2012/11/14 水曜
ニュースを見ると、衆議院が解散の方向で動き出したようである。昨日、民主党の議員が集まって解散反対と言い出して、醜態を晒した。しかし動き出したものは、もう、止められない。わたしとしては、文科大臣が変わってくれるだけでも有難い。田中真紀子が大臣に留まるとロクなことにならないのは目に見えている。
このアホな民主党政権も長かったな、と思う。この間、日本はズタズタになったが、特に外交面でのダメージは大きかった。何と言っても鳩山首相がひどかった。
首相としての野田は良くやって来たというべきだろう。個人的には消費税が上がるのは嫌だけれど、必要なことだった。政治家として言い出しにくいことを正面切ってやった訳だから、それだけでも評価すべきである。中国や韓国からの理不尽な攻撃に対しても、今までの政権よりは頑張った。何がまずいかというと、この程度の人材しかない民主党を率いていたことだろう。それは野田首相の不運ともいえるが、この程度の人材しかいないから首相になれたともいえるのだろう。
実は私は、もっと早く解散になると、夏頃は思っていたものであります。変な話ですが、公明党の都合が一番大きいのですよね。

これで野田が、本当にTPP促進を旗印にしたら、大したものですね。
自民党がTPPを旗印にすべきであったが、先の総裁選のときも、安部と石破を含め、みんな消極論だったんですよね。ダメですね。
by larghetto7 | 2012-11-14 18:12 | 日記風