9/19 埼玉大学歌
 先日の教授会で、埼玉大学歌を作るという話が出た。委員会を立ち上げ、ウチの学部からは言語学の先生が委員として出ることになった。
 内心、オイオイ、と思った。
 まあ、Corporate Identity というやつでしょう。東大などは最近、新しいロゴを作った。ロゴくらいにして欲しいですよ。埼玉県の形とサツマイモを重ねるとか。
 何か悪い予感がする。

 悪い予感。先日、例年の保険証(組合員証)更新の手続きをした。同時に通勤手当などの諸手当の確認書類を出すのであるが、手続き書類に赤い字で、「定期券やバスカードを提示してください」と書いてある。これって何かというと、教職員には通勤手当が出ているけれど、特に教員は金だけもらって定期券など買っていないのではないか、と大学本部が疑っているのである。仮に買っていないとしても、そんなこと疑ってどうする、と思うのだが、猜疑心にかられた大学本部は、一時は大学で一括して定期券を買って教員に支給することを考えていたようだ。組合との間でやり取りがあった末、学長は教員の定期券を確認するものとする、という規則が大真面目にできた。まさか学長がいちいち確認する訳もないので、事務方が確認することになったのだろう。
 悪い予感というのは、やたらと細かい規則を作ることに大学本部が喜びを覚え始めたかにみえることである。

 確か東京都で、君が代を歌わない教員を処分する、という話になったことはよく報道されている。つまり悪い予感とはこれである。現在、教員にタイムカードを出す可能性もないではない。そのくらいであるから、入学式とか卒業式で校歌を歌わない教授は処分する、などという笑い話も、笑い話とも言い切れない。
 私は愛国者であるが、君が代すら歌ったことはない。どうせ下らない、格調のない校歌を歌わされたのではタマッタものではない。

 昨夜は割りと早く寝た。しかし疲れていたのか、今朝起きたのは遅かった。日差しが強く、暑い。9月も 後半であるのに この暑さかな。
 学部ホームページ記載の文をメールが伝える。学部ホームページにその記載を追加する。
 昼過ぎに薬のカワチに買い物に出かけた。カワチの近くにイトーヨーカ堂があり、その4階にある新星堂に入った。『ヨハネ受難曲』を買ってしまった。家に戻ってCDの解説書に目を通すと、イエスが捕まってから処刑されるまでを描いた物語であるようだ。『マタイ受難曲』と比べてどうなのかね、というのが問題であるけれど、『マタイ』の方は日本語の解説書がないので、物語としてどう違うかが分からない。『マタイ』の方は、冒頭が「さあ娘たちよ、ここに来て泣きなさい(キリスト様が死んじゃった)」と始まるのだが、『ヨハネ』の方はイエス捕縛から始まるので、いきなりクライマックスに来る感がある。
 夕方、眠くなって床の上で一寝入りした。疲れていたのだろう。
by Larghetto7 | 2005-09-19 00:29 | 日記風