9/23 火曜
 8時頃におきる。猫たちに食糧をあげること、常のごとし。有賀先生のご母堂の告別式に行くので、身支度する。
 駅前のコンビニでご霊前の袋を買い、予定通り9時31分発最寄り駅発の電車に乗る。湘南新宿ライン。グリーン席に座ろうと思ったが、SUICAの残金が足らなかった。お金をチャージしようと思ったが、千円札しか使えず、千円札がない。という訳で、庶民的に普通の車両に乗ったが、混んでいたので、グルーン券を買っても座れたかどうか、分からない。
 電車は直接、新宿へ。中央線普通に乗り換える。10時45分頃に高円寺駅に到着。駅前から、清見寺というお寺の会館まで、タクシーで行く。初乗り料金であったか。
 降りると、お寺の前でブラウン先生に会う。一緒に、お寺へ。
 12時ちょっと過ぎに告別式が終わる。ブラウン先生と帰る。ブラウン先生は途中の地下鉄駅から帰るという。私はその先、歩いてJR駅まで戻る。
 JRで新宿駅まで行く。降りてみる。東口で降りる。新宿はしばらく降りたことがなかった。東口の駅地下は私が学生の頃と変わらんな、と思う。学生の頃にも通ったであろう出口を出て、紀伊国屋に入るも、結局、何も買わず。その先の無印良品店になぜか入った。ここでいつものように、自動的に文具売り場に足を運ぶ。と言っても、並んでいるのは大宮駅の無印店と変わらず。ただ1つ、探しているものが見つかったではないですか。探しているものとは:
   
A4の、方眼の線入りのルーズリーフ

これ、大宮の無印にはないのですよ。そこでネットの無印で注文しようとしたのですが、ネットストアにもないではないですか。かつて、無印のA4ルーズリーフとは、方眼が主流であったのですが、今は横線か、無地しかないのです。なぜ方眼を放棄してしまったのか。方眼のノートこそ、手書きノートの王道ではないか。ロディアだって、主流は方眼でしょう。ゆ、許せんぞ、無印良品。この製品系列の一貫性のなさが、無印とSONYの欠点と言わねばならない。SONYだってね、私は昔、PALM PC という、その後の Palm に比べて全然使い物にならないSONYのPalm computerを買ったのですが、SONYはすぐにこの分野から撤退しちゃったんですよね。その後、復活したSONYのPalm機のClieを何台か買ったのですが、やっぱ、止めちゃったでしょ。つい最近も、SONYの Vaioのデスクトップを買ったのですが、その半年後の最近、SONYはデスクトップから撤退しちゃったでしょ。これでは、いちげんさんの客だけひっかけて、あとはバイバイじゃないですか。何度裏切るんだぁ。
 で、その、A4の方眼のルーズリーフって、何も無印でなくてもよいではないか、と人は思うかも知れない。そう思うのは素人さ。まず、日本ではA4サイズのノートって、ほとんど店に並んでいない。先日も、一清堂に行って探したのですが、A4ルーズリーフは、横線か、無地しかないのです。生協では、方眼A4のルーズリーフがあるのですが、こいつは、角が丸く切ってある。ノートの角を、なぜ丸くする必要があるんですかぁ。いや別に、丸くてもよいのですが、他のリーフの角が四角いのに、なんか、嫌でしょ。そろわなくて。だいたい、丸く切るだけの手間をかけるなら、安くしてよ。
 そんなことを考えながら、A4方眼のルーズリーフを5束買った。840円の卓上の小物入れも買った。
 JR新宿駅に戻って埼京線の電車に乗る。
 ここでなぜか赤羽駅で降りた。どこかに入って食事をしようとしたけれど、歩きまわっても気分的に入りやすい店は見出せず、また駅に戻って宇都宮線の普通電車に乗った。
 最寄駅を降りたのが15時頃だったか。駅前のCoCo壱番屋という、よく入るカレー屋に入った。パリパリチキンのカレー、ご飯と辛さは普通の、680円を頼んで食べた。
 帰宅。猫たちをかまう。
 18時過ぎ、日曜に診察に連れて行こうとして伸ばしていた、猫の小白を、籠に入れて、動物病院に連れて行った。重かった。この重さだと、この籠に入れる限界かと思ったが、案の定、動物病院で計ると7Kgあった。部屋に閉じ込めてあまり運動していないから、どんどん太ってゆくのだろう。血液検査の結果、問題はなかった。病気猫のQちゃんの薬をもらって帰った。
 頭の痛い問題があるので、どうしたものか、検討。そうこうしているうちに、眠くなって寝る。
by larghetto7 | 2008-09-23 23:45 | 日記風