9/24 雨の御堂筋、かも
 本日、朝、家を出て関西に向かう。新大阪を明日の17時台に出る予定。天気予報を調べると明日の大阪方面は風が強い。台風17号の影響で、たぶん時間が過ぎるほど東の方で天気が崩れるだろう。今回は台風と私の予定とが合うのか外れるのかという賭けのようなものだ。
 関学には16時に行けばよい。私が新大阪に着くのが12時台であるから、問題がなければ余裕である。梅田で特急をどれほど待つかが時間の分れ道だろう。関学は勝手知ったところ、のつもり。甲東園で降りれば歩いても行けるように思うが、できればバスに乗りたい。
 関西に行く際のこの頃の常として、大阪梅田付近にホテルを取る。今回は梅田駅から少し離れているから、見つけるのに苦労するかも知れない。地下鉄御堂筋線沿いらしいが、御堂筋方向とはちょっと違っていたように思う。
 私は東京は通り過ぎるだけで、最近は歩いたことがほとんどない。大阪の方が足を運んでいるような気もするけれど、実は知っているのは梅田付近ばかりである。梅田辺りは大阪としても特殊なところのように思う。少し外れるとそれぞれに特色があるというか、独特の懐かしさを覚える場所があるのに。
 報告の方は明日の新幹線の中で考えるとして、って、オイオイという風情である。
 まさかプロジェクタがあるんだろうと思うけれども、大丈夫か? 実は学会プログラムや予稿集は大学に置いていて、取りに行かなかった。重いし。プロジェクタはつけますとは書いてあったように思うけれど、なかったら笑ってごまかそう。
 学会というのは行けば研究という構えになるから、新鮮な体験にいつも恵まれる。しかし戻ると埼玉大学的現実が待っているので、その現実に引き込まれてしまう。
 本当は長く旅行したいような気もする。行けばどこでもよいように思うが、特にどこに行きたいという願望はない。もっとも、月日は百代の過客とはよく言ったもので、じっとしていても実は旅はあるのさ。
 我ながら、こんなどうでもよい文章をよく書けるものだと感心する。気がつくと長くなっている。

 さて、大阪は晴れていた。台風の痕跡は多少風が強かったことくらいか。外に出て暑いと感じた。
 新大阪駅の15・16番線で松崎友世さんと会う。同じのぞみで来たらしい。一緒に大阪駅、阪急梅田、特急で西宮北口、甲東園と、私としては慣れたルートで進む(なにしろ学振で関学にいたくらいですから)。甲東園からはバスに乗る。予定よりむしろ早く関学について、昼飯を食べた。
 着いたときにはシンポジウムで、その間に報告の部屋に行き、持参したノートPCでPowerPoint の手直しをした。しばらく会っていない人の顔を見る。
 報告の方は、poor な内容をなんとかごまかす。
 セッションが終わったのが18時。当然、私は懇親会に出ない。関学から甲東園駅までは坂の下りであるので、楽に歩いて帰った。
 ホームでまた松崎さんと会う。懇親会に行かないのかというと、既に申し込んでも締め切りになってたという。そうか、行こうとしたけどダメだった、と私も言おうと思う。
 松崎さんは東北大の院生さんと、本間先生を梅田のホテルで出迎えるという。この時間ならご馳走してもらえるよ、という。
 梅田から私の泊まる東横イン梅田中津までは歩いてゆける距離と思うが、梅田駅周辺は道に迷った経験を散々しているので、地下鉄御堂筋線に乗って次の中津駅で降りた。降りてからどこぞでチャンポン定食というのを食べ、セヴンーイレヴンに寄ってからホテルにチェックインした。
 食べたちゃんぽん定食というのは、長崎チャンポンに単純にご飯がついている。うどんやラーメンにご飯がつたり、おにぎりが付く、というパタンは、昔大阪に来て初めて知った。関東地方では見栄があるからこんなことはしない。こうしたい、と思ったら即、臆面もなくやってしまう。ここが関西のすごいというか、奥が深いところだ、と関心した。現在は結構、どこでもやっていると思うが。
 東横インはこのごろよく使う。安くて、全室インターネットの接続が自由。確か朝食のおにぎりがタダ。安いのは、建物など徹底してコストを切り詰めているのと、室内の無駄を省いているところ。しかし通常の宿泊に問題はない。店長が必ず女性というのも徹底している。よくできていると思う。同じだけの努力を大学はしていない。
 明日はまた宝塚方面に行ってから、新幹線で自宅に戻る。
by Larghetto7 | 2005-09-24 00:40 | 日記風