12/21 木曜  京都、また猫
 という訳で今日はわざわざ年休をとって京都に行く。ふふふ。
 6時半におきた。猫たちに食糧をあげること、いつものごとし。寒いけれども地面はあまり凍っていない。2階猫たちに食糧をあげる。
 昨夜のうちに新幹線の時間を調べ、チケットをとっておいた。8時31分発の電車で最寄り駅を出れば、12時には京都駅に着く。
 8時過ぎに家を出て8時16分発の電車に乗る。大宮では降りずにそのまま上野へ。山手線に乗り換えて東京駅の新幹線ホームに着いたのが9時20分頃と思う。弁当とお茶を買っておく。9時46分発ののぞみ119号。15号車の14D席。出発してすぐに弁当を食べる。
 今日は仕事オフで京都旅行であるが、新幹線の中では業務関係の書類に目を通してメモをとる。残業手当てくれよと言いたい。
 予定の12時4分に違わず、京都駅に到着。
 駅前のB2のバス停で50のバスに乗る。北野天満宮で降りる。京都の市バスは一律220円なのだが、小銭は217円、後は5千円札になる。その次第をバスの運転手に告げると、210円を入れて、次に乗ったときに10円を払ってくれればよいという。
 210円を払って北野天満宮前で降りる。北野天満宮に行くのは何度目であるか分からない。拝んでくる。お守りを3つ買う。娘2人が受験生であるので、あげようと考えた。
 北の天満宮前からどこに行こうかと考えた。来たバスに任せることにした。55番のバスが来て乗った。立命館大前が終点である。うまくない。途中の北野白梅町で降りることも考えたけれど、そのまま立命館大前まで行って降りた。約束通り10円多く、230円を払った。
 立命館前からだと竜安寺に歩いて行ける。昔、同じ道を歩いたことがある。あれは夏だったよな。1人ではなかったな。下の名前は覚えているのに上の名前は思い出せない。
 竜安寺に来るのは3回目か4回目だと思う。今回は周囲の庭や池をよく眺めた。1月ほど前なら紅葉がきれいだったろうと思うが、それでも紅葉したもみじが少しはあってきれいだった。京都以外にある庭はどうしても、京都の庭とは比べられない。苔を含めてこれだけよく管理されている庭は珍しい。庭を維持する技術者が京都では供給されているということなのだろう、と思う。
 竜安寺からそのまま歩いて仁和寺に行く。仁和寺も3回目だと思う。
 仁和寺から妙心寺へと歩く。途中、嵐山鉄道の妙心寺の駅の脇を通る。北門から妙心寺に入る。
 妙心寺というのは塔頭の集合体のような寺である。古い寺には多かれ少なかれ塔頭があるけれども、ここは寺本体は実体がないかに見える。南門近くの退蔵院に500円を払って入る。さして見るものはなかったように思うが、まあ、こんなものである。このクラスのお寺では、何年前かに行った光悦寺が良かったが、ここもまあまあかも知れない。
 帰りの新幹線が17時半であり、既に16時になっている。近くのJR花園駅まで歩く。この駅は山陰本線という。
 花園からJR京都駅まで190円。駅ビルではなく、外の地下にあった食堂で食事をとる。駅ビル地下1階のお土産街で若干のお土産を買う。
 17時32分発、のぞみ142号、15号車6D。乗る前におにぎりとお茶を買っていて、新幹線の中で食べる。
 電車の中で業務関連のメールが携帯に届く、。簡単に返事する。
 東京駅到着が予定の19時53分前後。東京から上野駅に行き、20時21分発の宇都宮線快速電車に乗る。座れる。
 帰宅は21時20分頃と思う。猫たちが玄関先にやってくる。食糧をあげる。2階猫たちにも食糧をあげる。
 メールをチェックする。

 ここまででこの日は終わるかと思ったが、そうではなかった。夜、外に出ていると近くで聞きなれない猫の大きな声がした。お隣の家の前に行くと、痩せた子猫が道路に現れた。痩せているだけで、子猫ではないのかも知れない。首輪があるが、この痩せ方からすると飼い猫であって、しばらく迷っていたように見える。鳴きながら私からは逃げず、近づいてくる。抱き上げた。臭い。身体は骨でゴツゴツしている。すぐに家に連れ帰って、籠に入れた。使ってないケージを物置から出して、2階の私の部屋に収容した。
 さあ、どうする。ともかく明日、動物病院に連れてゆこうと思う。たぶん飼い猫であって、外に出て迷った猫なのだろうと思う。私にすりよって来た。野良ではこのようには行動しない。しかし病気があるかどうか、分からない。食糧をあげたけれども、あまり食べるでもないのは、単純に腹が減っているだけではないのかも知れない。他の猫たちが警戒心を持つ。
by Larghetto7 | 2006-12-21 23:55 | 日記風