10/08 日曜  風強し
むつめ祭で長谷川三千子教授講演会

これって、私の仕事なんですよ。来てください。

 長谷川先生は、私のカミさん(埼大教養卒、現社)の、受験のときの試験室監督だったのです。田舎(福島県須賀川市)から出てきたカミさんは、この先生を見て、「はぁ、都会的だべさ~」と感動したそうです。

 8時頃におきた。いつになく寒く感じた。庭に出ると日差しが強い。風がある。それなりに庭猫たちが来る。食糧をあげる。2階の猫たちにも食糧をあげるが、ケージに入れたままのエイズ猫のQちゃんだけはあまり食べない。ケージから出して身体を拭いてあげる。身体をさすりながら食糧をあげるとある程度食べた。
 Qちゃんが何時まで持つのかと考えてしまった。
 そんなこんなで無為に時間が過ぎていった。
 いつも土曜には母のところに行くが、昨日は用があって行けなかった。午後になって母のもとに出かけた。母のいる施設では運動会をやっている。そうか、今日か明日が体育の日だったな、と思い出した。こういうのは母は好きではないが、付き合いで出ていた。適当なところで自室に戻した。
 自分が死んだら葬式はどうするかと私に問う。そんなことは言わないで欲しい、たとえ意識不明のままでも、親族には生きていて欲しいものなのだよと、心で思ったが口にはしなかった。
 思い出の町はどこか、私が生まれ育った町か、水戸か、とまた母が問う。なぜか東京かとは言わなかった。東京には結構長く住んでいたけれども良い思い出がない。どれほど東京を呪ったことかと頭をかすめた。東京は母にも思い出があるはずであるが、そう知ってか、東京かとは聴かない。さて、思い出の町とはどこかと考えてみたが思い当たらなかった。住んだ町には思い出があるが、同じ町並みは残っていない。だから今行っても懐かしくはないだろう、そんな風に答えた。あまり行ったことがないところでも懐かしい場所はある。栃木市のように古い町並みが残っているとよいかも知れない、というと、あそこは昔着物を買いに行ったことがあると母が答える。
 19時半頃に帰宅した。庭猫たちが待っていたかのように集まって来る。食糧をあげる。2階では、身体を拭いてあげながらQちゃんにまた食事をさせた。この食事には薬を混ぜているので、必ず食べさせないといけない。
by Larghetto7 | 2006-10-08 21:26 | 日記風