02/10 土曜
 本日、院入試の2日目。昨日同様6時半におきる。まだ十分明るくはならず。猫たちに食糧をあげる。急いで朝食。出るのが遅れ7時半過ぎになる。
 北浦和からのバスが渋滞する。遅れて、8時45分に大学に到着。
 9時から2次試験の面接。10時10分頃には終わる。
 修士課程の目的として用意した文章を学部長にメールで送る。その後で学部長室で若干の協議。文書にして総務係に渡す。
 研究室でメール応答。外に出て、メルエツで買い物をする。カツカレーの弁当とお茶を買ってきて研究室で食べる。
 突然姉から電話がかかってきて、母の死を誰に教えたのなんのと、面倒なことを言ってくる。今、入試だといっても止めない。私も強く出ると突然怒って金切り声をあげる。バカバカしくなって電話を切る。
 あれは金切り声というより、悲鳴だったかも知れない、と思う。しかし私もこの2年間のことでかなり頭に来ている。
 ファイルの資料に目を通す。
 昨年の今頃は介護休暇をとるかどうかを検討していた。結局、介護休暇は特典が少ないので止めた。しかし、あのときにもっと、母にいろいろしていれば良かったかも知れないと思う。
 16時から修士課程分科会。最初が入試判定で、その後に若干の協議あり。私に知ふられていた、修士課程の目的の文書を説明する。若干の修正を経て承認される。しかし無意味な文章だった。
 早めに会議も終わる。研究室に戻ってファイルの整理をする。
 18時頃、バスで帰ろうと思うと並んでいる行列が長い。大久保団地まで歩いてバスに乗る。
 帰宅は20時頃。猫たちに食糧をあげる。私も夕食。
 若干の業務メールを書いて出す。面倒だった。2階の猫トイレの掃除をする。
 サバティカルに関する原案を作らないといけない。しかしある部局の案がよくできているので、そいつを下敷きにすればよい、と思う。
by Larghetto7 | 2007-02-10 01:06 | 日記風