1/2 年頭のご挨拶
 あけまして おめでとうございます。

 24時間ほど前、年が明けたときに、カミさん、上の娘、息子と一緒に近くの神社に初詣にいって参りました。我が家の幸せを祈って参りました。今ここで、私の幸せではなく、このブログに入って下さった皆様の幸せをお祈り申し上げます。有難うございます。本当に有難うございます。私なら、他人のブログなんて見ませんよ。

 ペンギンを飼いたいという私の野望は実現しそうにありませんね。いや、実は私は職業を間違えたような気がしています。本当は、水族館に勤めたかった。
 私は小さい頃、熊が欲しいと思ったことがあります。「飼いたい」ではなく「欲しい」です。私が飼ったことがあるものといえば、青虫、結局金魚に食べられてしまったメダカ、くらいなものでした。大学に勤めてからは何度か、ザリガニと金魚を飼ったことがありますが、そこから猫になるとは考えてみませんでした。考えていないことが起こるとすれば、ペンギンもあるかも知れませんね、ははは。

 昨年は最低でしたが、その前の年は2番目に最低で、さらに前の年は3番目に最低だったような気がします。このまんま沈んで行くのは辛いです。そういえば昨年、ミュンヘンでUボートを見ました。メッサーシュミットも何種類かありましたね。家族がメッサーシュミットを背に記念撮影をしていました。そういえば私も、スミソニアンでゼロ戦を背に記念撮影をしたことがあります(バカですね)。
 という訳で、今年は雑用はしない、と決心しています。といっても、アドミッションセンター員というのは辞められないのですが、まあ、他は知らんぜ、ということで行きたいところです。そうして確保した時間を何に使うかといえば、ずっと暖めてきた夢、そう、プラモデルに走りたいですね。最初に作るのは陸軍一式戦闘機、あの「隼」でなければならない。嗚呼男だぜ、加藤隼戦闘隊。隼っていうのは、風貌ガラスが小さいところがプラモデルとして一つ見栄えがしないところですが、そこをあえて隼にするところに、「今日も飛ぶ飛ぶ霞ヶ浦に~」と唄っていた某高校の対戦校であった、水高健男子の意気を見て下さい。軟弱な奴は飛燕にしようとか、月光にしようとか言うのですが、陸軍といえば隼です。

■朝起きてカーテンを開けると外は雪だった、なんてことがあるかと思ったが、なかった。昨年は何度もあったのであるが。外は雲って暗い。が、それだけである。昼近くになって雨粒をわずかに感じたけれど、雨にはならない。予報では昼頃に雨とあるけれど、雨量はゼロである。
 今日から平常に復する、というか、正月気分にはぜんぜんなれなかった。この正月休みに何をしなければならないかとリストアップしてみると、ひどく忙しいことを思い知らされた。
 家猫のチーコが台所で頑張っていて、他の猫が近づくのをけん制している。チーコにしてみれば自分のテリトリーが侵されるように感じるのだろう。しかしお前は特別優遇されているのであるから、他の猫にも恩恵を分けてやれよ、と私は心の中でいう。
 昼頃から小雨が降ってきた。私が水を撒いても地面はなかなか湿るものではない。が、まばらなこの小雨でも地面はよく湿り始めた。雨の水量とは大したものなのだなと感心した。
 スーパーで買い物に出た。私の部屋用の猫草を買ってきた。部屋に置くとモモちゃんが出てきて食べ始めた。順に3匹ともひと通り、少しずつ食べたようだ。
 猫のモモちゃんが元気に傍ではしゃいでいる。猫部屋では白父子と母子がダンボールの箱の中で寝ていた。外の温室では黒子と小黒、それにやってきたテレビ猫がじっとしゃがんでいる。チーコは相変わらず台所の椅子の上で寝ている。今は猫がじっとしているべき時間であるようだ。

 このブログをどうすべきか、ということを以前から考えている。もともとはブログという free のサーヴィスを試しで使ってみるつもりで書き始めただけである。別に真剣に作ろうと思ったものではない。他にサイトがあるのであるから、ブログは不要に思える。
 ブログは更新が簡単であるが、入ってきた人は最新の記事しか見ないだろう。ブログ内に検索機能があるけれど、そこまでして見てみる人はいないように思う。その点、ホームページで記事を項目にしておけば、時間が経っても見やすい。
 使い分けを考えるべきなのだろう。独立した文章は、ブログではなくサイトに掲載する。ブログにはその日の「業務」の流れを書いておく、ということだろう。
 
 ノリの軽い社会心理学者が確か、何年か前に、ウェブで日記を書くようなバカがなぜ出るか、をテーマにして研究していたようだ。
 そのバカの一人としていうならば、私の場合、もともと毎日、10年以上、日記をつけていた。ブログはその代用、という面がある。だからあらためて追加の労力を支出している訳ではない。このところ雑用で忙しく、日記も途切れがちになっていたのだ。むろん、日記に書くことの全てはブログには書けない。ブログに書くような無駄口は、日記にはわざわざ書かない。だから同じものではない。ブログに書けない事柄の記録をちゃんと残しておくことが課題のような気がする。
 もともとこのブログを書き始めたのは、私が十分な授業の準備をできない、それって仕方ないんですよ、私も大変なのよ、ということを伝えることが真の目的だった。ただ、ついでに余計なことも書いているものだから、本来の目的が逸れてきて、現在、何を目的とするかが分からなくなっている面があるなぁ。
 今後は、ブログは、例えば1日20行まで、などと制限して記載すべきだろうと思う。そうでないと、たまに入る方には分かり難い。
by Larghetto7 | 2006-01-02 00:38 | 日記風