06/05 木曜 勤勉手当
 7時におきた。猫たちに食糧をあげて回ること、常の如し。このところ病気猫のトシちゃんが弱っており、丸まって寝ていることが多い。あえて起こして強制給餌するのは可哀想に思い、今日はスキップしようと思ったが、トシちゃんが少しおきだしたので、食糧と水を与えるチャンスと思い、いつものように強制給餌をした。食べさせないと、特に水分を与えないと脱水状態がひどくなる。病院でもらっているミルクを溶いて与えた。カミさんには、今日もトシちゃんを病院に連れて行って点滴をさせるように頼んだ。
 という訳で家を出るのが遅れた。電車を1つ遅らせ、大学に着いたのは10時15分頃と思う。
 いろんな仕事が残っている。まず、この夏のボーナス時の勤勉手当を誰に出すかを決める期限が今日であった。総務係長に再度、ルールを確認し、リストを作って渡した。
 勤勉手当についていえば、実は私につく予定だった分が、ここでは書けない事情によって付かなかった。その分がこの時期に私につく可能性があったが、私が辞退して、他の教員の分に回してもらった。そうするのが前学部長の了解であることが1つ。が、それ以上に、勤勉手当を配分する私がもらったのでは洒落にならない、という判断である。代わりに全て、私の判断で決めさせてもらう。
 この時期であるから、評価のために働いた、あるいは働いている人に付けることにしてリストを作った。
 その後、ある件について文章を作り、そのまま送ろうと思ったが、思いとどまって関係者にメールで確認のために送った。某先生の研究室を訪れて事情を伺いつつ、修正案を考えた。事務方に事実の確認を求めたが、回答は明日になるとのことだった。
 残った仕事をこなそうとするも、なかなか進まず。
 某先生と学部長室で長いこと話した。
 21時20分頃に帰路に着いた。帰宅は22時半頃。
 猫たちに食糧をあげる。病気猫のトシちゃんはうずくまっているので、おこすのをためらい、そのままにした。
 トシちゃんのことは何度も様子を眺めた。少し軽く痙攣していることがある。夜、強い痙攣を起こしたらどうしたものか、と考えた。
 眠くなって寝たのは2じころであろうか。
by Larghetto7 | 2008-06-05 23:45 | 日記風