07/17 火曜
 3連休のうちにすっかり夜型(というか明け方型)になってしまい、目が覚めなくなっていた。おきたのが10時過ぎと思う。家には家猫のチーコばかり。そうか、今日はカミさんも出かけているのだ、と思ったらそのうちカミさんも早めに戻ってきた。
 猫たちに食糧をあげる。
 メールが結構きている。今日もややこしい。
 花崎泰雄氏の『埼大ウォッチ号外』を観ると、更新されている。なるほど、がんばっていますねぇ、と思う。むろん就業規則の適用を受ける弱い立場の私は怖くて論評はしないが、まあ、なんだねこりゃ、ほほほほほ。
 今日はハイスクールキャラバンのため、3つの高校に電話してアポイントメントをとらないといけない。この作業についてもいろいろ言いたいことはあるが、就業規則の適用を受ける弱い立場の私は論評をしない。いやまったく、あははははは。
 という訳でまず最初に、K高校に電話した。進路指導の先生に繋がった。訳を説明して哀れを請い、訪問するつもりであったが、「そちらから20日に来ることになっているんですが、それとの関係はどうなっているのか?」と逆に質問された。ええっー、って、そんなこと聞いてねぇ、と動揺する。1つの可能性は、私が接触する高校を間違えたこと。そりゃねぇと思うが。もう1つは、別の高校訪問隊がやっていること。そういえば専属の人を雇って何にかやっていたので、そっちで勝手に話を進めているのか? ともかく、確認してお伝えすると伝える。
 で、今度はすぐに○○課に電話すると、どうもK高校からウチに説明の申し出があって、○○課の某さんが行くことになっていたらしい。なんで連絡しないんじゃぁ、と思ったが、そこは○○課さんは少ない人数で頑張っているのは分かっているから、耐える。じゃ、私の方は行く必要ないじゃない、というと、「それはそれで行ってください。」 ともかく行かないと収まらないこの形勢になぜなったかについては、いろいろ言いたいことはあるが、就業規則の適用を受ける弱い立場の私は論評しない。「でも間抜けですよね。」「うーん。」ということで、その○○課で訪問する折に、ウチのY先生がついてゆくことにする。その旨、先方の高校に電話して伝える。追加の資料送付の連絡も一緒に頼まれた。
 という余計な手間が入り、既に昼休みの時間になったので、他の高校への連絡は後回しにして、ともかく大学に行くことにした。
 大学に着いたのは13時20分頃。
 いくつかの事務業務をこなした後、授業プリントを打ち出して印刷していると、授業時間になった。7・8が演習。その後に院の授業。
 終わってから昨日の手配通り、事務室で集まって、保証人様宛のニューズレターの点検と手配をする。
 終わって研究室に戻り、メールへの返信を行う。
 19時半過ぎに帰路につく。まだ小雨がち。バスには乗らず、歩いて一清堂に行く。Lamyの水生ボールペンを買う。
 一清堂の前でバスに乗る。南与野で降りる乗客の中に、某理系部局の大物?の某先生がおられて、挨拶する。ここで良からぬ話をする衝動を抑えて、さらりと分かれる。たぶん、相互に言いたいことがあった。まあ、話す機会はすぐに来る。
 で、帰宅は21時15分頃。猫たちに食糧をあげる。
 さあて、では明日のハイスクールキャラバン県内有力某高校訪問隊のための PowerPoint ファイルを作っておくか、と思いつつ、あまりやる気になれないなどとは、就業規則の適用を受ける弱い立場の私には言えないのであった。
by Larghetto7 | 2007-07-17 23:45 | 日記風