10/21 土曜  休日出勤
 昨夜はだるくて0時過ぎに寝た。目が覚めたとき暗かった。時計を見たら2時半だった。また寝た。再び暗いうちに目を覚ましたけれど時計は見なかった。またすぐに寝た。
 3度目におきたのは9時過ぎだった。トータルで考えればある程度寝たように思う。昨日までと比べると身体が楽になった。
 猫たちに食糧をあげた。2階の部屋は掃除して、Qちゃんのことは身体を拭いてあげた。

 知らず識らずに、昨日の会合の展開を頭の中でプレイバックしていた。なるほどあいつ、あそこでああ言ったのはそういう意味だったのか、などと何点か気づいた。
 実際に会ってみないと分からないものだ。人の才能とはこれほど違うものなのか、と知った気がする。そう考えるとエラい損失だったな、と思う。
 あの会合の結果をどうしたものかと考えた。そのまま認められると、学部の将来計画は止まる。そう踏んでしまえば、そのときが私にとっても潮時かも知れない。今の仕事を続ける意味はない。ひどくきついだけの話だ。私に興味があるのは将来計画であって、副学部長ではない。解放されるのであればそれもよい。そう考えると気が楽になった。
 うちの学部の○○○が辞める原因となる件のナントカ書を、学長も見るのだろう。ま、笑って終わりだろうな。

 さて、今日は休日なるも、そのお仕事のために休日出勤する用がある。
 12時頃にやっと家を出る。14時少し前に大学に着いた。総務からロック解除のお願いが守衛所に伝わっているはずだった。守衛所に行くと、既にSさんが事務室に来て仕事をしている、という。建物はトイレ工事で出入り自由だった。
 事務室に行くとSさんが仕事をしていた。私にしろ彼にしろ、超過勤務手当ては出ない。
 研究室に行き、実験室で来週用の作業を少しこなす。その後、「長谷川三千子教授講演会」のポスター用ファイルを少し手直しする。事務室の大きなカラープリンタで、A1で印刷する。Sさんに手伝ってもらって、1階ロビーに貼り出す。
 ついで、学生用・院生用調査票を印刷室のコピィ機で印刷しながら、必要枚数を数え、各先生用に封入し、封筒に氏名を書いてメールボックスに入れておく。コピィしながらの作業なった。
 ときおり実験室に戻って、バックグラウンドの作業を続ける。 
 今日の分の仕事は19時近くに終わる。
 バス停で水野先生と一緒になり、南与野までご一緒する。
 帰宅は20時15分頃。疲れた。
 猫たちに食糧をあげること、常のごとし。その後で私も夕食。
 今日は一応の仕事は終わった。が、こなす仕事はいくらでもある。これで科研費の申請書など、書ける訳ない。来週はアホなハイスクールキャラバン隊なるものもある。
 
by Larghetto7 | 2006-10-21 22:14 | 日記風