09/06 木曜 台風9号近づく
 8時ころにおきた。今日は曇りがちで蒸し暑い。時々雨が降る天気である。台風9号が近づいているという。風は午前中は強くない。
 猫たちに食糧をあげる。
 今日は明日の3つの会合の準備があり、そいつを家でやりたい。
 と思いながら、朝からいきなり数多くの業務メールがある。
 なんだかんだとフラフラと家にいて、仕事をするようなしないような。弁護するなら、やっていることの数が多いから集中できまへん。ははは。
 午後にセキ薬品に行って、猫食糧やら、床などにある猫の毛を取るローラー、などを買ってくる。
 先日からブルックナーのCDをよくかける。といっても、あまり持っていない。テープならあるんですけど。まあ、これでマーラーに行ったら、浸っちゃいますよね。ベートーヴェンかバッハに戻りたいと思います。
 実は、うちの研究科で5月に申請書を出していた大学院教育改革支援プログラム(長いけれどもしっかり覚えてしまった)が採択されたとの連絡を、昨日の午前に受けた。ただ、今日の16時に学振の記者会見(?)があり、それまでは内密にしろという指示があったので、伏せていた。18時頃に学振のHPを見るとちゃんと掲載されていたので、もういいだろうと思う。
 この申請の説明会は4月にあったが、その説明会に出て、この申請は通ると踏んで出した。取りに行ったのである。通りやすくするために無理な金額は計上せず、額は低く抑えた。採択されること自体が重要だった。結果がなかなか来ないので、ダメだったかと思っていたけど、まあ、通って良かった。落ちると辛かった。
 なぜ取りに行ったかというと、これからうちの学部・研究科は教員定員の削減が激しくなる。なにしろ64名の教員定員を39名に落とさないといけない。年々、人員的に厳しくなる。次の年になると、いないといけない教員がいなくなり、出さないといけない授業が次々と出せなくなるのである。来年になると重要な科目の教員が消える。そんな中で何かをしろ、という過酷な条件で我々は成果を求められている。あのアホ○○。だから、まだ多少教員がいる今のうちに、何かは取っておかないと、もう、何もとれなくなるのである。今年しかなかった。憤りを覚える。その間、優遇されていた無能○○は何をしていたというのだ。
 夜になると風雨が強くなる。明日の会議がそもそも開けるかどうか、難しいと思う。
by larghetto7 | 2007-09-06 22:36 | 日記風