09/24 月曜
 10時頃におきた。
 実は学会(JASAG)報告の締め切りを明日に控えている。一応、報告の申し込みはしたものの、この業務の嵐であるから、報告原稿が書けていない、という以前に、研究のネタ(シミュレーション)ができていない。先週、1日2日使ってプログラムを書き始めたが業務で中断。この土日に進めたけれども、当然ながらこの程度の時間しかかけないと、終わらない。
 という訳で、できるかどうかは分らぬが、今日もプログラミングを進める。うまくいけば今日中に終わりにして、明日1日で原稿(最低はA4で2頁)を書く。強行軍である。今日中にプログラムを完成してシミュレーションを実行できなければ、報告は取り止める。
 というきつい条件で、今日も1日、プログラミングを進めるつもりなのさ。
 おきて猫たちに食糧をあげることから始めるのは、いつものごとく。メールを見ると結構来ていて、返事を書いていると午後になる。ま、仕方なし。
 作業をショートカットしながら、しかしプログラムの動作を細かくチェックしながら、作業を進める。幸い、プログラムそのものは単純な構造になっている。事前にスケッチに時間をかけているので(通勤の電車の中で)、外枠は定まっている。しかし書き進めるうちに解決しないといけない問題が次々と出てくる。それでも、本質的に単純な作業であるのが幸いした。夕方になると一応、結果を出せるようになった。
 結果を見ながら、想定した挙動になったと思う。進化的計算をやっているのであるが、課題が確率的であるだけに、遺伝子の収束は厳格ではなく、ヴァリエーションが大きい。この点は確率的課題で計算する場合の、難点でんがな。
 しかしまあ、何とかなるな、と考えて、気分が軽くなる。
 0時を過ぎて、1つの条件での summary data を試しに出力させることができた。計算も単純なので、時間がかからない。その条件での計算を寝ているうちに行うように設定して、寝た。
 明日は朝から会議あり。
by larghetto7 | 2007-09-24 23:45 | 日記風