10/16 Time to think
 どうも悪循環に陥ってしまう。何かをしようとすると夜遅く、というか朝になる。寝不足で出かけると帰ってから寝てしまう。そして次が早いとまた寝不足である。今、寝て起きたところだからすぐには寝られそうにない。この状態で月曜は早いので、月曜はまた寝不足になるよな、と思う。

 昔、囚人のディレンマ実験のレヴュー論文を読んでいて(何か忘れた) 'time to think' という英語に出会ったことを思い出す。あまりに「そのまんま」だから記憶に残った。考える時間があるとC反応が出やすくなる、という文脈だったと思う。
 考える時間が欲しいよな、と思う。考える時間って、後から考えると9割がた、無駄である。でもその無駄な時間が必要な人と、そうでない人が世の中にはいて、私は前者なのだろうと思う。必要かどうかではなく、楽しいのだ。
 時間があったら何をするかなぁと時折思う。第1に、ちゃんと勉強がしたい。第2に、アイディアを手書きのノートでまとめておきたい。未整理の事柄が多いのだ。第3に研究を少しまとめたい。第4に、バッハの宗教曲をいろんな演奏家の録音で聴いてみたいような気がする。古楽器アンサンブルの演奏と、例えばカラヤンなどの演奏では相当違うのだ。最近はモーツァルトがなかなか奥が深いと分かってきた。いやまあ、むろんベートーヴェンでもよい。古典落語に走るのもよいかも知れない。旅行もしたいような気がする。アメリカ以外ならどこでもよい。

 業務関連のメモ、文書の整理をしていたら眠くなった。一寝入りだけするつもりでいたら深く寝入っておきたのが13時だった。今日は晴れの予報だったような気がするが、外は雨上がりのように湿めり、暗く曇っている。
 明日の授業で使おうと思っていた『12人の怒れる男』のDVDをやっと観た。なっ、泣かせますなぁ。この映画は理知的に話は進むのですが、最後の終結が古典落語の人情物のように出来ているところが興味深いです。
 この映画は『魁、男塾』や『スラムダンク』と同じで、個々のキャラを丁寧に、魅力的に描いているところがいいですね。
 この映画の隠れたテーマはダンディズムね。最後の場面を私はよく覚えていました。老人の陪審員が主人公のヘンリー・フォンダに(大坪さんが思い出せなかったヘンリー・フォンダ)握手を求めて、握手するんですが、その後にそっけなく別れる男のダンディズム。これって、椿三十郎が去ってゆくときの、あれですよ。社会心理学的な意味? あんまりなかったですね、『エス』と比べると。
by Larghetto7 | 2005-10-16 02:14 | 日記風