2014/02/05 水曜 雪の朝
 昨日は例によって寝不足のまま大学に出た。2限目が期末試験で、前の日に何とか問題用紙と解答例のプリントを用意しておいた。起きたとき、いくぶん風邪気味と感じた。私の場合、子供のころから耳下腺炎になりやすい。その耳の下がやや膨らんでいる感じがあった。その朝、息子も同じような症状であり、息子は学校を休んだけれど、私はパブロンを飲んで、寝不足なのに出かけた。
 ずっと小雨だったと思う。その小雨が昼過ぎから雪になり、一時は牡丹雪が舞った。牡丹雪はすぐに小粒の雪となり、じきに止んだ。大学ではほとんど雪は溶けて行った。
 家に帰る前にカミさんにメールで尋ねると、自宅付近も雪で、既に止んだという。
 帰宅したら家では結構、雪が積もっているではないか。夜、夕食の前になぜか、雪だるまを作った。といっても、雪はさらさらして、うまく雪だるまができない。それだけ冷たい雪であったのだろう。40、50cmの雪の球を2つ作ったところで、その2つの重ねて雪だるま、ということにした。
 翌日には雪は溶けるだろう、と思った。
 次の日、つまり今朝であるが、外を見ると意外にも、雪はちゃんと残っている。雪だるまもそのまま残っている。この分だとしばらく、雪だるまは溶けないだろう、と思った。
by larghetto7 | 2014-02-05 23:45 | 日記風