9/20 「盛り上がる」
 本日、朝から大学で某業務がある。とはいっても何をするのだか、私にも判然としない。ともかく朝が早いというのは辛いとですたい。

 このところどうも気になる言葉使いがある。「盛り上がる」である。答案を採点しているとこの「盛り上がる」という動詞がやたらと出てくる。「恋愛が盛り上がる」とか「人間関係が盛り上がる」とか「偏見が盛り上がる」とか。なんじゃこれ、と思っていたところ、少し前に某先生が書いた某文書を見ていたら、なんとかの運動が「盛り上がる」と来たから、学生だけの用法ともいえない。まあ、気持ちは分かるんですね、何らかの水準が上がる、というイメージを表そうとして、うまい動詞が見つからないと「盛り上がる」を使うんでしょう。アクセシビリティによって語彙の探索がショートカットされるんでしょうな。でもカッコ良くないですわな。
 何が拙いかというと、感覚だけで言葉になっていることだろう。「運動が盛り上がる」ではなく、運動を担う組織の数がそれほど増えたとか、参加者がどれほどだとか、集まった寄付が何年前の何倍だとか、そのように「事実」で書くのが正しい。「恋愛が盛り上がる」にしても、恋愛関係の段階(よく学者が作っている)が上のレヴェルになったということか、当事者の感情が高まったのか、はしゃぐ行動が目立つようになったということか。
 最近の歌謡曲というのかJポップというのか、またにテレビで耳にすると、曲は良いのに語彙がえらく少ないので、ちょっと馬鹿みたい。

 買ってきた『ヨハネ受難曲』をかけているけれど、重たい作品だなぁと思う。インターネットで調べると、『マタイ受難曲』は最後の晩餐辺りから始まってイエスの死で終わる。『ヨハネ』の方はいきなりイエスの捕縛から始まってイエスの復活?辺りまで入る。まあ、ストーリーは同じでも切り取っている期間が異なる、ということのようだ。ペテロの「否認」や、ユダヤ人群集がイエスの磔を求めるところなどはどちらも入っているようだ。
 イエスの代わりに釈放されるバラバというのが両方に出てくる。『バラバ』という映画があったよね。昔テレビで観たのを覚えている。これでもかという暗い話が続く映画だった。
 キリスト教というのは、本質的に快楽追求的な東洋の文化とは違うのかも知れない。

 10時から某業務の会合がある。早く終わると思ったら時間がかかった。少し研究室で過ごしてから不二家レストランに食事に行く。13時半からまた会合。やや辟易する。誰も読みはしないだろうが、大学の先生というのは、正常とは言い切れない方が多いような気がする。ウチの学部は割りとまともだ。
 今日は雲って涼しかった。日中、小雨が降る。終始、傘はささず。
 その間に業務メールがあるも、急を要するのみに答えて帰路につく。
 大宮駅で降りて、駅ビル4階の無印良品店に入り、文具を買う。帰宅は18時頃なりや。
 業務メールを書いて出す。こんなことに時間を使う。夕食後、猫のチーコのご機嫌をとっていたら、そのまま寝入ってしまった。おきたのは0時頃である。眠かったのだろう。
by Larghetto7 | 2005-09-20 01:11 | 日記風