10/01 楽天田尾
 やっと土曜が来たと思うが、来週から授業が始まる。雑用を抱えたままなので苦しい。今日はこなすべき私用も多い。

 話は跳ぶけれど、仙台の球団がライヴドアでなく楽天になったのは残念に思った。古田らが作ったプロ野球界の改革の流れに実現性を与えたのがライヴドアであり、仙台に新球団を持ってきたのも元はといえばライヴドアである。審査の結果ライヴドアは楽天に負けたけれども、楽天の方が既存球団との談合を認めそうなので仕組んで選ばれた、としか思えなかった。仙台は「ライヴドアでなければ嫌だ」といってやってもよかったと思う。
 しかし楽天の新監督が好漢の田尾だったのは救いだった。
 現役時代の田尾は古い記憶という訳でもないだろう。分厚い胸と太い腕でバットを振る。首位打者をとったこともあったと思う。田尾がいた頃の中日には個性的で魅力的な選手が多かった。田尾を放出したので私は中日が好きではなくなった。
 楽天が負け続けても田尾は好漢であったと思う。誰も勝てるとは思っていなかった球団を率いたのだから、負けても許してやれよという気はするけど、田尾は明るい表情のまま監督を辞めていった。
 楽天の監督が野村になると、だいぶ雰囲気が変わるな、と思う。

 本日、おきたら10時を過ぎていた。このところ涼しかったのに日差しが強く、やや暑いと感じる。猫たちに食糧をやっていて時間が過ぎた。今日は母のところに行こうと思っていた。なかなか出られず、13時半過ぎにやっと家を出た。戻ったのは18時過ぎである。
 
by Larghetto7 | 2005-10-01 02:14 | 日記風