05/03 日曜  憲法記念日
 さても、今日は憲法記念日ですからね。まあ、なんちゅうか、いろいろやるんでしょうね。世間の一部では。私は憲法ですとかいってさ。私が悪いんですか、なぜ変えなきゃいけないんですかとかさ。例年いるのよね。そういう人。年に1度の出番ですよね。
 案の定、12時頃にやっとおきた。昨夜が遅かったし、連休で家にいると、こうなりますよね。本来夜中型の私としては。
 晴れて暑い。猫たちの世話をする。つけうどんの朝食というか、昼食というか。
 2階の自室の床を掃いて床を雑巾がけする。部屋はこの季節、やや暑い。エアコンをつける。
 2階のPC用のキーボードを近所の石丸電気に買いに行く。使っているPCは無線のキーボードなんですが、買った当初からしばしば、つながらなくなるんです。1時間使っていると1回はつながらなくなるもんね。まあ、すぐに回復はできますが、本体とキーボードの裏面のスイッチをいちいち押し直さないといけない。そこで、マウスについてはすぐに有線に切り替えたのですが、キーボードについては買いに行くのが面倒で、ずっとこの不便なままだった。やっぱ、線がつながっていないとダメよね。無線だと、キーボードに電池も必要だしね。なんでこんな面倒なことを!
 16時頃、近所のセキ薬品に買い物に行く。
 DVDの『戦争と平和』をかける。この長い旧ソ連映画は、私が高校生の頃に見たんですが。全部見る訳ではなく、アウステルリッツの会戦のところと、ボロジノの会戦の場面を繰り返し観ているですたい。今だと、これ、CGですね。ところがこの映画、実写でここまでやるか、という画面なのです。これがアメリカ映画だと、何をやってもインディアンと騎兵隊のノリですが、旧ソ連映画だと、まず画面の配色がヨーロッパですね。ハリウッドではない。長い群像撮影。この構図の素晴らしさ。軍隊が動く場面など、画面の中の遠くの軍隊の動きまで、細かく描写されている。あまり名作と呼ばれないのは、国策映画っぽいからでしょうが、もう少し評価されてもよいのだと思いますわ。旧ソ連映画だと、この『戦争と平和』と、『妖婆死棺の呪い』がいいですよね。
 19時台、カミさん、息子と一緒にカワチに買い物に行く。猫食糧買い。
 戻って20時からNHKの『天地人』を観る。まあ、内容は好きですが、魚津城の戦の場面がCGでねぇ。やめろよ、ゲームみてぇだろ、とつくづく思う。
 0時過ぎ、2階の猫トイレの掃除をする。
 この間、結構仕事はしたのであるが、アウトプットには至らず。寝たのはやはり4時頃か。少し明るくなっていた。
 
by larghetto7 | 2009-05-03 23:45 | 日記風