2015/03/29 日曜  クロ死す
 昨日、庭猫のクロが死んでしまった。
 クロがウチの庭に住み着いてから10年くらいになるであろうか。この猫は太めで、おっとりしている。しかし後足の1本が悪く、いつもびっこを引いていた。それでも、この猫の存在は大きかった。足が悪いこともあるが、クロは決して喧嘩をしない。だけでなく、仲間にいつも優しくしてあげていた。弱い猫、幼い猫を見守ってあげるような猫だった。腹を空かせた猫がいたら、こいつにも食わせてくれと言いに来る。クロがいるから寄って来る猫もいた。
 折あしく、このところウィルス性の伝染病が外で流行ったようであり、近くの野良猫がばたばたと死んでゆく。そんな中で、クロも感染したのだろう。また、以前病院で検査した時は問題なかったが、今回病院に連れて行って悪いところがあることも分かった。数日、点滴に病院に通っていたが、その甲斐もなく、昨夜死んでしまった。
 もっと早く家の中で飼えばよかったのであるが、この猫は喧嘩をして怪我をすることは考えられず、だから庭猫として飼っていた。悪いところをもっと早く見つけてあげればよかった。
 残念な思いがある。こんな良い猫はいなかった。人には、クロは人格猫ですから、とよく言ったものである。
by larghetto7 | 2015-03-29 23:45 | 日記風