11/24 金曜 
待たせたな。
 やはり、オンラインでこういうことを書いているものだから、アクセスが上がる。いつものノートPCでは私自身、このサイトにアクセスできなかった。この数日、このサイトには130くらいのアクセスがあるが、今日は多いかも知れない。

 起きたのは8時頃と思う。天気は割りと良く、いつものように猫たちに食糧をあげた。いつもよく食うテレビ猫が今朝は元気がなく、下痢気味だった。Qちゃんがやたらとすりすり寄って来る。
 予定を見ると12時半からが補佐会で、その前には予定はない。いくぶんゆっくりと家を出た。大学に着いたのは11時半頃と思う。
 事務的な書類を書いて学務に持っていったりしていると時間が過ぎた。
 12時半に補佐会があり、学部長室に向かった。私の予定は、ここで私が副学部長を辞めると告げることである。既におられたお二人が座っているソファがいつもと違った。学部長が先に口を切る。「辞めるなどとは言わないでくれ。」 「言うんですよ。」 まあ、変な格好でいったことになる。さして実質のない、ほとんど同じ言葉を応酬するだけだった。結局、次の会議が13時半から始まるので、この件は明日の10時にまたやることで私も同意した。
 こういう話は急に言い出した方が通りやすいのであるが、私の方針として、相手には考える時間を与える。そこで小出しにした上での今日の話であったが、その方法が良かったのかどうかは、分からない。
 補佐会の方はそれなりに議論点が多かった。大きな点は、教授会訪問後に学長が教養学部に伝えてきた意向のことであり(そんな意向があるなら訪問時に言えよ、という気がする)、まともに対応するとすれば大きな議論になる。
 どうも例の学長訪問で、教養学部は学長からお覚えがめでたかったらしい。まあ、そのように企画したのは意図したことろである。ただ、そこでお覚えが目出度かったために、いろいろ学長から振られたフシがある。
 私が辞めると本当に学部長が困るかどうか、その辺は読めない。私でなければできないことは、正直、ない。後釜に良い人は、いる。しいていえば、私が途中で辞めたという不自然な報告を学長にしなければならないことくらいであるが、それほどの問題か? 明日どうなるか分からぬが、「何もしないでよいから辞めるな」ということになるかも知れないね。ほほ。
 見た目と異なり、補佐会内部での私の立場は、ある意味ですごく「保守的」である。その辺は先入観とは異なるように思う。いろいろ動かしたい人にはあまりうれしくないから、その意味では「辞めていいよ」といわれる可能性もあると思っていた。
 次の人事委員会は、会議の性格上何を話したとは書けない。が、結果的に「活躍」してしまった。どうしてもこのお仕事をしていると私はのめりこんでしまう。それが既に難儀なのだ。できれば知らぬ顔で、自分の仕事に専念したい。
 研究室に戻る。実は今日の大きな作業は、学生・院生への調査票を先生方に配ること、である。調査票の最初の文面を手直しする。事務室のPCで打ち出して、コピィし、各教員の指導員整数分の調査票を Cover Letter とともに同封し、メールボックスに入れておく。その間、ローソンでパンとお茶を買ってきて、作業しながらパンを食べた。
 小包が届いているという。見ると、先日注文した Dell の PDA の Axim が届いてkた。少し前に壊れ、スケジュール管理に苦労していたので、うれしい。
 暗くなって寒くなった。天気予報では明日の朝方の最低気温が2度に落ちる。
 18時過ぎに帰路につく。帰宅は20時少し前と思う。
 猫たちに食糧をあげる。
 夕食をとりながら、今日届いた Axim をノートPCとデータ同期を出来るように設定する。Axim をj自分向けにカスタマイズする。
by Larghetto7 | 2006-11-24 23:28 | 日記風