02/01 木曜
 本日、私は忙しかったかといえば、実は暇だった。
 朝、葬儀社の人が来るかと思ったけれど、電話で済んだ。カミさんが下の娘を連れて出かける。今日と明日が下の娘の高校入試なのである。母の病状と2人の娘の入試の時期が重なったことが今回の最大の問題だった。母のことは私が1人でやらないといけなかった。カミさんには娘のケアを優先するように頼んでいた。
 午前中に、施設(有料老人ホーム)の、母がいた部屋を訪ねた。お棺の中に入れる枕はそば殻の枕が都合がよいとおうので、実際に使ってきた枕を取りに来た。施設長には昨日電話で話していたので、必要なものは用意しておいてくれた。連絡する必要のある人の所在を確認するために母のメモを探した。連絡の仕方が分からなかった母の母方の親戚の電話番号が分かった。昨夜連絡したとある親戚に、会場の場所などを書いた紙をFaxで送る。
 14時から納棺があり、入試後にレッスンに出ている下の娘を除いて、家族が係員の作業に付き合った。
 郷里の母の友人から電話あり。郷里の母の知り合いには母の死亡を伝えていないが、昨夜電話をくれた方を通じてある程度知る人もいたようだ。
 夕方、カミさんと2人で動物病院に預かってもらっている家猫のチーコに面会に行った。家で母の遺体を安置しておくこともあり、またドアを開けておく可能性もあるために、母が死んだ日から、大事をとってチーコを預けているのである。
 夜になって母の部屋で見つけたある親戚の連絡先に電話してみた。この方も大きな手術をしている上に高齢であるから、来ることは期待できなかったが、お通夜には見えるとのことだった。今回、たぶん母が来て欲しいのはこの方であったろうと思う。日程や場所を示した紙を、コンビニから Fax で送った。
 しばらく反応はしないと決めているが、大学からいくつかのメールが来ている。確認はしていないが、大学で異常な事態が進展しているように見える。で、ウチの学部長はどうするのかね、などと他人事のように考える。
 カミさんか娘が買ってきた『のだめカンタービレ』のコミック本3冊を何度も読んだ。このコミックはいろんな点でよくできている。コミックで実際の音楽を出さないのに、出しているかのように読ませる点が、よくできている。テレビ版の『のだめ』は、そのコミックのストーリーに実際に音をつけているのであるから、ある意味、さらに凄いなと思う。
 疲れと眠気はしばらく取れそうにない。
by Larghetto7 | 2007-02-01 23:10 | 日記風