2014/02/07 金曜
 このところ、佐村河内守の話題が目を引いている。この方、私は名前を見たとき、佐村・河内守(さむら かわちのかみ)と読むのかと思ったが、佐村河内・守(さむらごうち まもる)だった。
 この方の交響曲の一節をTVで視た(聴いた)ことがある、というだけであるが、やたら重い、でも立派な曲だったような気がする。作曲者が別にいた、というのは人の注目を集める展開ではある。しかし、その曲が良いのであれば、真の作曲者の才能をほめるべきであり、この件を特に批判する筋でもないような気がする。ここは単純に、新たに分かった才能の持ち主を祝福すべきではないのか?
 ネットを眺めていたら、やはり有名な音楽家の次のページが目に入った。なるほどな、と思った。

  森下唯サイト
by larghetto7 | 2014-02-07 23:45 | 日記風