11/26 土曜、編入学試験1日目
 本日、編入学試験があり、朝から出かける。6時半頃に目覚ましでおきた。カミさんと猫のチーコはおきている。娘2人と息子はねている。外は曇りであまり寒くはない。私が庭に出るといつものように猫が寄って来る。食糧をあげる。気が付くと7時になっている。2階の猫に食糧をあげに行く。わずかな時間で自分の食事をした。
 7時半に家を出る。安全のために駅までカミさんの車で送ってもらった。電車はいつもより空いている。PDAで平均律の2巻を聴いていたら、大宮で乗った電車の向かいの電車が先に出た。電車を1つ損したな。
 北浦和駅前のバス停で並ぶ。電車がなかなか来ない。目標の8時50分に間に合うかどうか心配になる。バスが来なければタクシーに乗るつもりでいた。幸い、やっとバスが来た。
 バスの中で編入試験の受験生と思しき女性が、バスに乗って万札しかなくてバス代が払えないようだった。5百円玉を貸した。やはり編入試験の受験者だった。バスを降りてからどの専修を受けるかと尋ねると、現社だという。この5百円、昼頃に菅原係長経由で戻ってきた。多少の縁があれば合格して欲しいとは思うけれど、私自身はアドミッションの係で、受験にはかかわらない。
 他のアドミッションの委員は既に大会議室に集まっていた。
 多少の予測しない出来事もあったけれど、概して作業は順調に進む。
 昼頃、Y先生が買いだしに行くというので、おにぎり3個とお茶をお願いした。試験場「本部」でみんなで弁当を食べる。このメンバーは相互に仲が良い。
 試験答案が集まり、学務係が点数を入力する。すぐに私がある種の処理を行う。総体的に言えば委員の中で私の仕事は少なかった方だろう。
 判定の教授会が15時からであったたが、資料はすぐには完成しなかった。想定通りのこともあれば、想定外のこともある。少し議論して委員会の案を決める。
 教授会途中で判定資料が出来、教授会を中断して判定の審議に入った。想定の範囲でことが進んだけれど、余計な時間がかかった。1次試験合格者発表に間に合わせるため、学務が作業を急いだ。学務と委員が何度も点検を行った末、予定より15分遅れて1次試験の結果を公表した。15分遅れは許容の範囲と思う。
 教授会で明日の面接時間の設定にうるさい注文がついたので、面接時間表の完成に時間がかかった。その間、今日の受験者からの問合せも電話であった。
 委員会の作業が終わるのと、教授会の作業が終わるのはほぼ同時だったようだ。
 19時頃のバスで帰った。このバスに乗った同僚が多い。
 帰宅は20時過ぎ。私が戻ると庭猫たちが猫ドアから庭に出てくる。猫に食糧をあげてから私も夕食をとった。 
 本日のように朝早く出て夜帰るときには猫のことが心配なのだ。しかしみんな無事でよかった。
 問題は月曜の中間試験の問題がまだ出来ていないことである。今夜中に試験問題のあたりをつけておきたい。
 誰も風呂に入っていなかったので、私が息子のYと一緒に風呂に入った。いつもはミニカーを風呂場に持ち込むYは、今日はポケモンのカードを持ち込んだ。
by Larghetto7 | 2005-11-26 22:04 | 日記風