07/20 日曜  小白退院
個人的意見 → 新任人事

 9時10分頃におきた。朝早く動物病院から電話があったらしく、今日、小白は退院という。Qちゃんも連れていかないといけない。
 猫たちに食糧をあげる。
 小白を家に連れ帰る。これまでであれば、庭に放して、家にも入れるようにしておいたが、骨髄検査もして怪我がある状態であり、病気を他の猫に感染させる恐れもあるので、1階の部屋に入れておこうと考えた。これまで、死んだトシちゃんが使っていたケージを小白には使っていたが、このケージは大きな小白には小さい。そこで、以前買っておいて大きめのケージを組み立てた。トシちゃんのケージは畳んでしまおうと思ったが、その時間がなく、当面、そのままとした。
 11時半頃に私が空のケージ(小白引き取り用)を持ってまず家を出た。近所の郵便局に行って、病院に支払うお金を下ろし、動物病院に向かった。後からカミさんが、Qちゃんを籠に入れて連れてきた。
 院長からまず小白の状態の説明を受けた。小白は退院するけれども、骨髄の検査を出しており、その結果を見ないと分からないという。通常のウィルスによる、感染性の猫白血病ではなく、骨髄での本格的な白血病である可能性があるという。今のところ状態は落ち着いていつ。小白は元気に表れた。よく鳴く。籠に入れた。薬を飲ませることになった。次にQちゃんを籠から出して診察してもらう。1週間ほど薬を与えることになった。
 2匹を連れ帰り、まずQちゃんをケージに戻した。ついで新たに組み立てたケージに小白を入れた。食糧をあげると、食べた。ケージに入れられて不満で鳴くが、暴れるでもない。1番高い段に上り、窓の外を眺め、時折声を出す。その声に反応したように、庭ではクロが寄ってくる。
 
by larghetto7 | 2008-07-20 23:45 | 日記風