11/18 歯医者
 おきて9時過ぎに、かかったことのある歯医者に電話で連絡した。今日、16時なら予約を入れられるというので、予約を入れてもらった。実はその16時からは某会議がある。が、会議は休ませてもらう。
 この歯医者話は今年の私を象徴する。歯が痛くなり始めたのは7月であるが、歯医者に行く時間的余裕がなかった。8月に入ると行けたには行けたが、いったん延期を決め込むと腰が重くなってしまった。その後また忙しくなり、結局歯医者には行かなかった。行く時間はあったろう。しかし歯医者は行きだすと頻繁に行かねばならず、その予約を入れられる状態ではなかったのも事実である。結局、酷くなるまで放置する結果になった。
 朝は冷え込んでいるが、9時過ぎると日差しが出て暖かい。空が青い。欠席する会議については、出席して報告するはずだった事項をメールで送らないといけない。

 本日、歯医者にゆくために家にいる。何やら軽い病気で学校を休んだときのような、秘密めいた解放感があるのが楽しい。寒くなったせいか猫の毛が伸びており、白猫のシロが白熊のように見える。
 家にいるといってもやはり、業務メールを書いている。メールって何ね、結局在宅勤務の手段ですね。そのうち、仕事はメールでいいよ、でも通勤手当はカットね、とか。いかにもありそうに思う。
 昨日、現学長によるナントカ計画という文書が学部長経由で配布された。見てみると、人員削減、給与削減、非常勤講師料の削減、など、削減の話ばかり。削減まではよいけれど、この路線で行くと埼玉大学はついには消える、という話でしかない。暗い話ですねぇ。この学長の暗さが教授の顔を曇らせ、事務員の表情を硬直させ、そしてそんなツラが学生さんを直撃するのね。(「現学長」と書こうとして、「減額長」と出てしまったことに苦笑する。)
 これなら群馬大学との統合をした方が良かったでしょうに。なぜって、大きくなった方が、消え去るまでに時間がかかる。

 予定通り16時に歯医者に行った。少し待って診察治療室に入った。やはり悪かった。神経を取った。痛かったけれど、一昨日はより強い痛みを感じていた。
 次回の予約は最速で来週金曜だった。来週金曜は午後に某業務が入っているので、朝早くで予約した。
by Larghetto7 | 2005-11-18 10:55 | 日記風