2013/11/14 木曜
今日のフィクション  →  続・例の案


 YouTubeで山口百恵主演の『古都』という映画の映像が出ていた。見てみたら画面がきれいなので驚いた。画面がきれいというか、構図が美しい。監督が市川昆であることを後で知った。
 興味を持ったので『古都』の本がないかとカミさんに聞いたがないという。という訳でまだ読んでいない。
 直感的に、この話は『伊豆の踊子』と似ているなぁ、と感じる。大したストーリー展開はない。ただ良い人と会って別れる、それが悲しいのである。『古都』では女同士で抱き合って泣くのであるが、『伊豆の踊子』の方は男同士だった。でも基本は同じかな、と感じる。
 まあこういう雰囲気って、昔のフランス映画にもよくあったなぁ、と勝手に考えた。
by larghetto7 | 2013-11-14 23:33 | 日記風