11/25 土曜
待たせたな。

 本日、編入試験の第1日目にして、私は11時に大学に行けばよい。が、学部長らとの、昨日の続きの話し合いがあるので10時には行く必要がある。
 7時半頃におきた。昨夜は寒かったせいで、庭の草の夜露は凍っている。
 庭と2階の猫たちに食糧をあげる。8時半頃に家を出た。大学に着いたのは9時40分頃と思う。
 少し研究室にいて、大会議室に行く。入試の係のY先生らと話すと、今朝は結構ヒヤッとしたことがあったというが、ここでは書けない。ほほほ。
 その後で学部長室に行く。昨日に引き続き補佐会メンバー3人が顔を合わせる。
 別の話題が出てそれなりに協議した後で「私が副学部長を辞める」という件に入る。「被害が大きいから辞めるとはいわないでくれ」、「代わりはいるだろう。」(否定はされなかった)、「今軌道に乗ったことがまずくなる」、「それでもやる気がない」。そんな応酬が不思議と和やかに続いた。むしろ高木さんが現状で問題にしていることをどうやって解決できいるかで考えるべきだろう、という誰かの得意な言い方をされると私が劣勢になる。「あの○○が良いと思うのか?」と切り返すと、さすがに良いともいえないので、私が盛り返す。その後で、私が入った例の人事のWG(このWG自体は教授昇進と、助教から准教授への昇進の規則を扱う)で改善を目指すのが建設的だろう、という言い方を受ける。「まあそれも筋であるが私にもやる気力はない。」といった返事をしつつ、編入試験の採点が始まる11時に近づいたので、何となくみんなで大会議室に移動して、話はまた長引いた。
 すぐには答案があがってこない。某実験室で某専修の採点者が集まり、採点をする。予定よりやや長くかかり、集計の委員から催促が来る。やっと終わりにする。
 少し休んでから15時から教授会。
 教授会自体は編入試験の判定が主議題であるが、某○○の件が教授会にかかる。私は何点か質問するにとどめる。
 教授会後、明日の作業の手筈を専修で話し合う。例の○○のことも話題に出る。そうだよね、と話し、少し気分が良くなる。
 帰りのバス停でK先生に会い、中国語の非常勤について確認する。私は買い物をして大久保団地前でバスに乗る、といって別れる。
 マルエツで猫食糧を買う。
 バス停に行く途中で、某婦人服店の前で倒れている男性を見かける。こういうとき、私は割りと bystander intervention をするのであるが、この前まで演習で Prosocial behavior の章を読んでいただけに、ほとんど自動反応的に prosocial behavior に入る。どうも自転車で転んでそのまま倒れているように見える。話しかけると答える。酔っているかも知れない。血は流していないけれども、状況は分からない。近くに「公的機関」がないかと探したが見つからず。すぐ近くの婦人服店に入り、ご主人に事情を話す。私は携帯を持っているが、単純に110番をかければよいのかどうか、分からなかった。ご主人は本人に話しかけ、家族の電話番号を聞きだす。が、それでは対応が遅くなると思えて、119番ではなく110番に私が携帯でかける。ここはどこ、というのが実はよく分からない。110番で電話で出た人は状況を私に次々と聞く。私は苛立って、そんなこと聞く前に早く来てくれないか、と訴える。
 知らぬ間に別の女性が倒れている男性と話している。話をあわせていてくれているのだ。ご主人は本人から聞いた家族の電話番号にかけたが、案の定、出なかった。
 道路際でパトカーが来るのを待った。車の通りが多く、渋滞気味で、すぐには来られない恐れがある。マルエツ方向でパトカーらしいライトが見えたので、私はそちらに歩いて手を振った。婦警さんが降りてきた。若くてきれい(夜ですが)。倒れている人のところに案内する。パトカーも一緒についてくる。それでこの件は警察の係となる。私はそのままこの婦警さんについて行きたい気がしたが、トシを考えてやめる。
 店のご主人とお巡りさんと本人に挨拶して現場を離れて、バス停に向かう。
 そこから後はいつものごとし。帰宅は19時過ぎ。
 猫たちに食糧をあげる。母から電話あり。夕食。
by Larghetto7 | 2006-11-25 23:07 | 日記風