12/23 金曜、休日
 本日は休日であるので、ゆっくり仕事が出来る、って、そりゃなんか変だろう。
 昨日の夕方に寝たせいか、昨夜(今朝)は5時頃まで起きていた。寝たときにはやはり、家猫のチーコと一緒だった。一度チーコに起こされたが、また寝て、ちゃんと起きたのは10時を過ぎていた。今朝の最低気温はマイナス5度という予報だった。実際、外はよく晴れて日が当ると暖かいけれど、庭に置いた水はこの時間でも氷をはっている。
 よく晴れている。ということは、日が落ちると寒くなるということだ。
 昨日、気象庁が「暖冬」の予測を「寒冬」に変更した。露骨な予測変更であるが、実は毎年のことである。昨年も「暖冬」といっておきながら、やけに雪が多く、結局予測を変えた。予測通りであったことは、まずない。それにしても今年の変更幅は大きい。
 例の複雑系という話は、どれだけの成果があったかは知らないが、こういうときの言い訳として活躍するのは確実のように見える。気象は本質的に複雑だから、予測できない、といえば済むのかよ。
 景気の予測と気象の予測はどちらが「複雑なのか」と考えてしまう。素人目には似たようなものと映る。気象の方が自然現象であるから予測しやすいように感じるけれど、理学部の先生に言わせるとそうではないという。
 ただ、景気の予測では外れれば叩かれる。気象の予測の方は、少なくとも日本では大目に見られて済んでしまうように思う。もっとも、気象会社であれば、予測が外れると損害賠償を求められるのかも知れない。信頼区間を広く取ってごまかす手もあるかも知れないが、それだと予測としての意味を持たない。
 で、本日、引き続き卒論ファイルに目を通そうと思ったら、真っ先に見たファイルの主は既に提出した、という。まあ、特に不思議ではない。

 本日の最も大きなイヴェントは、そう、髪を切ったこと。「髪を切る」という話はサイトのどこかに書いたなぁ、と思って調べると、あった → 髪を切る。ほぼ2年前の記載だった。そのときも傍に猫のチーコがいたと書いてあった。今回も髪を切っているとチーコが寄ってきた。
 カミさんがケーキを持ち帰った。クリスマスケーキの1回目とかで、明日は明日でまたケーキを買ってくるという。上の娘は友達と、割の近所の、何とか神社の隣のレストランに行っているというので、上の娘抜きでケーキを食べた。息子のYがやはり、イチゴを欲しがる。上の娘は戻ってきてから残っているケーキをまた食べた。
 やはり昨夜は風呂に入らなかったので、昼間に風呂に入った。
 卒論のファイルに目を通すも、途中で委員会MLのメールが飛び込んできて、余計な労力を使ってしまった。
 21時頃から、疲れがあるので布団に入って寝た。0時頃にまたおきた。結局、あまり仕事が出来ていない。段々と焦ってきた。
by Larghetto7 | 2005-12-23 12:06 | 日記風