9/10 アスベスト
 先日のニュースで、どこかの学校で過去にアスベストを使っていたことが問題になっていた。アスベストの問題は1980年代に結構、大きく取り上げられていたと思う。
 私のカミさんは元埼大生で、その80年代に学生寮にいた。当時の埼大の学生寮の何れかのフロアではアスベストがむき出しになっており、「光って落ちるからきれいだ」などと呑気な話があったようだ。
 当時、同僚の某先生が学生委員をしていた。で、学生委員会の会合の結果にえらく腹を立てていたことが記憶に残っている。その先生は、予算の使い方に関し、学生寮のアスベストの撤去を最優先にすることを主張したらしい(当たり前だよな)。ところが会議の結果はそうはならなかった。別の案を本部が用意していたのだろう(政府の審議会と同じで、大学の委員会など、所詮本部事務方が用意した案の通りになる)。「この大学は基本的な感覚が狂っている」と怒っておられた。
 当時、アスベストに対する政府の対応も中途半端だったのだろう。小泉首相が最近、アスベストの件では政府にも責任があると発言したのは、そのことかも知れない。
 この先生は超秀才である。実際に接した限りでも私は何度も舌を巻いた。東大法学部をトップで出て(どうしてトップと識別できるのかは知らない)日銀に入り、アメリカに留学してNY大で30台半ばくらいで tenure をもらったらしい。なぜ埼玉大に来られたのかは分からないけれど、その後埼玉大では「抗議の辞職」をし、今は都内の某私大に勤めておられる。在職中、非常勤に来ていた亀田さんと私と3人で食事に行ったこともある。この前の年賀状では「私大の研究環境は惨めなものですよ。笑うしかないです。」と書いておられた。こんなことまで書いてよかったか?
by Larghetto7 | 2005-09-10 00:19 | 日記風