02/02 金曜
 本日、母の通夜があるとともに、下の娘の高校入試の2日目でもある。
 朝早くカミさんが高校入試に行く娘を途中まで送る。私もつきあって朝早く起きたので、ともかく眠くて仕方がない。それでも猫たちに食糧をあげること、常の如し。
 午前中は葬儀社の人から確認の電話があっただけで、特に用というべきものはない。そのうちカミさんが戻ってくる。下の娘は入試の後でレッスンにいっている。上の娘は家でピアノの練習をしている。
 2階の部屋で横になって少し寝た。が、身体が冷えた。
 昼頃、カミさんと買い物に出かける。猫食糧などを買ってくる。身体がひどく疲れているので、ナントカのドリンクを買って、家で飲む。疲れは少し収まった。
 家から会場に出棺するのが17時、葬儀社の人は16時半に来る。16時過ぎてから家の者は、というか、私とカミさんは着替える。
 16時半より前に葬儀社の人が現れ、今日の通夜と明日の告別式の打合せを少しする。
 16時半頃に家から出棺。私は遺影を持って霊柩車の乗る。カミさんたちは後から車で来る。
 会場に着くと予定通り姉夫婦は先についていた。
 昨夜連絡した川崎の親戚のご夫婦が到着したので安心した。
 この通夜は原則、家族でやる。職場には通夜を伝えていない。
 18時に始まり19時前には終わった。会食に移るが、後からやって来る人が何組かあり、喪主夫婦である私とカミさんは霊前に戻って挨拶を受ける。
 20時頃に帰宅する。まあ、良かったと考える。
 
 さて、今日何をしたかというと、娘だかカミさんが『のだめカンタービレ』をまた買ってきたので、やはり読んでしまう。1巻から9巻まで揃った。このコミックは『スラムダンク』と同じだな、と思えてくる。のだめは桜木花道なのよね。才能があってもうまくプレイできない主人公が成長してゆく、という物語である。人物の描写が丁寧であることも似ている。『スラムダンク』ではバスケのマニアックな描き方が出てくるけれど、『のだめ』では音楽になるだけのように思う。ともかく、面白くて同じ巻を何度も読んでしまう。
by Larghetto7 | 2007-02-02 23:46 | 日記風