認OKとなった。学部長と私が監督の先生方に帰宅OKを言いに行く。帰る人たち、特に他大学、他部局の先生方には別れの挨拶をする。
 教員の方は帰っても事務方、学部長、それに私は後始末がある。仕事は早めに進んだけれど、それでも1時間ほどかけて答案等の整理、コンテナへの詰め込み、日通のトラックへの引渡し。試験室の原状回復、点検などを行った。
 19時半頃に全体が終了。西高の教頭先生らにご挨拶して帰る。
 といっても事務長と学務係長は埼玉大学本部に行き、この2日間の答案の点検に立ち会わないといけない。問題があると私が呼び出される。そのために私の携帯の番号を学務係長に伝えてある。
 事務長の乗るタクシーに学部長と私が一緒に乗って与野駅で降ろしてもらった。学部長はセンター試験のために浦和のホテルに泊まっていた。明日も授業があるという。私は1・2から授業があるといって笑った。電車は私は下り、学部長が上り。ホームで別れた。
 私の帰宅は20時半頃と思う。庭には雪がしっかり残っているが、日が当る時間が長い所では雪がない。夕食後、風呂に入ってから、たぶん22時頃には眠くて寝た。
 寝る前に、携帯がなって学務係長から電話が入った。今日の点検では問題がなかったという。良かった。しかしまだ、終わった訳ではない。
 寝てしばらくした2時頃にチーコが私の上に乗る。おきる。寝ていたチーコがおきたのだろう。チーコのためにストーヴをつける。チーコは私は寝ていた場所に座る。布団を掛けてあげるとそのまま寝ていた。

 テレビを見ると、今回のセンター試験リスニングテストで、いくつかの大学で混乱が生じたようだ。大学入試センターは「監督要領を守らない監督者がいた」といい、責任を教員に押し付けたのには腹が立った。センターは監督要領を、そんな前から配っていたのか。監督要領自体、直前になって変更指示があり、センターの指示内容は不明瞭だった。そもそも、短時間のリスニングテストで監督者に複雑な判断を強いる内容になっている。他の業務も多い監督者の大学教員にそれだけの仕事をさせるなら、長期に渡る訓練を実施させる以外になかった。この複雑な指示を瞬時に行えと求めること自体が無茶だった。こんな態勢で試験に突入して、全国でこれだけのトラブルしか発生しなかったとは、実に信じがたい。浦和西高校での機械の故障率から推測して、「隠れトラブル」(機械にトラブルがあったのに受験生が申告しなかったケース)が相当あるはずである。
 携帯が2秒鳴った、試験時間が15秒足りなかったかも知れない、といったことが新聞記事になる。そのくらいのことは起こるよ。問題が生じることを防止させるつもりなら、教員の業務を軽減した上で、長期の訓練を実施しないと無理である。現状のやり方は教員に、労働基準を超えた負担を強いている。そのことに目をつぶって「ミスをした」教員に責任を押し付けるのはひどい話だ。

 そういえば、試験2日目に、試験に来る途中の女子受験生を狙った「露出」痴漢が出た、という報告があった。実施本部に連絡し、警察に西高付近の巡回を要請した。被害者は、受験そのものには支障がなかったようであるが、精神的動揺はあったろうと想像する。守衛所付近を何人もの係員が巡回した。
by Larghetto7 | 2006-01-22 00:15 | 日記風