2/28 火曜 大学で用あり
雑感 → 台所の猫たち

 本日、大学で研究生の申し出をした人への面接がある。
 おきたのは9時頃だったか? やはり曇っていた。今日は小雨が時折降っていた。庭に出ると大白、小白らが集まってくる。テレビ猫も来た。食糧をあげる。やはりテレビ猫が食べてしまう。2階の猫が食欲旺盛なのはいつものことである。
 入試業務が明日からあるはずなのであるが、まだ作業分担が未定な箇所がある。
 午前中に学務係から電話あり。卒業するつもりの4年生に単位の問題が生じたという。対処を依頼される。本人と電話で話す。私が大学に行って話すことにする。電話だけでは要領を得ない面がある。単位の表を見て判断する以外にない。
 12時頃に家を出る。大学には13時過ぎに到着。
 まず学務によって係長から事情を伺う。明日の入試業務の手配について確認する。
 飛込みで入試課のAさんが大学案内の撮影担当者を連れてくる。事前に話があれば準備をするものを、と思う。時間がないのであるが、候補となる撮影の部屋を案内する。結局、それらの部屋は使わず、大教室を使ったようだった。
 研究生志願者と約束した14時になってしまう。志願者とは3階の廊下で会う。実験室で待つようにお願いする。入試課への対応を済ませる。
 やや遅れて面接を行う。事情を聴いているうちに、研究生になる要件を充たしているか否かに疑問が出てくる。一緒に学務係に行く。しかし係長は会議で、係長でなければ分からないようだ。会議が終わってから係長に話を聞く必要ありと判断する。志願者には1時間後に来てもらうことにする。
 問題のあった4年生も実験室に現れた。事情を聴く。やはり学務係に行って確認する。係長はまだ戻らず。学務係員に単位状況の確認をお願いする。対処の仕方がやっと判明する。どうすべきか、本人に考えさせる。私も当ってみることにする。
 その後、別の先生と会い、対処の仕方が見つかる。そのことを携帯で本人に伝え、詳しくは私から伝えるといっておく。本人が現れ、協議する。
 その間に多少のメール応答あり。
 私の携帯に母からの電話着信記録があった。携帯で電話してみる。本日、病院に行ったので心配していた。話がよく分からないので、カミさんに電話して事情を確認する。
 という訳で、今日は楽な話であるはずが、結構、緊張してしまった。
 学務係長が戻り、明日の入試業務について確認。もう一人のアドミッションセンター教員であるY先生と明日の段取りを話す。
 18時頃に帰路につく。電車が遅れるも、なんとか快速電車に乗る。帰宅は19時半頃。
 猫が猫部屋から庭に出てくる。食糧をあげる。
 20時過ぎに夕食。
 多少のメール応答をし、つまらない業務をこなす。学会関係のメールが来る。こちらの引き受け仕事もこなさないといけない。やれやれ。
by Larghetto7 | 2006-02-28 00:58 | 日記風